FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







温泉で不倫SEXしよう! 人妻慕情240分スペシャル

2017.03.24.Fri.22:00


人妻×温泉、この組み合わせこそ世界で唯一無二の絶対エロス。
Mッ気たっぷりの人妻と非日常を求め、しっぽりねっとりの旅情交尾!!
羞恥プレイ・晩酌SEX・混浴輪姦など、
画面から飛び出さんばかりの濃厚プレイ!!






不倫相手にセックスを愉しむ淫らな人妻

2017.03.24.Fri.16:10
Y.K(40歳)

不倫関係が3ヶ月が過ぎようとしています。
元々エッチ好きな私の心に火をつけたのは、
この男性でした。

彼とは、以前勤めていたパート先の社員の男性です。
優しい言葉と、魔法の指で私のクリを刺激してくれて、
何度もイカしてくれて、女の喜びを教えてくれたのです。


私もこの男性に抱かれているときは、
何もかも忘れて、
その男性の女になれることが幸せを感じています。。

この間、久しぶりにエッチが出来ました。
お互いに燃えまくってどうしようもなかったくらいにです。

車でいつもの場所に迎えに来てくれて、
少し走ってから横道に車を止めて、
カ-SEXをやってしまいました。

口の中に彼の舌が入り、
手は、服、下着を少し上げて、
乳首を指でコロコロいじぐまわし、
そのうち乳首にシャブリついてきました。

気持ち良くなって声を上げてしまいました。
おまんこの中はしっかりと濡れてきて、
彼も分かったのか、
私のおまんこの中の奥に指を入れてかき回してきました。

彼のおちんちんもモッコリしてきたので、
ズボンのファスナ-を下ろしチン棒にシャブリついてしまいました。

淫らな格好のままホテルに行き、
その後の行為を続けたのです。

椅子に座らせられ股を思いっきり広げ指されて、
おまんこの中の花びらを意地悪く触り、
私か感じてきて愛液が出てくるのを見ていました。

次から次へと愛液が出てきます。
そのまま、彼の指で刺激を与えら続けて、
とうとうそのまま1回、イってしまいました。

そのままベットに行き、
彼の口に私のおまんこを持っていき彼は、
舐めたり噛んだりといろいろしてくれるので、
私も、もう、何とも言えないほど、いやらしい声を出して、
それがまた、彼の興奮させる元になったみたいで、
その後、行為に火をつけたようでした。

私も久振りだったので、彼のされるがまま、
こちらも大胆な格好をしたりと、
二人の興奮は段々とヒートアップするばかりでした。

なんと言っても、
彼は指で私の花びらをいじり何回もイかしてくれるところが
凄いところなんです。

夫とやっていても全然感じないのに・・・。

彼は私がオナニーをしてるかどうか聞いてくるので、

「し.て.る.よ」

と応えると、

「オナニーしてるところ、見てみたい」

と言うので、
いつもしているようにして見せてあげました。

彼も自分のおちんちんをこすりながら
私のを見ていたみたいです。

しばらくすると、
おちんちんが私のおまんこの中に入ってきて、
そのまま激しく動いて
両方が声を上げて、そまままイってしまいました。

私のおまんこの花びらは、いつも以上に大きく腫れるました。
乳首も大きくなったままで、
家に帰るハメになってしまったのです。

夫が帰ってくるまでの間、一人で思い出しながら
オナニーをやっていました。










人妻性奴隷 朝日奈るみな

2017.03.23.Thu.22:00


夫と仲睦まじく暮らす加奈子(朝日奈るみな)。
偶然に訪問営業に来た男は学生の頃の先輩の大木だった。
懐かしさで家に入れてしまう加奈子。大木は幸せな加奈子に嫉妬し、また美しさに我を忘れ犯してしまう。
加奈子を脅迫し性欲をぶつける大木。羞恥と快楽、屈辱と服従する陶酔。清楚妻に芽生えていくマゾヒズム。






パート先の若い男の子とたちと3Pした淫らな人妻

2017.03.23.Thu.16:12
U.T(42歳)

スーパーでパート勤めの主婦です。
同じ店舗で働く若い彼に誘われ、
数回交渉を持ってしまいました。
若い男ののおちんちんの味はたまりません。
その彼がもう一人、私に好意を寄せてる奴がいると言うんです。

