FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







僕の初フェラチオ体験は友達のお母さんと

2019.02.19.Tue.16:21
僕の初フェラチオ体験は、中学一年のとき。
相手は人妻だった・・・まあ、親友のお母さんなんだけれど。

中一のころって、ちょうど性に目覚めたころなんだ。
そのとき、親友のお母さんをすごく好きになってしまった。

親友のお母さんは、すごく美人で
すごく巨乳のお母さんだった。

年齢はまだ30代くらい。
特に巨乳がすごくて、
今思えばたぶん100近くあったんじゃないかと思う。

ニットの服なんか着てた時は、もう辛抱できないくらいだった。
俺がよくその友達の家に遊びに行ったのは、
遊ぶためよりもそのお母さんに会うためだった。
もう3日に1回くらい行ってた。

ある時、その友達が新作のスーファミのソフト買ったって言うんで
僕もすごくやりたかったから、友達の家までアポなしで行った。
その時は、友達のお母さんに会いたいって言うんじゃなくて
ただゲームがしたかったから友達の家に行っただけだった。

家についたんだけど、そいつは塾行ってていなかった。
45分もかけて自転車で行ったのに。

でも、そいつのお母さんが一人だけいて、
せっかく遠いところから来たんだからってことで家に入れてくれて
お菓子とかをくれた。

もちろん、2人きり。
僕はテレビのある寝室と居間が合体したような部屋にいて、
友達のお母さんはキッチンで晩御飯作ってた。

僕のいた部屋にはいろいろしまってあるタンスとかあって、
そのそばに取り入れたばかりの洗濯物が置いてあった。

で、その中に友達のお母さんの黒い下着があるのを見つけた。
どうにも興奮してしまって、見られていないことを確認して
その下着を手に取りオナニーしてしまった。

何分かそこでしていたら、おばさんがこっちにくる気配がしたので、
慌ててズボン上げたりして直してたら
間に合わずにはちあわせ。

僕は何を言われるのかっていう恐怖と、
怯えでどうしたらいいのか分からず、あ…あ、しか言えなかった。

おばさんもびっくりしてて、何も言わずその場を離れようとしてたから
僕は思い切っておばさんに

「僕、おばさんが好きだから、おばさんとエッチしたい」

って言ってみた。
死ぬほど恥ずかしかった。

「君が私を好きなことは嬉しいけど、そういうことはダメなの」

って言われてがっくりしてた。
でも、やりたいざかりの中坊らしく、

「じゃあ、口でして」

とかいろいろあつかましく言ってたら、

「じゃあ1回だけお口でしてあげるから、それしたらちゃんとお家に帰る?」

って言われて
迷わずうんと返事。

で、口でしてもらったんだけど
あまりに気持ちよすぎて、
1分くらいで射精しちゃったと思う。

「おばさんの顔にかけてもいい?」

って聞いたら、いいって言うんで、
顔にかけてしまった。
ホントにあの時の快感は今でも忘れられない。








美熟女奥さんとの情事

2019.02.10.Sun.16:01
商売をしていて回っていた家の奥さんと仲良くなり、
車で遊園地に行く事を約束しました。
相手の奥さんは3歳ほど年上で、子供が二人おり、
誰がみても美熟女な人です。

