FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







童貞大学生と浮気する淫らな人妻

2018.04.16.Mon.16:11
U.Y(34歳)

年下の大学生と浮気している人妻です。
2か月前からカフェでバイトをはじめたのですが、バイトは私以外は学生さんばかりで、
初めはちょっと浮いていた感じでしたが、すぐに慣れました。

男の子達はいい感じのイケメン揃いで、
お仕事に行くのが楽しくて、それがよかったのかな。

バイトの中のA君はちょっと草食系に見えて可愛い感じの子です。
A君と夕方同じ時間にお仕事が終わって、
何となくお茶でもと言う事になったけど、行ったのは居酒屋さん。

オープンすぐで私たちだけで、お酒も食べ物もすぐ出てきて、
少し飲み過ぎてしまったんです。

お酒を飲むとちょっとエッチな気分になる私は、
イケメンA君を誘ってしまいました。

A君も私の事を前から時々エッチな目で見てる事を知ってたので、
私に気があるのかな?とは思ってたけど、

「私の事、どう?」

意味深に聞くと、酔っていたA君は

「もうたまらないです。今もちょっと・・・」

少しモッコリしている股間を押さえるんです。
私はソッとズボンの上から触ってあげました。

「無理、出そうになるから、ヤバイ」

…だって。かわいい。

私の方から手を引いてラブホテルに入ってしまいました。
A君はラブホ初めてだと言うので、もしかして?
聞くと童貞ちゃんでした。

「私でいいの?」
「もちろんです。前から可愛い奥さんだと狙ってました」

本当かなぁ?
いっぱいキスして、A君の手を胸に当ててあげたら

「大きい、やわらかい」

うれしい。
私もズボンを脱がせてあげて、A君のおチンポを拝見。
もう完全勃起状態のおチンポは反りかえり具合や長さ、先の太さ、
そして硬さがすごいんです。

こんなおチンポなのに童貞ちゃんなんて、
もったいないと思ってしまいました。
お口でしてあげたら、
「わぁぁぁ」とか「うぅぅぅ」とか
気持ち良さそうな声で反応してくれて、本気のフェラをしてしまいました。

すぐにお口の中で発射。
でも若いからまだまだ大丈夫だよね。
私も脱がせてもらって、ブラを外したら

「わぉ~、すごい」

スカートをすぐと

「わぁぁ~、パンストがエロい」

パンストを脱ぐと

「パンツが小さい、エロい」

いちいち反応してくれておもしろかった。
いっぱい舐めて欲しい私は、A君に舐め方や舐めるトコロを教えて、
いっぱい気持ち良くしてくれました。

「俺、女の人をイカせた?」

舌でいかされた私に感動してくれました。

「上手だったよ。もっとして欲しいけど、入れて」

オマンコを指で開いて、淫乱ポーズをしながら、おチンポを誘導しました。
本当に立派なおチンポなので、ズブズブッて擦れる感じだけでイキそうになるくらいだし、
硬さがすごくて中が突き破られる様な感じで当たってくるし、

「もっと動いて」

とか、いっぱいエッチな事を要求してしまってました。

A君はやっぱり初めてなので、動きがぎこちないし、
我慢するのがやっとって感じでしたが、立派なおチンポなので許してあげました。

U君がいきそうになると、手で擦ってあげてお口に出させてあげました。
時間にして、ラブホに入ってからまだ1時間もたってなくて、

「もう1回できる?」

と聞くと、

「まだ10回くらい平気かも」

だって。
またいっぱい舐めてもらって、いかせてもらいながらおチンポをサワサワしてたら、
すぐに元気いっぱいになったので、
今度はコンドームをして私が上になってしまいました。

「そんなに動いたらすぐに・・・」

弱音を言うU君の反応を見ながら、お尻を動かして楽しみました。
気持ち良くなりすぎて、お尻を動かすのが止まらなくなって、
A君は悲鳴に近い声で射精しちゃいました。

私もほとんど同じくらいにイキました。
2人ともハァハァいいながら、ベットに倒れたのです。

「また、今度、する?」
「今からでも大丈夫ですよ」
「今日はもう帰らないとダメ、そのかわり今度いっぱいしよう?」
「はい、でも今日の為にパンツもらってもいいですか?」
「どうして?」
「1人で使うから」
「バカね」

私のパンツを持って帰ってしまいました。
次の日、またバイトがA君と同じになって、
ついつい股間を見てしまう私でした。

童貞君だったのに、初めてが人妻との不倫で良かったのかな?
いまさら遅いけど、ちょっと心配です。

でも、あの立派なおチンポを彼女さんが独り占めするのは許せないかも。
彼女さんは今のところいないそうです。
今のうち・・・ですね。




浮気相手は家庭教師

2018.04.12.Thu.15:50
K.U(32歳)

