FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







夫との赤ちゃんプレイに母乳はつきものです

2019.02.13.Wed.14:48
S.Y(22歳)

初めての出産を経験し、今は育児に大忙しです。
妊娠中は、夫とのセックスもほどほどでした。
夫が浮気しないか心配でしたが、ようやくセックス解禁ですから、
いっぱいサービスしなきゃね。

ところが、最近の夫とのセックスは妙なんです。
私が赤ちゃんをあやしているのを見たからでしょうか?
夫が、赤ちゃんプレイをしたがるようになったのです。

「パブー、パブー・・・」

って赤ちゃんみたいに甘えるんです。
最初は、何この変態!って思いました。
けれども不思議なものですね。
体が母親になってきているのか不思議といやじゃないのです。
こういうのも、母性愛っていうのでしょうか?

「どうちましたかぁ? おなかしゅいたんですか?」
「ぱいぱい・・・ぱいぱい」
「じゃあ、おっぱいあげましょうねぇ」

そういうやりとりの後で、乳首を吸われるのです。
今までは、舌先で乳首を転がされるような愛撫でした。
でも、今は、ちゅーちゅーと吸われちゃうのです。
もちろん、母乳が出ますからね。

オムツプレイもします。

「ママー、ママー」
「どうしたんでしゅかー? お漏らししちゃったんでちゅかー?」

そんなことを言いながら、夫のオムツを脱がすんです。
どこで買ってきたのか大人用のオムツです。
変態丸出しなんだけどなんかかわいく思えちゃうのが不思議です。

「あらあら、こんなにお漏らししてー」

そう言いながら、おちんちんをニギニギしちゃうんです。
瞬く間に、勃起して固くなるおちんちん。
それは、明らかに子供のものとは違います。

タマタマを握りながら、おちんちんを擦ってあげると、
いつもより早めにカウパー液がこぼれてきます。
気持ちいいのでしょうね。

そんな猛々しい勃起したおちんちんを見せつけられると、
私だって興奮してしまいます。
思わず、そのおちんちんを咥えこんじゃうんです。

「ママー、ママー・・・気持ちいいでしゅー・・・」

赤ちゃんの真似しても、おちんちんはやっぱり大人です。
私の口の中で、跳ねまわるように暴れるのです。
そして、急激に、震えるような感覚・・・。
射精が近いようです。
いつもなら口に中で発射させることはないのですが、
なぜだか赤ちゃんプレイのときは許しちゃうんです。

「ああぁ・・・ママ、ママ・・・出ちゃうよぉ~」

そう言ったあと、いっぱいのザーメンが私の口の中に飛び出しました。
精液の味は、ちょっと苦かったかけれど、妙に興奮するものですね。

夫は一度射精しただけでは満足しません。
もちろん、私だって、まだイカせてもらってませんからね。
夫のチンコは回復力も早く、しばらくすればすぐに勃起します。
そして、また、私のおっぱいに吸いつくのです。
そう・・・母乳目当てなんです。
赤ちゃんのぶん、残るかしらと頭をよぎりました。
でも、母乳はとめどもなくあふれてくるのです。

「私、もう、がまんできなぁ~い」

そう言って、夫の上にまたがり、騎乗位で挿入しました。
夫のおちんちんが下から突きあがってきます。
もう母親でなく、雌な私です。

快楽を求めて腰を自由に振らせてもらいます。
膣の一番感じる部分が当たるように、自分で動き回るのです。
すると夫が下から手を伸ばしてきました。
もちろん、行先は私のおっぱいです。

夫がぎゅっと揉んだときです。
乳首から、ピューっと母乳が噴き出したのです。
白いミルクがシャワーのように飛び出しました。
そして、夫の顔に降り注ぎました。
夫の顔は母乳まみれになりました。
それを、一生懸命に舌を伸ばして舐める夫。
すごく可愛いんです。

そんな夫を見下ろしながら、私はイってしまうのです。
絶頂を迎え、ふと隣をみると、本当の赤ちゃんがすやすや寝ています。
私、とっても幸せです。









夫とテレフォンセックスする淫らな人妻

2019.01.17.Thu.16:31
K.I(26歳)

