FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







出産して感じやすくなった淫らな人妻

2017.10.15.Sun.16:20
K.N(28歳)

出産してからというもの、
すごく感じやすい体になってしまいました。
それまでは、実はセックスでイったことなかったのです。
愛撫では感じたけれど、おちんちんを挿入されると、
辛いだけで気持ち良くなかったんです。

愛撫は、乳首をやさしく舌先でぺろぺろされるのが好きでした。
強く吸われたり、噛まれようものなら、即中止ですね。
それと、クンニングスされるのは、すごく好きでした。
クリトリスをペロペロとなめられると、アソコがジュンと熱くなって、
えっちなお汁をいっぱいこぼしていました。

でも指を入れられるのは好きではありませんでした。
あくまでもソフトに、舌先で舐められるのが感じちゃうんです。
そんなクンニングスでイったことはあったんです。

あとは、オナニーかな。
オナニーなら、イったこと、何度もあります。
セックスなんて、そんなものだと、決めつけていました。
ところが、出産をした後、体質が変化したみたいなんです。

それからというもの、信じられないかもしれないけど、
一度のセックスで、かなりの回数、イクようになったのです。

挿入されるのが好きになりました。
私は夫と週に2回くらいのペースでしているのですが、
一度のセックスで前戯含めて時間にすると一時間くらいだと思います。

出産後、絶頂の脳の回路が作られたようです。
あっという間にイクようになったのです。

前戯、例えば乳首をゆすられるとそれだけで、
イクこともあるんです。
アソコに指を入れられ摩擦されると、
あっという間に、ほんの5秒程度で絶頂です。

それだけではなく、その行為を夫は繰り返し繰り返しつづけます。
私はそのたびに体が反応して絶頂を迎えるのです。
前戯だけでも、そんな具合ですから、
挿入時は、もう数え切れません。
動くたびに、絶頂です。

そんな私の様子を、夫はずいぶんとたのしそうに見つめているみたいです。
セックスに淡泊だった夫も、最近はすごく積極的なんです。

もちろん、私もたっぷりサービスしてあげてますよ。
実はフェラテクは自信あります。
だって、フェラして射精させれば、
挿入されずに済んでましたからね。

喉の奥で摩擦してあげるのが私の得意技。
夫も感じるみたいで、
決まってそれをすると我慢汁を出してくれています。

以前なら、そこで射精までフェラしちゃうけれど、
今は挿入してくれないと、欲求不満になっちゃいます。

体位は騎上位です。
私、この体位が好きになりました。
自分の好きなスポットに持ってイケるから、都合がよろしいんです。

この体位で、2回は自分でイってます。
バックでは、体が串刺しにされているような快感を毎回覚えています。
ピストンのたびに私の体がビクっと動いてそのたびに快感が来るんです。

正常位では、もうメロメロになっちゃうほどの快感です。
もちろん何度も何度もです。
涙が出てすすり泣いちゃうくらいの快感で意識も朦朧としています。

そうして、最後に二人で同時に、絶頂です。

出産してから、夫婦関係もうまくいってます。

「私たち、セックスの相性がよかったのね」

なんて言うこともあります。
私たちが声をあげてセックスをしている時、
隣で赤ちゃんがすやすや眠っています。
すごく幸せな毎日です。








夫は激しいエッチがお好き

2017.09.19.Tue.17:34
K.I(35歳)

夫に自信をつけさせるために、
私はがんばってセックスに応じます。
もともと、あまりセックスには興味ないタイプだったのです。
でも、いつのまにか、私のほうが愉しんでしまいまして……。

夫は気が弱く、いつも弱音を吐いています。
会社でも、失敗が多い人だったようですが、
私が自信をつけさせてあげました。
毎晩のセックスで自信をつけさせてあげるのです。

