FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







淫らな人妻と着衣セックスを繰り返す

2018.04.18.Wed.15:48
スポーツクラブ内のラウンジでパートをしている
30才の主婦とSEXした時の話です。
僕はそこでイントラをやっていて、
休憩の時にいつも利用するので仲がよかったのでした。

きっかけは、新スタッフの歓迎会の時で、居酒屋で、

「僕、あなたのこと、タイプです」

と酔った勢いで言ってからでした。
でもまあ、、僕が彼女に気があることはとっくに気づかれていたと思います。

2次会にはいかず、その場を去ろうとした時、

「一緒に帰ろっ!」 

と誘われたのです。
駅のホームのベンチに座ると手を握られました。

「旦那さんに怒られますよ」
「もう私になんか関心ないから平気よ」

握る手を引き、肩にもたれてきました。

「酔っ払いすぎですよ・・・」
「私、酔うと記憶なくなっちゃう・・・」

意味深な顔で笑いかけてきました。
どういうことかな・・と考えていると、

「私も君のこと気になってるよ」

そう言ってくれたのです。
電車でひとつ先の駅で降り、
僕の部屋に彼女がきました。
部屋につくと、

「時間あんまりないかも・・・」

と僕の口の中にベロを入れて、
物凄いキスをしてきました。

「いいんですか?」
「フェラしてあげる」

ベルトに手をかけてきました。

子供もいて、7歳も上だから身体に自信がないらしく、
彼女は裸になりませんでした。
オマンコも胸も見れなかったのです。

ただ、パンツだけ脱いで、服を着たまま、

「・・・入れて」 

と言われたのです。
着衣セックスというのかな?

アソコはぐっちゅり濡れてて、チンコがズボっと入りました。
まるで、吸いこまれるような入り方でした。

入れた瞬間、彼女はもの凄い声をあげました。

「ああぁぁ~~!! すごぉ~い・・・ああぁ~ん!!」

その声に僕のチンコは更に硬くなりました。
痛いくらいに勃起したのは、初めてです。

奥まで入れるのが好きらしく、
深く入ると声が高くなりました。
小刻みに速くすると泣く様に喘ぐのです。

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ いくぅ----」

その声で、さらに激しくマシンガンバリに腰を振りました。
彼女の中はもちろん、服の上に出すわけもいきません。

「ああ、イキそう・・どうしよ?」
「イクの? いいよ。ちょうだい」

と頭をあげて僕を見たのです。
ぎりぎりまで腰を振り、限界とばかりに腰引くと、
彼女は、僕のチンコを咥え、手でしごいたのでした。

手の動きも、頭の動きも早く、最後の最後まで吸い取られました。
イッた後も、しばらく舐めてくれました。

この日はこの1回だけだったけど、
その後半年間、セフレとしてつきあって、
オナニーを見せてもらったり、
クラブ内のトイレで口と手でしてもらったりしています。

ただ、相変わらず、裸は見せてもらっていないのです。









お隣の奥さんと毎日曜日エッチしています

2018.04.05.Thu.15:58
今年から若夫婦が俺の隣に引越ししてきました。
奥さんは若くて綺麗で、笑顔が素敵な女性でした。
小さな女の子を連れています。
まだ、乳児です。
あの、魅力的なおっぱいで、母乳を与えているんだろうな・・・
そんな想像をしていました。

どうしてだろう?
乳児を連れている女性を見ると、昔から興奮してしまうのです。
あ・・・でも、変態じゃありませんよ。
なにかしら、行動にでるわけではありません。

ただ・・・。
今回は、奥さんのほうからアプローチがあったのです。
今でも信じられません。

その日は日曜日でした。
日曜日は旦那が仕事らしくのです。

いつも乳母車に乳児乗せて、
散歩してるところを見てました。

俺、暇なんです。
求職中てやつです。

隣で顔見知りだから、公園で話すようになりました。
初めて話しかけてきたのは、奥さんでした。
たわいのないあいさつからでした。

そして、その日曜日のことです。
突然の雨がふり出したのです。
天気予報は、見事に外れです。
傘などもっていないので、
俺も奥さんもびしょ濡れになってしまいました。

運が悪いと思いますか?
いいえ、実はラッキーだったのです。

公園の滑り台の下で雨宿りしていました。
俺も奥さんも、ちょっと困った表情をしていたと思います。
でも・・・
こんなに近づけたのは、雨のおかげだなと思いました。

ふと、横にいる奥さんの姿を見つめました。
濡れたノースリーブ・・・
黒色のブラが透けて見えているんです。
そして薄い桃色のスカートからも、黒のショーツが見えていました。