結婚してまだ半年たっていません。
新婚ですよ。まだまだね。

夫とはセックスの相性がよくて結婚しました。
これ、本当です。
夫以外の男性とのセックスなんて、
ありえないんです。
夫も同じこと言ってくれます。

夫の仕事は、よく出張があるのです。
それも、二週間から四週間と、かなり長いのです。
まだ新婚の私たちには、ものすごい苦しみなのです。

だって、私たち、まだ若いから、
ヤリたい盛りじゃないですか?

普通なら、毎日、セックスするんですよ。
それも、朝と夜と、必ずヤルんです。

朝、寝坊したとしても、
夫はトーストをかじりながら、
私をバックで突きまくります。
すごいでしょ?
パン粉がお尻に、ハラハラと落ちてくることもありました。

私はどんな体勢でも、
夫のおちんちんを迎え入れる自信がありますよ。
食事中だって、
車の運転中だって、
おトイレの最中だってね。

それでも、まさか、出張にまでついて行くことはできません。
そんなことしたら、会社クビになっちゃうでしょ?
だから、ガマンガマンなのです。

でも・・・
夫が、出張先で浮気してるんじゃないかと、
心配でたまらないのです。

だって、夫はけっこうイケメンですし、
セックスは上手ですし・・・。
夫のテクニックにかかったら、
どんな女も、虜になってしまうと思うのです。

だから、浮気には、気をつけているんです。

私は、風俗でさえ、浮気と認定しますよ。
だから、そんな女遊びでさえ、禁止しています。
夫も、しないと、約束してくれました。

でも、心配なので、電話はかけまくりです。
メールじゃだめなのです。
声を聞かなきゃね。

夜には、必ずテレフォンセックスですよ。
お互いにオナニーしながら、
声だけで高ぶってしまいます。

私は必ず、最後には、夫に、

「イッタ?」 

って聞きます。

夫は照れながら、

「イッタよ」 

って言いますね。

出張から帰ってきた夜は、もうセックス三昧です。
アソコが擦り切れるほど、ヤルんです。

夫も、オナニーはしてるはずだから、
溜まってはいないはずなのにね。

本当に、オナニーで出しているのかな?
まあ、少なくとも、風俗などで、
浮気はしていないと思うから、いいんですけどね。








夫の性的悪戯に興奮する淫らな人妻

2019.01.10.Thu.15:49
A.O(30歳)

夫(35歳)のエッチな悪戯を教えたいと思います。
結婚10年を迎え、子供も9歳と7歳になります。
公務員と言う職業柄なのか?
世間的には真面目な方ですね!
って言われる夫ですが、
凄くエッチで私にエッチな悪戯をしてくるんです。

以前、家族で海へ遊びに出掛けたんですが、
私が用意していたビキニをいつの間にか
別の物にすり替えられていた事がありました。

バックの中を見ると、見覚えの無い色のビキニ!
手に取って見ると明らかに生地が小さく
しかも薄いんです。

「何これ!あなた変えたわね!」
「知らないよ」

そう言って誤魔化す夫でしたが、夫以外考えられません。
子供も楽しみにしていたので、取りあえず付けてみると、
胸(F)は半分位しか隠れませんし、
アソコの生地も小さくお尻の肉がほとんど露出してしまいます。
しかも生地が薄く、毛が透けて見えてしまいます。