気が弱い夫も、実はSなのかセックスは激しい人なのです。
叩いたりするわけではないのですが、
セックスで挿入すると、ものすごく激しく腰を振るんです。

夫のおちんちんは、大きくて反り上がっていて、
暴力的な肉棒なのです。
そんな肉棒で、私のおまんこを壊すかのように、
激しく打ち付けてきます。

「あぁん、あぁん、だめ、だめぇ!」

私、激しいのが好きだったのかな?
激しく打ち付けられると、
叫びながら夫にしがみついちゃうんです。

ところが夫は私を振り払い、両手を握りしめベッドに抑えつけます。
身動きとれない私を見下ろして、ニヤリと笑います。
その間も、腰をフル回転で動かしています。

「どうだ? どんな気持ちだ?」
「すごい…あなた…もっと、もっと激しく…ちょうだい」

私の要求に、夫は応えます。
さらに激しく打ち付けてくるのです。
肉と肉がぶつかる音が鳴り響くほどです。

夫は、「はあはあ」と、息が荒れています。
私は、「あぁん、あぁん」と、喘ぎまくります。

激しいスポーツでもしているかのようです。
私たち、二人は汗だくでした。
あ、私のおまんこもびしょ濡れで、洪水状態。
シーツをびっしょり濡らしてしまいます。
洗濯が大変なんですけどね。

夫は遅漏で、なかなかイケません。
夫がイクまでに、私は何度も絶頂に達します。

「ああぁぁ…イク…イキそう…」
「まだイクなよ!」
「だめ…ああぁぁ、もう…ああぁぁん!」

私は全身を震わせてイきました。
おまんこもぴくぴく震えています。
それでも夫はイキません。

「まだイクなと言っただろ?」

私の頬を軽くつねるんです。

「イっちゃって、ごめんなさい」
「仕方がないやつだな」
「あなたってすごいわぁ。男らしくてたくましい」

私は夫を褒めまくるんです。
それを聞いて、夫はまんざらでもない様子です。
にやにやと笑っています。

「もっとちょいうだい。激しくシテちょうだい」
「仕方のないやつだな」
「あなたと結婚して本当によかったぁ」
「今度はすぐにイクなよ」
「あぁん、あぁん、すごぉ~い!」

再び夫は激しく打ち付けてきます。
おまんこが壊れるかと思うくらいにです。
思えば、私のおまんこも鍛えられてきたみたいですね。
こんなに激しいセックスに耐えられるんですもの。

激しいセックスの翌日は、夫は元気に出社します。
見送る背中は、頼もしく見えます。








眠る幼子の横でエッチする淫らな人妻

2017.08.07.Mon.15:30
S.S(25歳)

結婚5年目、25歳、二児のママです。
私達には2人の子供がいるんですが、
夜の営みは当然子供達が寝た後におこなうわけで・・・。

でも、その夜は夫が我慢できなかったみたいなの。
まだ一歳になったばかりの下の子が起きてるのに、
私の胸を触ってきたんです。

「まだだめ・・・だめよ・・・」

って言ってもやめてくれないの。
パジャマの上から乳首をつまんだり転がしたりするんです。
実は私、乳首がすごくかんじちゃうんです。
ちょっと触られただけで、コリコリに硬くなって感度があがるんです。

気持ち良くなっちゃって喘いじゃったの。

「んっ・・・んんっ・・・」
「声だしちゃダメだろ?」
「だって・・・んっ・・・あぁん・・・」

夫のされるがままになってたの。
必死で声を殺してる私をよそに、
パジャマのボタンを外して胸を揉んだり乳首を舐めたり・・・。

私のスイッチはもう完全にONです。
我慢できなくって、夫のおちんちんを舐めちゃった。
夫もスイッチON状態、しっかり勃起しちゃってるのね。

フェラに夢中になってるといつのまにか子供は寝ちゃってて、
やっと集中できるってもう1回最初からエッチし直したの。

すごーくエッチなキスを交わします。
唾液がぴちゃぴちゃ音を立てるような激しいディープキスです。
すると夫は私の首筋を舐め出し、そのまま下に向かいおっぱいに向かいます。
乳首にしゃぶりつき、舌先で転がされちゃうと、

