FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







ウォーキングで知り合った若妻さんとハメる

2016.10.06.Thu.17:43
一年位前から運動不足解消の為、ウォーキングを始めました。
そのことが、不倫をするきっかけになるとは思いませんでした。
しかも、相手は20代の若妻、美人妻なんです。
心も身体もアソコも元気になっていくのがわかります。

ダイエットも兼ねたウォーキングでした。
近くを散歩程度だったのですが、段々と距離が延びました。
休日は往復一時間~二時間位歩くようになったんです。

自然と顔見知りも出来、挨拶を交わすようになりました。
その中に、あるご夫婦と知り合いになりました。
ご主人は初老、奥さんは若妻と言う、
一見親子にも見えそうな、年の差夫婦でした。

ご主人が糖尿で毎日の歩きが日課だそうです。
奥さんも付き合って歩き始めたそうです。
その奥さんが若くて美しくて、色気のある方でした。
薄いピッタシパンツのムッチリヒップにパンティラインが浮き出ているんです。

前を歩く奥さんのヒップの揺れに、思わずアソコが反応してしまいそうです。
坂道でお尻を突き出す奥さんを見るとたまらなくなります。

そんな楽しみができたので、休日を心待ちするようになってしまいました。
もちろん奥さんのヒップを見るためです。

それがしばらくすると あの夫婦を見なくなってしまったんです。
休日の楽しみが無くなってしまいました。

ところがそんなある日、いつものコースを歩いていると、
小高い丘の公園で、見覚えのある白いジャージを着た、奥さんを見ました。
それも一人なんです。


嬉しくなり、挨拶に行きました。
奥さんも今日は休日だから 私が来ると思ってたと言うんです。
来なかった理由が分かりました。
ご主人が糖尿病で入院されたそうなんです。
病院の往来で忙しく来れなかったそうなんです。

「そうだったんですか。正直、奥さんに会えなくてがっかりだったんですよ」
「ええ。私もです。貴方に会えるのを楽しみにしていました」

互いの気持ちを打ち明けると一気に急接近してしまいました。
木陰に隠れキスしました。

あこがれの奥さんに会え、キスまでしてしまったのです。
不覚にも下半身が反応してしまいました。

「ウフフッ・・・大きくなってるぅ・・・」と笑いが出たんです。
「ごめんなさい、恥ずかしいところをお見せして」
「ううん。うれしいですよ。こんなになってくれて・・・」

奥さんは私の股間をまさぐり始めました。
そして、私のジャージを引き下ろしフェラりだしたんです。
びっくりする暇もありませんでした。

奥さんは、うっとり顔で、舐めまわします。

「固いわ~大きい~」

とか言いながらフェラってくれるんです。
私は周りが気になりました。

「奥さん、もっと奥へ行きましょう、ここは誰か来るかも」
「そうですね」

奥の誰も来そうにない場所へ向かいました。
奥に行き、ちょうどよい大木の下で奥さんを抱きしめました。
キスしながらオッパイを揉むと、「あ~・・・」 と声が漏れ始めました。
意外と大きなオッパイで揉み応え十分なのです。

そのまま下半身のジャージに手を入れ、おまんこをさわりました。
びしょ濡れでした。
汗じゃありません・・・エッチなお汁です。

指二本で上下に擦り上げると、奥さんの声が一段と大きくなったんです。
私は奥さんを後ろ向きにし、木に手を付かせバックポーズを取らせました。
後ろから見た奥さんのおまんこは、気品ある薄桃色をしていました。
ほんのり花の香りがした気がします。

「早く・・・ねえ・・・早くちょうだい・・・」

エッチな目をして腰を突き出すんです。
後ろから入れると、ずぼっと入ってしまいました。
決してゆるいわけではありません。
まるで、吸いこまれるように・・・飲み込まれるように・・・
そんな感じで、一気に奥まで入ってしまったのです。

