FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







妻以外の女を初めて抱いた日

2018.01.04.Thu.16:05
私の妻が交通事故に会った。
入院六か月という重傷であった。
私は妻と毎日セックスしていた。
妻がいなければ、セックスする相手がいないのだ。
仕方がないので、事故を起こした女性を抱くことにしたのだ。

その女性も人妻だった。
26歳と、私の妻よりも5歳ほど若い。
もっとも、私は若いほうが好きというわけではないのだが・・・。

彼女が自宅へ謝罪にきた。
治療費などの金銭面は、保険が適用される。
問題は・・・私の性欲なのだ。

「あんたのせいで私はずっとムラムラしている。どう責任とってくれる!」

少し脅しながら出方を見ていた。

「すいません・・・・・申し訳ありません・・・・」

と頭をさげているが、当然許すはずもない。
そこそこ美人だから、
私のようなブサイク系のオトコに興味がわくとは思えない。
しかし・・・。

「あんたの誠意を見せてもらおうじゃないか!」

吐き捨ててやった。
一世一代の大芝居と言えば大げさだろうか?
すると・・・

「・・・・私とのセックスを望んでおられます?・・・・・」

と切り替えされた。
なんとも上品なものの言い方だ。
私のほうが、心苦しくなる。
しかし、ここは、引くわけにはいかない。

「何でもいい!とにかくすっきりさせろよ!」

と大声で言ってやった。
奥さんは物静かな態度で応えた。

「・・・・・わかりました。奥さんが退院するまでの条件でなら・・・・・」

なんと、本当に承諾したのである。
強引だったけれど、ダメもとみたいな考えだったのだ。
ラッキーとしか言いようがない。

実は私は、素人女性とのセックスは、
妻以外に体験したことがなかったのである。
それがこんな形で、妻以外の素人女を抱けるとは・・・。

私はすぐさま奥さんを部屋へ案内した。
そそくさと準備を始めた。
奥さんはうつむいて無言で正座している。

私はズボンを脱ぎブリーフ1枚になった。
奥さんの座る位置仁王立ちした。
チンコははちきれんばかりに勃起している。
やがてブリーフにスケベ汁がにじむ。

「奥さん、見てみろ!あんたのせいでこんなに溜まってるんだ!何とかするんだ!」

とスケベな事を強要した。
奥さんはチンコをまじまじと見つめている。

「こんなに大きいの・・・・・私・・・・入らない・・・」

そんなに大きいのかな?
他の男と比べたことがないのでよくわからない。

私は奥さんの手を取り、チンコを掴ませた。

「パンツ脱がせろ! 玉を優しく揉め! チンコをしごきながらしゃぶれ!」
「・・・・・んぐ・・ジュボジュボ・・・ジュボジュボ・・・・」

イヤらしい音を立ててしゃぶっている。
私の妻より上手である。

「旦那のよりいいか?どうだ?」
「・・・・すごい・・・・おっきい・・・おっきすぎるわ・・・・あぁぁ~」
「じゃあ、今度は自分で服を脱げ!乳見せろ!パンツも脱げ!」

奥さんはしゃぶりながら服を脱ぎ捨てていく。
ブラ1枚になったところで、奥さんの乳房を拝見してみた。
かなりデカイ・・・気がつかなかった・・・。

私はブラを強引に破り捨てて、身包み剥いでやった。
奥さんはさほど動じていない。
チンコしゃぶりが忙しいようだ。
そのままチンコをしゃぶらせて私は乳を揉んだ。

「あぁぁぁ・・・・もっと強く・・・・揉んでもいいよ・・・いぃ~」

自らエロい言葉を発する奥さんに興奮した。
私は久しくこんなに興奮したことがなかった。
こらえきれず、このまま口内発射してやった。

「おいしかっただろ? 旦那よりも大量だろ?」

奥さんは全部飲んでいた。
スケベな女だ。
続いて奥さんをバックではめてチンコを突き刺す。

「あぁぁ~あぁ・・・・やだやだ・・やめて・・・あぁぁ・・・・」

ヨガる奥さんもエロい。
もちろん、止めるはずもない。
俺はさらにピストンを早めて、イかせようとする。

「あぁぁ・・ダメ・・・・おまんこが壊れちゃう~・・・やめて~」

懇願するが止めない。
まあ、当たり前だな。

「奥さん・・・・悪いけど中に出すぞ! あんたは私の女房役なんだから当然だろ?!」

容赦なく発射してやった。

「あぁ・・・・ひどい・・・中だしするなんて・・・・」

言いながら泣いている。
そんなこと俺には関係ない。
泣き顔もまたそそられる。

「だったら私の女房を返してくれ! 私は毎日女房とやっていたんだ!」
「わかりました・・・あなたの妻でいます・・・」

言いながら泣いている。
まじ? 
また抱けるのか?