遊園地で最後に入ったお化け屋敷で、
奥さんが怖がって体を寄せてきました。
お化け屋敷を出るまで体をひっつけたまま出口まで。

帰り道で私はラブホテルが目に入り徐行をしました。
奥さんが、「入ろ」 と言ってくれたので入りました。

私は入ってドアを閉めるなり、
口を吸い、舌を吸い上げ、舌に付いた唾液を思いっきり味わいました。

お互いに服お着たまま、
奥さんの服をめくり上げて乳首を吸い、
足を持ち上げ広げてじっくりとパンティーごしにあの部分を見ました。

あー、もうすぐ憧れていた、奥さんのオメコが見れると
どんなに嬉しかった事か・・・

お風呂に入ってからは、お互いに乳首を吸い合い、
舌を絡ませ唾液の交換をしました。

さー、待ち望んでいた奥さんのオメコを口にします。

奥さんの足を全開して
おしりの穴から舌を当てて、
クリトリスまでを何度も舐め上げました。

途中でトイレに行くと行ったので、
トイレまで着いていって、オシッコをするのを見せてもらいました。

オシッコの後にペーパーで拭こうとしたので、

「いや、そのままおいで・・・」

と言って、ベッドに寝かせてオメコに付いたオシッコを味わいました。
それ程奥さんが好きだったのです。

膣口を吸いながら左手で奥さんの乳首をつまみ、
右手でクリトリスを擦ります。
かなり感じていたらしく、愛液が流れてくるのが分かるんです。

愛液を心ゆくまで味わって本当に嬉しかったです。

その後は私はキスが好きなので、
私が仰向けになって奥さんに唾液を求めました。

唾液のしたたりが見えるように口を付けないで
奥さんに唾液を落として貰いました。

口の中に十分に唾液が貯まるまで待ちます。
そして奥さんの泡だった白い唾液がドロッと私の口の中に、
それを飲まずに口の中で回して味わうんです。

それから私が仰向けになったまま、
ビンビンになったチンポをくわえてもらいました。

チンポを伝い唾液が流れ落ちます。
その唾液がもったいないので、手に取り味わいました。

奥さんを上に乗せ性交に・・・
性交しながら私は隠し持っていた、浣腸をお尻に差し込みました。

奥さんは、

「そんなんしたら出るやんか」

と言ったが、私は憧れの奥さんのうんこも見たかったのです。

むりやり浣腸1本を注入しました。
性交しながら、奥さんが便意をもよおしてくるのを楽しみに待ちましたが、
何故かうんこが出ませんでした。

それからは、奥さんと色々な体位で性交を楽しみ、
私の体は奥さんの愛液だらけになりました。

奥さんが私が乳首に弱いのが分かり
射精しても乳首を吸ってくるので再びチンポがビンビンに。

キスをすれば常に唾液を送りこんでくれました。

その後はそんな奥さんと、
電話で呼び出してはセックスしまくりました。

しかしお互いに既婚で、
とうとうバレてしまい、別れてしまいました。

もう一度、あの奥さんの唾液やオシッコ、おしりの穴を味わいたい・・・。
うんこも見てみたい。
いや、見るだけでは終わらないかも知れませんね。









インストラクターは人妻を抱く

2019.02.02.Sat.16:20
スポーツジムで水泳インストラクターをしています。
昼間は時間がある主婦の方々、
夕方は子供たちを教えています。
最初はそんなつもりがなかったんですが、
昼間のお客様の方から食事のお誘いを受けました。