初めての感覚に興奮しました。
おまんこの肉襞が、うねりながらチンコを包んでくれます。
必死にピストンしました。

「はぁ~ん・・・うぅ~ん・・・あぁ~ん・・・」

イイ声で喘ぐんです。

「奥さん、どうですか? 気持ちイイですか?」
「いいぃ~もっとぉ~・・・もっと、奥まで入れてぇ~」

私は突き刺すイメージで、ひたすらピストンしました。
そして、そのまま、奥さんのおまんこの中で、果てたのです。

その後、奥さんは、二年ぶりのエッチだったと告白しました。
ご主人は糖尿病で、エッチができなかったというの言うのです。
それを聞いて納得しました。
いきなり欲しがった訳が・・・。

こんなに美しい人が、性欲を満たせないなんて、
世の中おかしなものです。
そう思うと、またムラムラしてきました。
奥さんの前で、またチンコが勃起してしまったのです。

「もう! すごく元気なんですねぇ~」

奥さんは、またフェラってくれたのです。
ご主人に仕込まれたのか、すごく上手なフェラだと、
今更ながらに気がつきました。

私は大量の精液を奥さんの口に注ぎ込んでやりました。

二人秘密が出来ました。
これからも会う事を約束しました。
もちろん、エッチありでです。

携帯番号とメルアドを交換して帰りました。

今でも奥さんとの関係は続いています。








豪雨の日の出会いは不倫の始まり

2016.09.02.Fri.15:57
あの豪雨の日、僕は初めて不倫を体験した。
僕は京王線に乗っていて「桜上水」で、急に雨が降り出しました。
「調布駅」につく時には、雷鳴が鳴り渡り、
物凄い雨がバケツを零したような雨振りでした。
駅の待合室には、10名位の男女とお年寄りがいました。

30分もすると「どうなったいるんだよ~」と、おじいさんが叫びました。

「本当にどうなったのですかね?」

駅の付近に自転車が置いてあるのですが。

「一緒に帰りませんか?」

35歳ぐらいの女性が声をかけてきました。

「駅そばがワタシのマンションなので、立ち寄って休んでいかれたら?」

ご厚意にありがたく傘をさしながら、
モノの5分ぐらいのマンションに着きましたが、
その時間でもびしょびしょでずぶ濡れでした。

「さぁ、お洋服を脱いで下さい。このバスタオルで拭いて下さいな」

とてもうれしくて仕方ありませんでした。

彼女もお風呂場で身体を拭いて、
Tシャツと短いジーンズのパンツ姿でした。
下を見ると素敵な脚首と、細い長い脚がとても素敵でした。

良く見るとTシャツの胸の膨らみも、
多分85㎝のDカップはありそうで、とてもセクシーでした。

「キミは結婚していないの?」
「主人が浮気ばかりするので、半年前に離婚してこのマンションが慰謝料なの」

といいます。
本当に良く見ると、「叶美香さん」みたいな美女なんです。
背も高く、どうして離婚したのか理解できません!
僕の妻なんか、「磯野貴理子」にそっくりのブスなんです。

おまけに結婚して14年目で、今やセックスレスの状態です。
以前にしたのは確か3年前ですから、酷い話です。

殆ど全裸に近い姿になり、お借りしたバスタオルで身体を隠しました。
しかし彼女の姿を見ると、何時の間にかペニスが勃起し出したのです。

「あらまぁ~~」

彼女がくすくすと笑います。

「本当にゴメンなさい。久しぶりに美女を見たもんだから、筈かしいですよ~~」
「いいのよお若いから、気にしないでもいいわよ。
 ワタシだってホラ、アソコが濡れ濡れよ~、見せてあげるわよ~」

タオルを剥がすと、真っ黒な陰毛が森林のように生えています。
割れ目を広げると、ソコは濡れて真っ赤な大陰唇が丸見えでした。

「お願いだから抱いて~~~~~」

全裸をぶつけてきて、唇を吸われました。
舌が絡まり、中でチュウチュウと吸いました。
オッパイは矢張りDカップはありそうなデカパイで
ゆさゆさと揺れて小玉スイカの様でした。