濡れた衣類・・・
透けて見える下着・・・
しかも黒色・・・

俺はいろいろ想像して勃起してしまいました。
すぐ隣には奥さんがいるというのに、
抑制の効かないチンコは勃起しているのです。

まずいな・・・と思いました。
勃起についてはばれていないと思います。
いや、絶対にばれてはいけないのです。
でも、俺は、その時ジーンズでした。
勃起が進むと、股間が痛くて仕方がありません。

雨がやまないかと祈りましたが、
むしろ強く降り出したのです。
そして、ついに雷まで鳴りだしました。

こうなっては、いつまでも外にはいられません。
激しい雨の中、俺たちは小走りでアパートに帰りました。
俺が乳母車を押していったのでした。

奥さんのアパートに乳母車を押して入りました。
そして帰ろうとしたときでした。
奥さんがバスタオルを持ってきて渡してくれたのです。

気のせいか、そのバスタオルはとてもいい匂いがしました。
気持ちまでよくなっていく・・・そんな感じです。

奥さんは子供を寝かしつけてから、
俺にシャワーしていってくださいと言いました。
それならと、遠慮なくシャワーを浴びました。

シャワーから出ると旦那のパジャマを渡されました。
奥さんも濡れた服を脱いで、シャワーをしにいきました。
なんだか、変な展開だな・・・
これは、ひょっとして・・・・
誘われている???

その想像は当たっていたのです。
奥さんはバスタオルを巻いただけの姿で、
俺の前にあらわれました。

俺は目がうつろ状態です。
どうしていいのかわからずに、おろおろしていました。

ソファーに座ってる俺に、そのままの格好で寄ってきます。
俺の手を持ち、奥さんは自分の股間へと誘導してきました。

濡れてるおまんこ。
雨のせい?
シャワーのせい?
いいえ、奥さん自身が濡らしているのです。

俺はようやく覚悟を決めました。
人妻だけど・・・いいよな・・・
誘ってきているのは奥さんなのだから・・・。

肩を引き寄せました。
ちょっと強引なくらいに、乱暴に・・・。
そしてキスです。
舌を奥さんの口の中へ差し込みました。
すると、奥さんも応えるかのように、舌を絡ませてきたのです。
ねっとりとしたキスになりました。
すごく興奮します。

奥さんのバスタオルを剥ぎ取りました。
白い肌が眩しかったです。

ソファーに寝かせました。
キス・・・
胸、腹、アソコ・・・
舌をはいずらせます。

指先も体中を刺激させる愛撫・・・
奥さんは体をくねらせながら喘ぎ声を発します。

アソコから愛液がとくとくとあふれてきました。
そして、痙攣したように身体を震わせます。
奥さんは早くもイったようでした。

数秒すると奥さんは俺のパジャマを脱がしました。
勃起したチンコを咥えこみます。
貪るように舐めてはしゃぶってきました。
なんて、エッチな人なのだろう・・・

そして、抱き寄せ、挿入しました。
出産した人とは思えない締まり具合でした。

1回目は胸に出しました。
さすがに、おとなりの人妻相手に中だしはできません。

奥さんは微笑を浮かていました。
ティッシュで拭き、また俺のチンコを咥えこみました。

2回目の挿入開始です。
いろいろな体位を楽しんだ後、
奥さんの要望で口出しをしました。

奥さんは余韻に浸ってるように、手を口に入れて、
精液と戯れる様にしてました。
すごくエロい姿でした。

お互い裸のまま話ました。
子供が出来てから6ヶ月、旦那とはエッチなくて、
公園で俺が勃起したのを見て感じたらしいのです。

今は日曜のたびに奥さんの部屋に行き、
若妻の体で遊ばせてもらってます。









妻以外の女を初めて抱いた日

2018.01.04.Thu.16:05
私の妻が交通事故に会った。
入院六か月という重傷であった。
私は妻と毎日セックスしていた。
妻がいなければ、セックスする相手がいないのだ。
仕方がないので、事故を起こした女性を抱くことにしたのだ。