私の浮気相手は、娘の家庭教師、大学生です。
彼は、まだ、童貞だったのね。
それに気づいた私は、チャンスとばかりにいただいちゃったの。

まだ、娘が学校から帰ってまえに、彼が来たものだから、
お茶を淹れて、おしゃべりしてたの。
ちょっと、かわいいから、私のほうから下ネタに持って行ったんです。

そうしたら、彼ったら、顔を赤くしちゃって……。
私、「あなたって、まだ、童貞なの?」って聞いちゃった。

そうしたら、うつむいて、うなづくんです。
ね、すっごく、かわいいでしょ?
だから、私、抱き締めてあげたの。

そして、キスをしたの。
舌をそっと入れてあげたら、彼も応えて、唾液を絡ませるようにキスしたわ。

「私でよければ、初体験してみる?」

私は、ひょっとしたら、断られるかもしれないと思いながら、言ってみたのです。
そうしたら、彼ったら、

「お願いします」

って頭を下げたのよ。

もう、かわいくて仕方がなくて、
私、彼のおちんちんをしゃぶってあげたの。

そうしたら、ものすごく固くて、ビクンビクンと揺れるの。
あっという間に、射精しちゃったのね。

口の中に、青い匂いが充満したわ。
若さを感じて嬉しくなっちゃった。

若いから、すぐに硬くなって、インサート開始。
私が上になって、騎乗位でヤったのよ。
ちょっと腰を振っただけで、またまた射精!
う~ん、早漏なのかな?

今度は正常位でやらせてあげたの。
せっかくだから、SEXのやり方を、ちゃんと教えてあげなきゃいけないと思ってね。

彼、もぞもぞして、はじめはうまく入らなかったけれど、
私がちょこっとだけ手助けすると、するっと入っていったわ。
だって、私のおまんこ、ヌルヌルのパクパク状態だったんだもの。

今度は彼、ちょっとだけ、長持ちしたわ。
終わって、5分後に、娘が帰ったきたの。
娘のこと、すっかり忘れていて、もうちょっと早く帰ってきたらやばかったわね。

今では彼も、すっかりSEXに慣れてしまい、私をイカせるほどになりました。
きっと、若い娘をヒイヒイいわせてるんじゃないかな?
だって、この私仕込みだものね!












息子の家庭教師の童貞を奪う淫らな人妻

2018.04.08.Sun.16:05
M.K(38歳)

息子が来年、高校受験なのです。
どうしても息子を一流の私立高校に入れたいために、
家庭教師を雇いました。
大学生の男の子・・・実はちょっとイケメンなんです。
初めはそんな気はなかったのですけれど、だんだん苛めたくなってしまって・・・。

大学生のアルバイトにしては高額の報酬を支払っているはずなんです。
それなのに息子の成績は今ひとつバッとしません。
もっとしっかり頑張らせて欲しかったんです。
ギャラが不足だと言うんなら、もっとあげてもいいんです。
大事な息子のためですもの。

子供がいない昼間に、彼を呼び出してそんな旨を伝えました。
彼は申しわけなさそうな顔をして頭を下げたんです。
・・・ああぁぁ、なんだか、キュンとしちゃうの・・・。

彼が言うには、教える方の熱意というより、
子供の成績は当人の素質と、熱意と言うのです。
でも、そんなことはわかっているのです。
そこを何とかしてほしいから、家庭教師を雇ったんじゃないの!
ぶちぶち、言い訳して・・・もう!

ああぁぁ・・・いぢめたい!
彼をいぢめたいわ!

私はソファから立ち上がりました。
そして、ジーンズに包まれた彼のの脚に手を伸ばします。
そっと股間周りを触ってやったんです。

「ああっ、お母さん、何をするんですか~~」

応接用のソファの上で身をそらしかかった彼は、
勢いあまってソファの上に仰向けに転がってしまったんです。
あはは、なんだか、おもしろ~い!

「息子の成績を満足にあげられないのなら・・・」
「あげられないのなら?」
「私を満足させてもらおうかしら?
「ええ?」
「先生、おちんちんを女の口で責められたことはないでしょ~」
「あっ、ああっ、お母さん、何をするんですか・・・」

体を震わせる彼のジーパンに指をかけると、
ズルズルと引きずり下ろしてあげました。
白いトランクスに指をかけると、脹らみの上に唇を押し付け、
肉茎の形にそってキスをしてやりました。

「どうかしら? パンツの上からのフェラチオ」

指で陰茎の形をなぞるようにして、
亀頭から肉棒の根元まで吸い上げるように弄んであげました。
すると、私の指の中でだんだんにおちんちんが大きく固くなってくるんです。