我慢できずに、全裸の身体に武者ぶりついて
寝かせて、股を広げて挿入しました。

僕のペニスは一応運動部で鍛えていたので、
約16㎝はあり亀頭は兜みたいだと良く言われました。

「まぁ大きいのね、想像どうりだわ。駅で見たときに大きそうだわと思ったのよ」

陰茎を握り唇を寄せて、するりと呑み込みました。
ぐにゅっぐにゅっと、激しく吸われて
僕もオッパイに吸い付き、思わずに射精をしそうになりました。

「寝室に来てよ~~」

ピンクのベッドに横たわらせて、
股を開いて、いきなり圧し掛かり挿入しました。

「アッ、スキンはどうしよう?」
「大丈夫よ、ワタシは子宮がダメで子供が産めない身体なの。
 だから生で出しても大丈夫よ」

物凄勢いでピストンをして、
彼女の身体が海老反りなるまで攻めました。

「あん、あぁぁぁぁぁっ、いいわぁ~~、ワタシイッチャウよ~、イクイクイクイク~~ッ」

激しくオルガスムスを迎えると僕も思わずに、
膣奥に射精をするのでした。

僕はこれが初めての不倫です。
これからどうなるのでしょうか?









アダルトビデオを借りている人妻を脅迫まがいにエッチする

2016.08.23.Tue.15:57
知人の妻とエッチな関係になったのは、
レンタルビデオ屋で偶然会ったからだった。
俺はアダルトビデオを借りようとしていたのだが、
彼女もアダルトコーナーにいたのだから驚いた。
アダルトビデオを物色しているのだった。

俺は隅の方に移動して、わからないように様子を見ていた。
同じマンションに住む俺の子供と同級生の母親だ。
彼女は普段きちんとした身なりで、
旦那はどこかの金融機関に勤めていると聞いていた。
清楚な30代の人妻なのだ。

しばらく見ているとアダルトDVDを二枚取り出し、
その後、ノンアダルトの邦画を二枚借りたようだった。

俺はすぐにその後に、分らないようにレジに並んだ。
そして、支払いを済ませて、外に出た。
急いで近寄り、声をかけたのだ。

「こんなところで会うとは奇遇ですね」
「あっ・・・どうも。ちょっとこの近くまで来たので、寄ったんです」
「どこかで見た人だなあと思って、ずっと見てたんですよ。ええ、ずっとね」
「えっ・・・ずっと見ていたんですか?」

彼女の表情が曇っていく。

「どんなの、借りたんですか?」
「え?・・・あの・・・」

言えるわけない・・・。
持っていた今借りたばかりのDVDを掴んだ。

「近くでコーヒーでも飲みませんか?」
「そうですね・・・」

ふふふ。
断れないだろうねぇ。
逃げ出させぬように・・・

「奥さんの車はそこに置いて、俺の車で行きましょう」

助手席に乗せた。
彼女はかなり緊張していた。

「男も女も所詮動物ですね。本能と欲望を抑えるのは至難なことです」
「・・・」
「せめて、本を読んだり、ビデオの見ながら、妄想を膨らませたり、自分とその登場人物をラップしたりしてるんでよね」
「まあ・・そうですね」

ますます普段の彼女とは違う彼女になっていった。

「アダルトビデオを見て、妄想するんでしょ? オナニーとかしちゃうんだ?」
「・・・」
「モザイクがかかって見えない部分が、一番妄想をかきたてますよね」
「・・・」
「俺も、いろいろと、妄想しちゃいますよ」

彼女は俯いたままだった。

「あの・・・ここで会ったこと、ビデオを借りたことは誰にも言わないでください」
「いいですよ」
「すみません・・・」
「そのかわり、そのアダルトビデオみたいなこと、しましょうよ」
「え?」