その女性も人妻だった。
26歳と、私の妻よりも5歳ほど若い。
もっとも、私は若いほうが好きというわけではないのだが・・・。

彼女が自宅へ謝罪にきた。
治療費などの金銭面は、保険が適用される。
問題は・・・私の性欲なのだ。

「あんたのせいで私はずっとムラムラしている。どう責任とってくれる!」

少し脅しながら出方を見ていた。

「すいません・・・・・申し訳ありません・・・・」

と頭をさげているが、当然許すはずもない。
そこそこ美人だから、
私のようなブサイク系のオトコに興味がわくとは思えない。
しかし・・・。

「あんたの誠意を見せてもらおうじゃないか!」

吐き捨ててやった。
一世一代の大芝居と言えば大げさだろうか?
すると・・・

「・・・・私とのセックスを望んでおられます?・・・・・」

と切り替えされた。
なんとも上品なものの言い方だ。
私のほうが、心苦しくなる。
しかし、ここは、引くわけにはいかない。

「何でもいい!とにかくすっきりさせろよ!」

と大声で言ってやった。
奥さんは物静かな態度で応えた。

「・・・・・わかりました。奥さんが退院するまでの条件でなら・・・・・」

なんと、本当に承諾したのである。
強引だったけれど、ダメもとみたいな考えだったのだ。
ラッキーとしか言いようがない。

実は私は、素人女性とのセックスは、
妻以外に体験したことがなかったのである。
それがこんな形で、妻以外の素人女を抱けるとは・・・。

私はすぐさま奥さんを部屋へ案内した。
そそくさと準備を始めた。
奥さんはうつむいて無言で正座している。

私はズボンを脱ぎブリーフ1枚になった。
奥さんの座る位置仁王立ちした。
チンコははちきれんばかりに勃起している。
やがてブリーフにスケベ汁がにじむ。

「奥さん、見てみろ!あんたのせいでこんなに溜まってるんだ!何とかするんだ!」

とスケベな事を強要した。
奥さんはチンコをまじまじと見つめている。

「こんなに大きいの・・・・・私・・・・入らない・・・」

そんなに大きいのかな?
他の男と比べたことがないのでよくわからない。

私は奥さんの手を取り、チンコを掴ませた。

「パンツ脱がせろ! 玉を優しく揉め! チンコをしごきながらしゃぶれ!」
「・・・・・んぐ・・ジュボジュボ・・・ジュボジュボ・・・・」

イヤらしい音を立ててしゃぶっている。
私の妻より上手である。

「旦那のよりいいか?どうだ?」
「・・・・すごい・・・・おっきい・・・おっきすぎるわ・・・・あぁぁ~」
「じゃあ、今度は自分で服を脱げ!乳見せろ!パンツも脱げ!」

奥さんはしゃぶりながら服を脱ぎ捨てていく。
ブラ1枚になったところで、奥さんの乳房を拝見してみた。
かなりデカイ・・・気がつかなかった・・・。

私はブラを強引に破り捨てて、身包み剥いでやった。
奥さんはさほど動じていない。
チンコしゃぶりが忙しいようだ。
そのままチンコをしゃぶらせて私は乳を揉んだ。

「あぁぁぁ・・・・もっと強く・・・・揉んでもいいよ・・・いぃ~」

自らエロい言葉を発する奥さんに興奮した。
私は久しくこんなに興奮したことがなかった。
こらえきれず、このまま口内発射してやった。

「おいしかっただろ? 旦那よりも大量だろ?」

奥さんは全部飲んでいた。
スケベな女だ。
続いて奥さんをバックではめてチンコを突き刺す。

「あぁぁ~あぁ・・・・やだやだ・・やめて・・・あぁぁ・・・・」

ヨガる奥さんもエロい。
もちろん、止めるはずもない。
俺はさらにピストンを早めて、イかせようとする。

「あぁぁ・・ダメ・・・・おまんこが壊れちゃう~・・・やめて~」

懇願するが止めない。
まあ、当たり前だな。

「奥さん・・・・悪いけど中に出すぞ! あんたは私の女房役なんだから当然だろ?!」

容赦なく発射してやった。

「あぁ・・・・ひどい・・・中だしするなんて・・・・」

言いながら泣いている。
そんなこと俺には関係ない。
泣き顔もまたそそられる。

「だったら私の女房を返してくれ! 私は毎日女房とやっていたんだ!」
「わかりました・・・あなたの妻でいます・・・」

言いながら泣いている。
まじ? 
また抱けるのか?