最初は腹立たしさもありました。
私と君の関係に愛はないの?
とはいえ、私は既婚者ですし・・・

時間が経つにつれ、
三人でエッチしている想像するだけで、
濡らしてしまうんです。

その彼から携帯に今夜7時にとメールが入りました。
分かりました・・・と返信を送ると、
心臓音が聞こえるくらい興奮してしまいました。

都合よく夫は新年会で遅くなるそうです。
帰宅し急いでシャワーを使い入念に洗いました。
下着もいつものようにTバックをはいてしまいました。
何かいつもと違う興奮でした。
彼の友人も来るのかと、少し不安でもあり期待でもあるんです。

少し手料理を作り、彼のマンションに向かいました。
いつものように部屋番号を押すと自動ドアが開きました。
もうすっかり興奮で濡れていました。

チャイムを鳴らすと、開いてます・・・と彼の声がしました。
入ると、なんともう一人の男は顔見知りでした。
その彼も、同じ職場の男の子だったのです。
私を好きだと言ったもう一人は彼だったんです。

彼・・・彼・・・でややこしいので、
最初の彼がSくん、今紹介した彼がMくんとしましょう。

Mくんは、Sくんより一個年下のはずです。
こんなおばさんを二人の若い男性が興味を持ってくれている・・・
まるで夢を見てるようです。

少し照れた様子で、

「今日は楽しく行きましょう」

と言うんです。
最初は緊張感で固かった会話も、酔うにつれ打ち解けて来ました。
酔った勢いでMくんに聞いてみたんです。

「なんで私なの?」
「う~ん、なんでか自分でも分からないんです」
「他にも女性はいるでしょ?」
「何人もいるパートのおばちゃんと何か違うんです」

するとSくんがいいました。

「色気ですよ。他の人には無い色気があるんですよ」
「あっ、そうです。それです」

私、そんなこと言われたの、初めてでした。

「お尻を向け、屈んだ時の、パンテイライン見ただけで興奮するんです」
「嫌だ・・・そんなとこまで見てるの? エッチなんだから」

と言いつつもうれしかったりするのです。
暖房が効き、少し汗ばんで来たので、上着を脱ぎました。

「大きいですね・・・その胸」
「脱いじゃえば? 脱ぎなよ」

すっかり命令調です。
私、Sくんに心も身体も支配されてしまってるんです。
いいなりなんです。

立ち上がって、二人の前でパンストを脱ぎ、セーターも脱ぎました。
上はブラだけです。
スカートに手を掛けながら、

「笑わないでね。年甲斐もなくエッチな下着なの」

と言ってスカートを脱ぎました。
Tバックの小さなパンテイとブラだけの姿をMくんに初披露です。
するとSくんが言いました。

「おいM、ブラを外してやれよ」

Mくん、私の後ろにまわりホックを外しました。
肩からブラを取り去るとお乳が垂れてしまいました。

Mくんはそのままの勢いでTバックも引き下ろしてしまったんです。
恥ずかしいと思いながらMくんに全裸を見てもらいました。
Sくんが命令し始めます。

「ここに座って・・・そう・・・M字開脚でおまんこ見せなさい」

見せてもいいけど・・・濡れてるから・・・
今更だけど、恥ずかしいんです・・・初めての男性に・・・。

「早く見せなよ!」

あ~・・・恥ずかしい~・・・と思いながら、ゆっくりと脚を開きました。
二人がが左右から見つめています。

「どうだ、彼女のおまんこは?」
「なんか想像と違いますね」
「どう違うんだよ?」
「もっと上品なおまんこと思ってた」

想像より黒ズミ、ビラも長いと言うんです。
一番恥ずかしい肛門のイボもしっかり見られてしまいました。

いつのまにか二人は下を脱ぎ、おちんちんを出していました。
Sくんの剃り返りのいつものおちんちんと、
Mくんのは太さはあるんですが、長さが少し短いと思いました。

私の顔の横に二本の若いおちんちんが目の前です。
もう興奮で訳が分からなくなり、気がつけば交互にフェラっていました。

二人は私を四つん這いにし、後ろからMくんが最初に挿入です。
ガッチリ腰を掴まれリズミカルにピストンを繰り返します。
初3Pに興奮してたのか、一気に登りつめてしまいました。

口にはSくんのおちんちんを咥えさせられています。
女に生れて一度は体験して見たい体位でした。
Mくんが発射しないうちに、向きを変え、Sくんを迎え入れました。
Sくんのおちんちんを入れられると、もう真っ白で宙を飛んでるようです。
何回もイカされ、Sくんはおまんこに、Mくんは口に発射させてあげました。