断れないよね、断れるもんか!
俺は落ちたと確信した。

近くのラブホテルに車を入れた。
彼女は黙ってついて来た。

部屋に入り、俺は一気に服を脱いで全裸になった。
俺の股間はビンビンに勃起している。
奥さんの眼の前に、チンコを突き出した。

奥さんは一度俺の目を見た後、
俺の前にしゃがみこみ、
片手で俺のチンコを握り、口に含んだ。

彼女のスイッチがとうとう入ったいようだ。
俺は仁王経ちになって彼女の後ろ頭をつかんだ。
まるでなにかに取りつかれているように、必死で頭を前後に動かしている。

俺は黙って、溜まっていた精液を放出した。
彼女は喉を鳴らすようにして飲んでいる。

出し終えると、いっしょにシャワーを浴びることにした。
脱いでいる彼女を俺は凝視した。
裸の女性を見るのもいいが、服を脱いでいる姿も結構興奮するものだ。

見かけによらず、派手な下着を着けていた。
きっとお揃いなんだろう。
レースの黒のブラとビキニのパンティーだった。

服の上から見る以上に、大きな胸と白くて丸いヒップ。
俺のチンコは瞬く間に大きくなっていった。

予想外に陰毛も濃くて多かった。
なんともイヤらしい身体じゃないか。
清楚な外見の、服を脱げば、こうなってしまうとは・・・。

俺は身体を洗ってもらった。
黙って手にいっぱいのソープを塗り、俺の股間を洗ってくれた。

今度は彼女を壁に手をつかせ、お尻を突き出させる格好をさせた。
彼女のもっとも恥ずかしい両方の穴が丸見えであった。
俺はしばらくそこを覗き込んだ。

すると我慢できなくなったのか、小さな声で・・・

「ねえ・・・早く・・・入れて・・・このおおきくなった、おちんちんを・・・」

俺はいたぶりたくなった。

「なんか言ったか? シャワーの音で聞こえなかった。はっきり言ってくれよ」
「ほしいの・・・この太いおちんちんを突っ込んで・・・ほしいのぉ!」
「さて、女には二つの穴があるから、どちらの穴にいれてほしいんだ?」
「お・・・おまんこに・・・入れて・・・」

彼女が自ら、チンコ握って来た。
エロい女は大歓迎だった。

その日は3回射精してしまった。
その後も彼女から俺に電話やメールで、連絡が入って来る。
俺はエロい女は大歓迎なのだ。











人妻ヘルスで挿入 

2016.07.21.Thu.16:37
某人妻ヘルスにて   幸恵(28歳)

写真指名できる見せであったため、数枚の中から幸恵さんを指名。
案内に現われた彼女は、写真の通り色白の女性だった。
身長160、B84、W67、H87、とそこそこに均整の取れた身体だった。

シャワーを浴びて、ベッドに向かう。
すると、

「責めるほうと責められるほうと、どちらが好きですか?」

と聞いてきた。
僕はちょっと考えた末、

「責めるほうで!」 

と答えた。

すると彼女は、「よろしくお願いします」 と無表情に横たわった。

なんだかつまらない展開だなと思いつつ、キスから始めて、胸を揉み始める。
するとどうだろう?
瞬く間に、喘ぎ声を発するのだ。
演技かなと思いつつ、乳首を舌で転がすと、

「あん。あぁぁぁ……ああぁぁん!」

と大きな喘ぎ声を発するのだった。
ちょっと大げさで、気が引けた。
演技でしょ? と問いたくなる。

ところが、彼女の股間に手を伸ばすと、そこはもうビショビショだったのだ。
あまりの濡れ具合に、一瞬、手を引っ込めたほどだ。

この人、本気で感じているよ!

僕は彼女のお股に顔をうずめ、パックリと開き赤みを帯びたその秘部にキスをした。
舌を使って責めまくった。

「あん、あん、あん、ああああぁぁぁ、あぁ……×△◆◇??」

もう何を言っているのかわからない。
面白くなって責めまくった。

腰をひくつかせる彼女。
ところが何もサービスはしてくれそうもいない。

これでは発射できないと考え、こうなったらと肉棒の挿入を試みた。
ヘルスだから本番は禁止なのに、彼女は拒むことなく受け入れたのだった。
吸い込まれるように入っていく……。

入れた瞬間、彼女はちょっと歯を食いしばり、イヤイヤするように顔を横に何度も振った。
え? 拒んでる?
でももう挿入しちゃったし……。

僕はかまわず腰を振って、一目散に絶頂に向かった。
そして、そのまま放出したのだった。

彼女も果てたようで、しばらく動かなくなってしまった。
ようやく動いたのは、時間がきたというブザーが鳴ってからだった。

怒られるかなと思ったけれど、その後、なぜかぎゅっと抱きしめられてしまった。
それがとても心地よかった。
なんかちょっと得した気分だった。