「はぁ~~~ん」

って、空気が漏れるような声を出しちゃった。
感じてる私の顔を覗きこむその目がたまらないんです。
思わず声も出ちゃうし、もう、私のあそこはぬるぬるに・・・。

産んじゃったらあそこがゆるくなるって思ってたけど、全然逆なんですね。
女の人の体はすごいなって思うぐらいキツキツなの。

もともとあそこの締まりには自信があったから、
夫の太い指にあそこが吸い付いて、グチュグチュ音を立ててる。

「おまえのアソコは本当にスケベだな」
「あぁ~ん・・・変なこと言わないで」
「こんなにびしょびしょに濡らしちゃってさ」
「だって・・・気持ちいいんだもん。

夫は指を出し入れしながら、感じてる私の顔を見るの。
声を殺してるからすっごくエッチな音が響いて、
その音でさらに感じちゃって思わず・・・

「ううん、イキそう・・・イってもいい?」
「どうしようかな?」
「あぁ~ん・・・いぢわるぅ・・・」

夫の許可などなしに、私、イっちゃったの。
出産を経験してから、イキやすくなったみたい。

「1人でイくなんて、冷たい奴だな」

って夫は大きくなったおちんちんを私の口へ入れてきたの。
夢中でペロペロしてお尻の穴まで舐めまわして、
音を立てながらピストンしてあげてたら、

「だめ、イっちゃいそう」

そう言ったとたんに、口の中にザーメンシャワーが飛び散ったの。
その熱い飛沫を感じ取ったら、私までイっちゃった。

興奮した夫は、今度はおまんこの中にチンコをいれてきたの。
後ろから、ズンズン突きあげてくるの。
すごくイイ! すごく感じちゃうの!!

「ママはエッチな女だねぇ」

なんて、夫が眠っている子供たちに話しかけているんです。
本当にいぢわるな夫です。
そして夫にも再び絶頂の波が押し寄せ、
私のおまんこの中に、熱い飛沫が飛び散りました。

横には眠っている子供たちの顔。
私たち、とっても幸せな家族です。








赤ちゃんプレイに応える淫らな人妻

2017.07.11.Tue.16:22
M.H (29歳)

結婚して二年目で子宝に恵まれました。
男の子です。
夫も凄く喜んでいます。
でも、ちょっと、妙な現象が起きてしまいました。

赤ちゃんにおっぱいを飲ませている姿に、
夫が興奮してるみたいなんです。

私は、どちらかというと巨乳系ですので、
授乳期にはさらに膨れ上がっていますから、
それに興奮してるのかなと思っていたのですが……。

ある夜、ベッドの上で、夜の営みを開始したときです。

「ママ。おっぱい、ちょうだい」

夫が突然、言ったのです。
何を言い出すのかしら?
そう思ったのですが、
私も調子に乗ってしまいました。

「ほうら、ぼうや。いっぱいお飲み」

って答えたものだから、
夫ったら本当に母乳を飲み始めちゃったんです。

私の乳首を美味しそうに吸うのです。
もちろん、母乳が出ますから、
ちゅぱちゅぱ飲んでるんです。

夫はけっこうエリートの部類で、
こんな姿見たことなかったんです。
もうちょっと、ユーモアがあったほうがいいなと思っていました。

ところが、こんな痴態・・・
うれしいやら恥ずかしいやら・・・。

夫のセックスは、いたって普通です。
体位だって、正常位がほとんどです。
後背位や騎乗位など、ほんのたまにで、
まるで冒険でもするような気持ちでするくらいでした。

でも、この痴態が、ちょっとマンネリ気味の夜に、
刺激的になったのも事実です。
変態プレイなのかなぁ?

「ママ、ちんちん、舐めて」  とか、

「ママ、玉袋もグリグリして」  とか、

「ママ、アナルに優しく、指を入れてよぉ」  とか、

「ママ、ママ、ママ……」  

しまいには、ばぶばぶ言い出す始末です。

「こら! いい子にしないと、気持ちいいことしてあげないぞ」
「うえ~ん、ごめんなさい」
「泣いてもだめ、お仕置きよ」

そう言って、夫の顔の上にお尻を乗っけちゃったりして。
私も調子に乗っています。

隣では、生まれたばかりの男の子が、
すやすや眠っているのにね。