「じゃあ、明日もこの時間に来い。いいな?」

奥さんは服を着ながらチンコをしゃぶっている。
こいつはもはや、私のセフレに堕ちたと思う。










失恋の痛手を若妻たちに肉体的に慰められた男

2018.01.03.Wed.16:39
失恋で落ち込んでいたオレだけれど、
悪いことばかりじゃないものだ。
年上の女性から慰められてしまったのだ。
もちろん、肉体的に慰められたのだ。
その年上の女性は人妻だった。

当時付き合ってた彼女と別れたばかりで、
オレは落ち込んでいた。
そんなオレを見て気を使ってくれたのか、
いつも何かとオレを世話してくれる先輩のOLが、
家に友達を呼んでパーティをやるから来ないかと誘われた。

その先輩は綺麗で優しくて仕事のできる人だ。
社内で人気がある先輩だった。
もちろん悪い気はしなかった。

でも、その先輩は新婚のはず・・・。
そう思っていたら、その日からしばらく旦那さんは出張だとのこと。

その気遣いが嬉しかったのでオレは、
誘われるままにパーティに行くことにした。
パーティには先輩の友達という3人の女性が来ていた。
その3人とも、人妻だった。
若くて綺麗ではあるのだけれど・・・。

男の友達も来ていると思っていたオレは、
最初はとまどったが酒を飲みながら話をしていくうちに、
序々に打ち解けることができた。

始めのうちは世間話や仕事の話をしていたが、
酒がすすむに連れて話題は恋愛話やエッチのことに発展していった。

その頃には完全に警戒心も解けたようで、4人の若妻たちはスカートも捲れ上がり、
胸元もはだけて、いやらしい雰囲気を醸し出していた。

人妻がエッチの話をしていると、さすがになかなか入り込めないものだ。
オレは適当に相づちを打ちながらも、そのいやらしい眺めを楽しんでいた。

すると1人がオレの耳元で・・・

「ねぇ・・・さっきから目がやらしいよ」

と言ってきた。

いきなりだったのでびびった。
びびった理由はもう一つ。
オレは思いっきり勃起していたのだ。

「そんなこと無いですよ」

しかし次の瞬間、もう1人の女がオレの股間に手を伸ばした。

「やだー、この子。勃ってるよぉ!」

突然の事で言葉も出、ただ赤面するオレ。
そんなオレを無視して4人の若妻たちはいきなりスイッチが入ったようだ。

「脱がしちゃえ!」

と、あっという間にオレは全裸にされてしまった。
恥ずかしくて前を隠そうとするオレの腕を、2人の人妻が押さえつける。

ビンビンに勃起したチンコをじっくり観察された。
オレは恥ずかしかくて声も出ない。

「ねえ、どうしよっか?」

といじわるそうに若妻たちは言った。

「か、勘弁してください」

もちろんそんな命乞いは無視された。
2人の人妻がオレのチンコをしゃぶり出す。
抵抗しても無駄と思った。
諦めが肝心・・・オレは体の力を緩めた。

1人はオレの乳首を舐めてくる。
1人はディープキスだ。

交代交代でそんな状態が続く。
気がつくと女たちも全員ハダカになっていた。

代わる代わる顔にまたがられ、激しく舐めてぇとクンニを強要される。

その間も、もちろんフェラ、アナル舐め、と攻撃は止まらない。
やがて1人が・・・

「私、もうがまんできない~」

とズブリと騎乗位で挿入。
1人は顔にまたがり、2人は指で奉仕させられた。

どれくらい時間が経ったか分からない。
オレは翻弄されていた。

若妻たちは代わる代わるオレにまたがる。
激しく、いやらしく腰をクネらせる。
オレの反応を楽しみながら愉しんでいる。

そして絶頂を迎えるオレ。

「イッちゃう・・・」

と射精する度に、チンコを口にくわえる若妻たち。
ビクンビクンと痙攣する感触を味わっているようだった。

チンコが萎えそうになると、

「まだまだこれからよ」

と笑みを浮かべながら、4人掛かりで攻めてくる。
足の指の間やアナル、乳首や耳・・・。
体じゅうを舐め、とにかく勃起させられた。

何回もイカされ、精液が出なくなっても、
手でしごき口で吸っては、

「ザーメンおいしい。もっとちょうだい」

と行為は繰り返された。
結局朝までオレはおもちゃのように弄ばれた。

何回イカされたかわからないが、チンコは赤く腫れあがった。
出血寸前でその後何日も痛かった。








同窓会で再会した元カノは人妻

2018.01.02.Tue.16:00
同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。
元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。

アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が
一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。

連絡先を交換し、再会を約して会場を後にした。
1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。

出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。
ビンゴであった。

「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」

と言うので週末に食事の約束をした。
旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。

食事をして楽しい会話の中にも旦那への不満が滲み出ていた。
食事を終えドライブしながら話をした。

「最近セックスしてるの?」
「年上だから元気がないわ」
「付き合っていた頃はセックスまでいかなかったね。少しホテルで休もうか」
「ダメッ 人妻よ」

口では抵抗していたがホテルの駐車場に入ると素直についてきた。

部屋に入る。

「ダメよ ダメッ」

とつぶやいている充子にシャワ-をすすめた。
先にシャワ-を使い、ベッドで待っていると
バスタオルをつけた充子が隣に滑り込んできた。
抱き寄せると少し震えているようだった。

「初めて?」
「旦那以外は初めて」

と顔を埋めてきた。
バスタオルを剥ぎ取り、程よい大きさの乳房を揉み、
舌を絡ませたキスを楽しんだ。
充子の体を撫で回し、足を少し開かせ、
中心部の生膣に指を這わせるといままで我慢していた充子が

「ウッ・・ウウッ アッア~ アッそこっ」

と艶声でしがみついてきた。
体をずらし充子の生膣に顔を近づけ、
足を大きくM字開脚した。

「イヤァ~ 恥ずかしい・・・」

艶声を聞きながら一気に生膣とクリトリスを舐め回した。

「アアッ イッイイッ~ アッ アッ すっすごい~」

大きな艶声を出し続ける充子の淫靡な生膣をたっぷり味わった。

「硬くして」

と陰茎を充子の顔に近づけると気だるそうにフェラを始めた。
人妻充子のフェラを鑑賞しながら味わい少し意地悪く言う。

「硬い?・・・旦那より大きい?」

フェラしながら頷く。
充子のM字開脚した両足を持ち上げ
生膣にフェラでカチカチになった陰茎をあてがい
腰を落としながら充子の生膣を生で味わった。

「えっえっ・・ゴムっ~」

と言いかけた充子は程なく

「アアッ アッアッ イイッ~ アウッ アアッ~」

と充子の生膣深く陰茎を挿入すると
大きく淫靡な艶声を部屋に響かせ始めた。

「こっ、こんなの初めてェ~」

と口走る充子の生膣を正常位、
側位や屈曲位でたっぷりと堪能し充子に覆い被さりながら
子宮に届けとばかり生膣深く挿入する。

「いきそうだ。いっしょにいこう」
「アアッ、ダメッ、中は~ アッイイッ、イクッイクッ」
「中に・・・イクッ」

充子の生膣深くたっぷりとドクッドクッドクッと子宮にザーメンを浴びせかけた。

「アアッ~ アッ アアッ~ イクッ~」

と眉間に皺を寄せ大きな艶声を出しながら充子も同時に達した。
歓喜の充子の生膣深くへの生中だしを堪能し余韻を楽しんでいると

「中に出されているのが分かったわ」

と抱きついてきた。
ゆっくりと充子の生膣から陰茎を引き抜くと
中だししたザーメンが滴りでてきた。
至福の絶景である。

「中はだめッて言ったのに・・・もうぉ~」
「危ないのか?」
「多分大丈夫だと思うけど・・・分からないわ」

腕枕をしてやる。

「あんなに舐められたのは初めてですごかったわ」
「何度もイッタみたいだね」
「バカッ・・・」

しばしのまどろみを楽しんだ。

2回戦に向け充子の手をとり休憩中の陰茎に触れさせた。
驚いたことにおもむろにフェラを積極的に始めた。

充子のフェラを堪能していると陰茎はムクムクと硬さを増してきた。
十分な硬さと大きさになると充子は、

「大きいわ」

と言いながら跨ぐと自ら生膣に陰茎をあてがい腰を沈めてきた。
陰茎をすべて生膣深く咥え込むと同時に

「アアッ アッ~ イイッ」

と腰を動かし始めた。
充子の腰を掴み下から突きあげてやると
早くも眉間に皺を寄せながら

「イキそ~ イクッ イイッ~」

と大きな艶声を出して達した。
体を入れ替え充子に覆い被さりながら
2回目の余裕の中激しく生膣を突き捲ると、

「ダメェ~ またイッちゃう~ イクッイクッ~」