「じゃあ、明日もこの時間に来い。いいな?」

奥さんは服を着ながらチンコをしゃぶっている。
こいつはもはや、私のセフレに堕ちたと思う。








失恋の痛手を若妻たちに肉体的に慰められた男

2018.01.03.Wed.16:39
失恋で落ち込んでいたオレだけれど、
悪いことばかりじゃないものだ。
年上の女性から慰められてしまったのだ。
もちろん、肉体的に慰められたのだ。
その年上の女性は人妻だった。

当時付き合ってた彼女と別れたばかりで、
オレは落ち込んでいた。
そんなオレを見て気を使ってくれたのか、
いつも何かとオレを世話してくれる先輩のOLが、
家に友達を呼んでパーティをやるから来ないかと誘われた。

その先輩は綺麗で優しくて仕事のできる人だ。
社内で人気がある先輩だった。
もちろん悪い気はしなかった。

でも、その先輩は新婚のはず・・・。
そう思っていたら、その日からしばらく旦那さんは出張だとのこと。

その気遣いが嬉しかったのでオレは、
誘われるままにパーティに行くことにした。
パーティには先輩の友達という3人の女性が来ていた。
その3人とも、人妻だった。
若くて綺麗ではあるのだけれど・・・。

男の友達も来ていると思っていたオレは、
最初はとまどったが酒を飲みながら話をしていくうちに、
序々に打ち解けることができた。

始めのうちは世間話や仕事の話をしていたが、
酒がすすむに連れて話題は恋愛話やエッチのことに発展していった。

その頃には完全に警戒心も解けたようで、4人の若妻たちはスカートも捲れ上がり、
胸元もはだけて、いやらしい雰囲気を醸し出していた。

人妻がエッチの話をしていると、さすがになかなか入り込めないものだ。
オレは適当に相づちを打ちながらも、そのいやらしい眺めを楽しんでいた。

すると1人がオレの耳元で・・・

「ねぇ・・・さっきから目がやらしいよ」

と言ってきた。

いきなりだったのでびびった。
びびった理由はもう一つ。
オレは思いっきり勃起していたのだ。

「そんなこと無いですよ」

しかし次の瞬間、もう1人の女がオレの股間に手を伸ばした。

「やだー、この子。勃ってるよぉ!」

突然の事で言葉も出、ただ赤面するオレ。
そんなオレを無視して4人の若妻たちはいきなりスイッチが入ったようだ。

「脱がしちゃえ!」

と、あっという間にオレは全裸にされてしまった。
恥ずかしくて前を隠そうとするオレの腕を、2人の人妻が押さえつける。

ビンビンに勃起したチンコをじっくり観察された。
オレは恥ずかしかくて声も出ない。

「ねえ、どうしよっか?」

といじわるそうに若妻たちは言った。

「か、勘弁してください」

もちろんそんな命乞いは無視された。
2人の人妻がオレのチンコをしゃぶり出す。
抵抗しても無駄と思った。
諦めが肝心・・・オレは体の力を緩めた。

1人はオレの乳首を舐めてくる。
1人はディープキスだ。

交代交代でそんな状態が続く。
気がつくと女たちも全員ハダカになっていた。

代わる代わる顔にまたがられ、激しく舐めてぇとクンニを強要される。

その間も、もちろんフェラ、アナル舐め、と攻撃は止まらない。
やがて1人が・・・

「私、もうがまんできない~」

とズブリと騎乗位で挿入。
1人は顔にまたがり、2人は指で奉仕させられた。

どれくらい時間が経ったか分からない。
オレは翻弄されていた。

若妻たちは代わる代わるオレにまたがる。
激しく、いやらしく腰をクネらせる。
オレの反応を楽しみながら愉しんでいる。

そして絶頂を迎えるオレ。

「イッちゃう・・・」

と射精する度に、チンコを口にくわえる若妻たち。
ビクンビクンと痙攣する感触を味わっているようだった。

チンコが萎えそうになると、

「まだまだこれからよ」

と笑みを浮かべながら、4人掛かりで攻めてくる。
足の指の間やアナル、乳首や耳・・・。
体じゅうを舐め、とにかく勃起させられた。

何回もイカされ、精液が出なくなっても、
手でしごき口で吸っては、

「ザーメンおいしい。もっとちょうだい」

と行為は繰り返された。
結局朝までオレはおもちゃのように弄ばれた。

何回イカされたかわからないが、チンコは赤く腫れあがった。
出血寸前でその後何日も痛かった。