FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







「絶対内緒にしてね…。」基本料無料のタダハメ妻。

2017.06.27.Tue.22:00


不倫SEXには背徳感しか無いと思っていませんか?
既婚女性とおじさんがお互いに求め合い生まれた真実の愛のお話。
傍から見たら援助交際と思われるような歳の差でも、
どう考えても釣り合わないおじさんと美人妻との間にもそれは生まれる奇跡。
不倫相手のおじさんを好きになり過ぎて、
危険日さえも完全無視の中出しおねだりイチャラブSEX。






熟女好き男は人妻を相手に遊びまくる

2017.06.27.Tue.15:41
世に熟女好きな男性がいる。
若い女より、年齢を重ね、脂が乗った女がイイと言う。
最近では、若手芸人が言いだして、
市民権を得たようである。
実は俺も熟女好きな男性の一人である。

会社内の不倫進行中なのだ。
3年前から不倫は始まった。
相手は38才の人妻だ。
俺より10才年上になる。

彼女は旦那と子供二人の4人家族。
それなりに幸せな家庭を持っているようだ。
それなのに、俺と不倫をする。
家庭の幸せと、自らの性欲は、まるで別らしいのだ。

彼女は最高だ。
ああ、エッチに関してだけだが・・・。
なんでもさせてくれる人妻なのだ。
いたれり、つくせり・・・なのだ。

一度、こんなことがあった。
彼女の旦那が会社に行っていて、
子供が学校に行っている時だった。
そんなタイミングで、彼女の家に行ったことがある。
もちろん、目的はセックスに決まっている。
ホテルや、俺のアパートばかりじゃ飽きてしまったのだ。

彼女は風呂を沸かしておいてくれた。
布団も旦那と寝る時に使うのを敷いてあった。
セックスのための準備は全部用意していたのだ。

しかし・・・。

俺は不安だった。
旦那が帰ってきたらどうしよう。
子供が早退してきたらどうしよう。

そんな不安は消えなかった。
しかし、勇気をだしてその家に行ったのだった。

ちょっと、ビクビクして行われるエッチは、
いつもより刺激がましたのだ。

最初のころは、不倫ということで、
イケないことをしている気分で興奮したものっだが、
こういったことは慣れてしまう。

しかし、彼女の家庭の家でのエッチは、
イケないことをしている気持ちを思い出させ、
さらに、増幅したように思う。

まず、リビングのソファーで抱き合った。
キスをし、胸を揉んだ。
彼女は早くも甘い声で喘ぎだす。

彼女が俺のズボンのファスナーを下げた。
チンコを引っ張り出す。
もうすでに勃起している。
先端からはガマン汁さえ零れ出していた。

彼女が手のひらで包む。
優しく握りしめ、ピストン運動を始めた。

ああぁぁ・・・気持ちイイ・・・

そしてチンコを口に含んだ。
真っ昼間の土曜日。
人妻は浮気をし、男のチンコをしゃぶっている・・・
イケない不倫現場だ。

「ケツを出せ! 」

命令した。
彼女は素直に後ろを向いてスカートをめくる。
そして、パンツをさげる。
白いプリンプリンしたお尻。
軟らかく弾力がある。
適度な脂の乗り具合。
最高のケツだ。

いつも旦那にこのケツをみせているのか!

ちょっと嫉妬する。

ソファーに彼女を後ろ向きに四つんばいにさせる。
そして俺は床に座る。
目の前に、おまんこが開いている。

指で思いっきり穴をいじくった。
旦那もいじり倒しているだろうおまんこだ。
もうビチョビチョ。
お汁が滴り落ちるほど濡れている。

和室には布団が二つ敷いてあった。
いつもこの和室で旦那と寝ているのだという。

「いつもどうしてる?」

俺はいつも旦那が寝ている布団に入った。
彼女にいつも使っているパジャマ姿にさせた。
スキンは化粧台の小さな箱の中の袋に入れてあった。
いつも旦那はつけたがらないそうだ。
それでも、もう子供はいらないから、避妊はしているそうだ。

彼女が旦那のチンコにスキンをかぶせているのだという。
この旦那、いまごろ仕事をしているはずだ。
そのとき、自分の女房が自分の家で他の男に抱かれている・・・。
想像もしてないことだろう。
まして自分しか知らないと思っている、
女房の股の間の割れ目を舐められているなんて思ってもいないだろう。

結婚ってなんだろうな?
夫婦ってなんだろうな?

俺は結婚できないかもな。

二人で風呂にも入った。
石鹸をつけてお互いの体を撫でるように洗った。
石鹸の手でオッパイを揉むと何とも言えない感触だ。

「オシッコをしってみろ」

彼女は浴槽の淵に足をかけ、割れ目からするところを見せた。
本当になんでもヤル女なのだ。

毎日会社でも残業の時はノーパンにさせている。
人がいない時、俺のチンコをしゃぶらせる。
大きくなったところで、机に手をつかせ、後ろから生で入れている。

この女、便利な女だ。
当分は可愛がってやろうと思う。









地味系巨乳ママを喰いまくる中年オヤジの極秘ハメ撮り

2017.06.26.Mon.22:00


公民館ビデオサークルを隠れ蓑に地味系巨乳ママに迫る中年オヤジたち!!
ビデオ初心者の勉強熱心な人妻に手取り足取り個人指導。褒めておだてて、
そのあと一生懸命口説いたら…。
「パパごめんね…。」まだまだヤリたい熟したカラダが、おやじチンポに身悶える!
断りきれない人妻の実録生中SEX映像!!






公園で出会ったイケメンくん

2017.06.26.Mon.16:43
O.Y(26歳)

夫が一ヶ月の出張になりました。
その間、私は、5歳の息子と、二人暮らしです。

息子は、夫と遊ぶことが大好きだったので、
最近、ぐずることが多くなりました。
特に、キャッチボールの相手がいないことが、原因のようです。
ですから、私が相手になってあげたのですが……。
私、運動音痴ですから……。

そんなとき、公園で、一人の男性にめぐりあいました。
その男性は、大学生で、子供好きで、野球好き。
息子のキャッチボール相手になってくれたのでした。
これが、ちょっと、イケメンくんで!

息子の相手じゃなく、
私の相手もして欲しいと思うようになりました。

言葉では言えないので、視線を送り続けました。
彼は、目線があうと、
ちょっと照れたように、微笑みます。

か・わ・い・い~!!!

息子の相手をしてくれるお礼にと、
夕食を家でごちそうすることになりました。
もちろん、お酒アリで!

お互いに、ちょっと酔って……。
息子は寝付いて……。
私、言っちゃったんです。

「私のお相手もしてください」

そのあとは、燃えるようなSEXをしました。

彼は若いから、
すごい勢いで腰を振るものですから、
私のおまんこが、壊れちゃうんじゃないかと思ったくらいです。

イケメンなのに、照れ屋さんのせいか、彼女がいないらしく、
性処理はオナニーだけだって。
だから、溜まってたのね。

一晩で、5回も、射精したんですよ。
人妻とはいえ、私も、捨てたもんじゃないですよね。

それからというもの、
毎晩、彼は私の家にきて、SEXしていきます。
夫が帰ってくるまでの、アバンチュールってやつですね。