としがみついてきた。
さらに激しく屈曲位で長いストロ-クで
充子の生膣を突き捲くると今度は、

「アアッ ダメェ~ おかしくなっちゃう~ イイッ イクッ」

と眉間に皺を寄せながら仰け反り始めた。

「またいっしょに いこう」
「イクッ イクッ~」
「充子の中に出すぞ」

と勢い良くドクッドクッドクッと
生膣奥深く歓喜の雄雌の呻きとともに精液を流し込んでやった。
最高な至福の時である。

充子は艶声も出ないほどグッタリしたまま
生膣に中だしした陰茎を咥え込んだままである。

「もう~ だめぇ~」

と嬉しそうに微笑んでいた。
生膣から陰茎をゆっくりと抜くと注ぎ込んだばかりの精液が
生膣からまたも垂れ出てきた。
ティッシュを渡すと充子は生膣を拭きながら

「もう2度もあなたを生で受入れてしまって・・・すごすぎて・・・」

と抱きついてきた。

「もう離れられないわ」

と男冥利に尽きる言葉をくれたのでキスしてやると

「うれしいッ」

と微笑んでいた。

近くの駅まで車で送っていると、

「あっ、あなたのがまた出てきた」

と微笑んできた。
「ばれない様にしろよ」

と忠告するのが精一杯であった。

「また会ってね」

とねだってくる顔には淫乱さが滲み出ているような気がした。
他人の持ち物の人妻の生膣奥深く生中だしできる
至福の時を過ごすことができると思うと次回の逢瀬が楽しみである。
できたら危険日に中だししてみるのも一興かも。










部下の妻を酔わせてエッチする

2018.01.01.Mon.15:46
私は単身赴任のひとり住まいです。
でもマンションは2LDKなので部屋は余っている状態です。
先日、結婚した部下が夫婦で料理をつくりに来てくれました。
結婚式のときにビックリしたのですが、
奥さんはモデルとも思えるスタイル抜群の美人です。

正直、こんな女と一回でいいからやりたいと思ったほどです。

うちに来た時も白いミニスカートにブラウス姿で、
下着の線がくっきり見えて、そそられました。

手料理を肴にビールを飲んでいましたが、
前に買ってあったウォッカを出して、ジュースと混ぜて二人に飲ませました。

実は、部下はそれほど酒は強くなく、
大体1時間ぐらい経つと眠くなることも知っていました。

案の定、部下はトロンしてきて、
私は奥さんにウォッカの濃度を上げ、しかも媚薬を混ぜて勧めました。

酔いが次第にまわっていき、
胸元から見える肌は徐々にピンク色になっていきました。

いろいろ話をしていくうちに、
奥さんが写真に興味があることがわかり、
私がこれまでに撮影した写真を見せるために、
隣の部屋に行くことになりました。

その前に、もう一杯だけ一気飲みしてからにしようと
私の方から言って、さらに濃い目のジュースを与えました。

効果はテキメンで、思うように歩けなくなり、
隣の部屋で倒れこんでしまいました。

ミニスカートははだけて、かわいいピンクのレースのパンティが丸見えです。
ほのかに甘酸っぱいような体臭がただいました。

私は、介抱するふりをして体を抱き寄せ、

「大丈夫?」

と顔を彼女の顔に寄せました。
彼女は嫌がる様子もみせないため、軽くキスをしてみました。

すると、彼女の方から抱きついてきました。
夫と間違えているのか、部下の名前をいいながら

「大好き。おまんこに早く入れて!」

と、舌をからませてきました。

たっぷりキスをした後に、ブラウスのボタンをはずし、
ピンクのブラもはずすと実に形のいいオッパイが出てきました。

ピンク色の乳首がツンと上を向いて、実においしそうです。
僕は、思わず手でもみながら唾液をたっぷりつけて、丁寧に舐めてあげました。

「あぁ~ん、気持ちいい。もっと舐めてぇ~」

と、それまでの彼女からは想像もできない卑猥な言葉が次々と口から出てきました。

その言葉にも刺激され、
すでに愛液がたっぷりあふれ出ているおまんこを時間をかけい堪能しました。

彼女の中は、狭くて締りがよく、実に気持ちのいいものでした。
さすがに、中出しはせずに外に出しましたが、
3回の射精はすべて快感そのものでした。

彼女は、そのまま眠ってしまい、着衣をもとに戻して、毛布をかけてあげました。

それから1時間ほどして、部下が眠りからさめ、
彼女が寝ていることに気がつきました。

「二人とも酔っ払っちゃたみたいだな」

というと、二人とも申し訳なさそうにして、帰っていきました。

でも、彼女のあそこはきっと快感を覚えているはず・・・。
でも夢の中と思っているのだろうか。

私は、彼女のすみずみまでハッキリと覚えているよ。
おまんこの写真も何枚も撮ったしね。