人気が少ない場所でしたので、
そのまま海へ向かいましたが、他の男性達の視線を
一日中感じていました。

そんな私も実はMっ気があり、その事を知って夫が悪戯しているんですが・・・・。

子供と砂遊びをしながら四つん這いになると

「おっ・・・いいね!バックから男性が食いつく様に
見てるよ!もっと足開いて見せたら・・・」

耳元で囁く夫!
「ヤダ~」 って言いながらもアソコはジンジンと疼くんです。

他にも夫と、その友人と飲んでいる時など、
下ネタに発展すると

「何だ!こいつので良ければ 見せてあげるよ」

と言いスカートを捲られたり、
後ろから抱き付いて来て

「Fカップはいいぞ」

って 友人の前で揉んで来たりするんです。
酒に酔うと気が強くなりエッチ度が増すんです。

「こいつMだから、他人に見られると興奮するんだよ」

って暴露され、友人達にも

「そうなんですか? こんな美人がMって最高ですね」

って言われ、恥ずかしくて赤面です。

その時は自宅で夫に両足を抱えられ、
M字の状態で友人達に

「見てやってくれ見られて濡らすぞ」

言いながら私は数分間、パンティ姿を曝け出させられたんです。
酒を飲んでいた事もありますが、
私の体は正直でアソコは既に濡れシミが出来ていた様です。

「本当ですね!もうシミが出来てますよ」

と言われ恥ずかしくて溜まりませんでした。

先日は、夫の実家に泊まりに出かけたんですが、
風呂から上がると下着がありません。
夫が持ち去ったんでしょう!

ワンピースのパジャマ1枚羽織り(膝上位かな?)茶の間へ向かいました。
夫の実家は狭く、茶の間は8畳程で大きめのコタツが真ん中に置いてあるので、
奥に向かうには座っている 人の直ぐ後ろを通る様になります。

寝ころんでいると、その上を跨ぐ格好になるんです。
寝床に向かうには奥に進まなくては行けなかったんですが、
手前に兄さんとちょっと進んでお父さんが 横になっていました。

今2人を跨ぎ上を見られれば、生のマンコが見られてしまいます。
2人共酒を飲んで、ウトウトしていたので意を決し跨いだんです。
跨いだ瞬間、お兄さんが目を開き上を見た瞬間!驚きの表情を浮かべました。

お父さんも目を開き、私は2人に生のマンコを見せてしまったんです。
奥に進んだ所で、お兄さんに酒を勧められ仕方なくその場に座り、
一緒に飲んでいましたが、2人は 何度もコタツの中を覗き、
私の股間を確認している様です。

夫が隣に座り酒を飲みながら私の膝を開かせようとして来ました。
正座で座っていた私は夫の手により大きく開かされ、
コタツの中から見れば中が丸見えです。
子供達も寝静まり、茶の間には3人の男性と私1人!

お兄さんとお父さんは何度もコタツの中を覗きこんで
私の陰部を見て楽しんでいる様です。
見られている事を感じながら、溢れる汁はマンコから滴り、
床に落ちているのがわかります。

アソコはジンジン疼き、溢れる汁は増すばかりです。
そんな中、お父さんが風呂に入ると言い立ち上がると
アソコは大きく盛り上がっていました。

そんなタイミングで、夫が

「TVボードの下に入っているリモコン取ってくれ」

と言われ私はTVボードの下を 四つん這いの姿で覗き込みました。

「無いわよ」
「奥の方だよ」

夫が私の背中に手を乗せた 瞬間、ワンピースの布を上に滑らせたんです。
もちろん裾が大きく上に引き上げられお尻がスース―するのを 感じました。
私はお父さんとお兄さんにバックから全てを曝け出してしまったんです。
しかもすっかり濡れ捲りテカテカと汁が溢れているのまで見られたんです。

ハッと思い後ろを確認すると2人がニヤニヤしながら
私のお尻を身をのり寄せて見ていました。

たった8畳の狭い部屋で、何処にいても見えるでしょうが、
2人は明らかに身を乗り出し匂いを嗅ぐ勢いです。
何だか恥ずかしくて、私は直ぐに寝床に向かいました。
その後、疼くマンコをたっぷりと夫にして貰い寝ましたが、
翌朝お兄さんやお父さんに顔を合わせる事が出来ないまま帰宅しました。








電話を使った3Pセックスをする淫らな人妻

2018.05.25.Fri.15:52
K.Y(34歳)