相手は36歳の美由紀さん。
ムチムチした身体でダイエットでありました。

レッスン後に彼女から誘われて、
連絡先を交換し数日後に会い食事をしましたが、
何も無く過ごしました。

それから数日後の夜に、

「今から会えないかしら?」

と10時位に彼女から誘われ、
待ち合わせた駐車場に行くと、
ミニバンに乗った奥さんが止まり、彼女の車に。

「いきなりゴメンね」

彼女と話しましたが、彼女はなんとパジャマ。
なんかあったのかと思いましたが、しばらく無言の後、

「彼女とかいる?」
「いないです」

と言うとキスされました。
そして抱き合い、

「後ろに行こう」

と後部席に行くとフラットになっていて…
パジャマの中はノーブラで巨乳の胸をなめ回し、
パンティーを脱がしてクンニした後、
彼女から俺のをくわえ、

「おっきい」
と丁寧に舐めてくれ彼女の中へ。

「硬い! 奥まで…すごいわ!」

と淫らに悶える姿を見ながら彼女へ侵入した。

イク姿を眺めた後に、
俺もフィニッシュへ向かいお腹に出しました。

寝そべるとしばらく休み、旦那が浮気した話しなどを聞きました。

そして彼女はモノを触りだし、二回戦へ。

「中で出していいからね」
「まずいですよ」
「いいの! 大丈夫だから…来て!」

と言われ彼女の奥に果てました。

「温かいわ」

と言う彼女の中でしばらく入り込んでた。

それから旦那の出張の夜に駐車場で会うよになり、
彼女がジムをやめた後も続いています。

それから誘われた奥さんたちと関係したりしてます。

ただ関係した後、すぐ辞めちゃう人妻さんもいるので、
最近は辞めない約束をしています。

印象的だったのは、子供たちに教えていた時にいた子供のママさん。
翌月、旦那さんの転勤で辞める事がきまった後、
誘いを受けて逢ったら、

「抱いて」

と言われて関係した。

細い小柄な身体で積極的でゴムをつけて入れましたが、
途中外して来て…生で交わり、

「あたしの中に頂戴」

と言われ彼女へ注ぎ込みました。
終わると涙を流し、

「好き」

と言われて

「思い出をありがとう」

と言われた。
仲良く話してただけでしたが、まさかでした。







学生家庭教師が教え子の母親とエッチする

2019.01.27.Sun.17:00
家庭教師先の母親と初めて飲みに誘われました。
そして、その夜にそのままホテルに行きました。

子供の勉強を見た後、妙に玄関先でよそ行きの格好をし、
そわそわしている母親がいたのです。
飲みに誘われた時は、母親の緊張が伝わってきたくらいです。

飲んでいるときに教えてもらったのが、
旦那さんが浮気しているという事。

だから、飲みに行くくらい・・・・と思っていたらしいのですが、
帰ろうとして、徒歩で送りました。

その途中にちょっと暗い公園があり、
酔い覚ましと言って、俺が誘ってベンチに座りました。

隣り合って座っているうちに、母親の隙を付いてキスをすると、
初めは引き離そうとされましたが、
俺ががっちりと背中にも手を回し、抑えていました。

「キスくらい大丈夫ですよ」

と言うと、母親は体の力を抜いて、より濃厚なキスを自ら求めてきました。

俺の手は母親の体を服の上から愛撫していましたが、
そのうちニットの下から母親の胸に手を伸ばしていました。

それ以上を求めると、

「そこから先はダメ」

と言って、さらにキスをしていました。

仕方なく胸を触っていましたが、飽きてしまい、
スカートの上からでしたが、母親の股間を愛撫していました。

すると、母親の片足が俺の膝の辺りに乗り、自分から足を開きました。
手をスカートの中に入れて、ストッキングの上からでしたが、
母親の股間を愛撫していました。

母親も気持ち良さそうだったので、試しにホテルに誘うと、

「行きたいけど・・」

とちょっと断る雰囲気を出していたので、
さらにストッキングを股間に押し当てるように愛撫を重ねていると、

「続きは室内が良い」

と母親に言わせました。

駅のほうに戻り、近場のラブホに入りました。
母親からしたら数年振りと言うかなり濃厚なセックスをしました。
ほとんどの時間体を重ね合わせるようにしていました。

そんなに時間的にはなかったのですが、
かなりの濃厚さでした。

日が昇る前にはお互いに別れましたが、
母親の名残惜しそうな顔が印象的でした。

そこで、俺は翌日学校を休み、昼すぎに行くと、
母親も待っていたかのように、玄関に俺を迎え入れるとキスをしてきました。

そして、そのままもつれ合いながら、寝室へ向かいました。
夕方、子供が帰ってくるまでの時間体を重ねていました。

旦那さんのベッドでやろうとしたら、
それは初め拒否されましたが、
途中からは誰のベッド関係なく結局やっていました。

以来、ホテルや相手の家でやるようになりました。
元々こちらに気持ちが入っていないので、しばらくすると飽きてきました。

母親の入れ込みようはすごさを感じさせていました。

たまに、

「捨てないで・・・」

と呟くくらいでした。

それから立場は逆転に近い形になり、
母親はほとんど服従状態になりました。

反抗すると、

「捨てるよ」

の一言で全てが片付きました。
子供が2階の自分の部屋にいるにも関わらず、
階段で自分の子供を呼びかけさせながら、
俺の手がスカートに入っていたりすることもあるくらいなのです。