私と夫とのSEXは少し変わっています。
どこが変わっているかというと電話を使うんです。

以前は、SEXを始めるときに私がテレクラに電話していました。
相手と話しているときに夫が触ってきて、
感じているのがバレないように耐えるんです。
それがものすごく興奮しちゃうんです。

オナニーのふりをしたり、SEXそのものを聞いてもらっていたりしていたのですが、
何年もしてればマンネリになりますよね。
最近ではテレクラ自体も少なくなって、
なかなか満足できるSEXができなかったんです。

でも今は携帯電話を使ってます。
どうするのかと言うと、私が出会い系サイトかなにかで相手を見付けてきて、
その人とのSEXを電話で生中継するんです。

最初はみんな戸惑ったり、拒否したりするけど、
私の裸を見たら、みんな今回だけだからな、
みたいな顔して手を伸ばしてくるんですよ。

相手が私の体を触ってきて、キスしようとしてきたら通話ボタンを押します。
すぐに夫の声がします。
私の子宮もキュンてうずいてくるんです。
最初の頃は鼻息が荒くなってました。

「今から始めるの。ちゃんと聞いてね……あん、あぁん、ダメぇ~」

言い終わる前からもうキスの音がしちゃってるから、
夫の鼻息もどんどん荒くなってくるんです。
もうシコシコしちゃってるかもしれません。

「キスしながらおっぱい揉まれてるの。すごく感じちゃう……あぁん、あぁ~ん」

私は相手にされていることをなるべく事細かに夫に生中継します。
アソコもどんな風に舐められているかも詳しく説明します。
クリトリスを舐められてるとか、吸われてるとか、
指が何本入ってるとか、どんな風に動かされてるかまで言います。

喘ぎまじりでちゃんと伝わってるかわからないけど、
夫の鼻息がどんどん荒くなってくるのはちゃんとわかります。
それを聞いてると、3Pしてるみたいなんです。
私はどんどん感じてきてしまいます。

もちろん、相手のおちんちんをしゃぶっているところも生中継します。
しゃぶってる間は説明できないけどね。

「今からしゃぶるの、先っちょから裏スジ舐めるよ」

っていう風に。
しゃぶってる音も生中継します。

「この人、おちんちん、おっきいの。先端から、もうお汁をこぼしてるわ。いやらしい人」

相手がイキそうになっても、入れたそうになっても私はしゃぶります。
なぜかと言うと、夫の許可がないと入れてはいけないんです。
だから、口の中で出しちゃう人もいます。
そのときは復活させてから入れますけどね。

入れるときの体位も夫が決めます。
騎乗位とか、バックとか、正常位とか……。

挿入中もどんな風にしてるかも中継します。
でもね、途中からはもう説明できないんです。
だって気持ちよくなっちゃって、喘ぎ声しか出ないんですもの。

その時の夫は、鼻息がさらに荒くなって、はぁはぁというより、
ごぉーごぉーってかんじになるんですよ。
すごく興奮してるみたいです。

夫が自分でしながらイッてるのか不明ですが、
家に帰ると玄関で押し倒されてしまいます。
カチカチにいきり立ったおちんちんを、
無理やり押し込むように口に押し込んできます。
私は必死に舐めてあげるの。
そうすると、まず一発目は口の中に放出です。

おちんちんは、まだ硬いままなので、すぐに挿入します。
こういうときの夫のおちんちんはすごいんですよ。
そしてつながったまま、寝室まで移動するんです。
駅弁ファックでつながったまま、抱き抱えられて、
ベッドになだれ込むんです。
そして、二人とも、汗だくになって、力の限りセックスを愉しむんです。

こんなハレンチな夫婦ですが、実は夫もネットで若い子を探してきては、
そのときの行為を私に聞かせるんです。
私はすごく嫉妬するけど、夫と相手の喘ぎ声を聞いてると、
だんだんガマンできなくなってきて、
結局、それを聞きながらオナニーしてしまいます。
1度、その声を相手の女の子に聞かれたこともありますが、
めちゃくちゃ興奮しました。
もうお互いクセになってきちゃって、次はどんな風にしようか話し合ってます