「ああぁぁ、た、たしかに気持ちがいいのですが・・・」

彼は大学では陸上競技と水泳をやっているというだけあって、
すごくいい体をしているんです。
すごくおいしそう!
その肉体をがんばって押さえこみ、トランクスを下げると、
おちんちんが、むくっとそそり立ちます。

「おっきいぃ!」
「見ないでください。恥ずかしいから、ぼくのオチンチン、見ないで・・・」

たくましい体のくせに、妙になよなよなしいの。
すごくいぢめがいがある男の子です。

股間を隠そうとする彼の手をどけさせて、生身のおちんちんを握ってあげます。

「遥ましいわ……。やっぱり若いって素晴らしいことねぇ」
「ああっ・・・」
「やっぱり、まだ女を知らないのね。まだ、セックスをしたことがないのね」
「あっ、ああっ、お母さん・・・」

玉が二つ入った肉の袋をマッサージするように揉んでやります。
すると、彼はそれだけで、たまらない気持ちになるようです。
感じやすいのね。
下半身を震わせながら、おちんちんの先端から、
熱い透明な液体を噴出させるのです。

「ここの名前は何というのかしら。教えてくれる~」
「そんなこと・・・言えません」
「女の子みたいに恥ずかしがって。可愛いのね。でも言わないと、私、怒るわよ」
「はい。キンタマです!」

あはは。おかしいの!
 
「もっと言いなさいよ! 大きな声で! ほら、はやく!」
「そんな意地悪をしないでください・・・ああぁぁ、、言いますから~勘弁してください」

彼は声を振り練って、いやらしい場所の名前を何度も口にしました。
私の思い通りになる若い男の子。
しかもおいしそうな肉体を持っているイケメンです。
もう、うれしくてたまりません。

「今、どんな気持ち? 言ってごらんなさい! さあ!」
「ああぁぁ~、気持ちイイです~すごく気持ちイイ~」
「おちんちん、擦って欲しいんでしょ? ほらほら~」
「ああぁぁ~、出ちゃいます! イキそうです~!」
「まだ駄目! イったら、ひどい目に合わせるわよ」
「でも・・・ああぁぁ~・・・ダメ・・・イク~~」

彼ったら、我慢できずに、私の手の中で、
気持ちよくイっちゃたのです。
手には、彼の白い粘液がたっぷりかかりました。

思わず私は、そのザーメンを舌舐めずり。
若い精液っておいしいのね。

「すいません。お母さん・・・」
「許さないわよ、イっちゃだめって言ったでしょ?」
「でも・・・」
「今度は、このおちんちん、私のおまんこに入れてあげるから」
「ええ?」
「今度は早くイっちゃダメだからね!」

私の自由にできる男の子。
週に三回、たっぷり可愛がってあげています。









人妻予備校講師の童貞喰い

2018.04.04.Wed.15:43
Y.K(26歳)

結婚して半年の新妻です。
私は予備校の講師をしていて、結婚後も続けているんです。
だって、若い男の子があふれ返っている日常、
手放したくないですからね。

私は自分で言うのもなんですが、かなりの淫乱です。
血気盛んな生徒たちを誘っています。

中には、うぶな童貞もいるんです。

「テストでいい点が取れたらご褒美あげるわ」

なんて言っっちゃったりします。
いいなって子がいたら、もう手当たりしだいって感じなんです。

その中でも一番私を興奮させたのが、ある童貞の男の子。
絶対、女子とかにモテてるだろうなってかっこいい子なんだけど、
奥手で先生の私と話すのさえ、ドギマギしちゃうような子なんです。

彼スポーツマンタイプのなかなかのイケメン。
でも、男子校に行ってるからか、本当に女性と話すのが苦手って感じで、
2人きりになっただけで顔が真っ赤になっちゃうんです。

だから授業で分からないことがあっても、
なかなか聞きにくることもできない感じで、

「テストの成績がよくなかったわよ」

なんて適当なことを言って居残りさせるんです。

地方の小さな予備校なので、授業が終われば建物の中には生徒はいません。
他の講師に、居残り授業をしますといえば、誰も部屋には入ってきません。
それでも、いつ誰が来るかわからないし、
いきなり襲いかかって逃げられるかもしれないので、最初は本当に授業をします。

黒板など使わず、マンツーマンで横に座って教えるのですが、
時間が経つにつれて、だんだん近付いていって、
そのうち手と手が触れたり、胸を腕に押し付けたり……。

すぐに顔が真っ赤になって、急にモゾモゾしだしたんです。
私は、すぐにこの子、立ってるって直感しました。

その姿を見てたら、もっといじめたくなってきちゃって、
もっと密着して、さり気なくアソコに手を置いたりして……。

もう背筋がビクーンってなって、
目をパチクリさせて、アソコも体もカッチカチでした。

「こんなんじゃ集中して勉強できないわね。私に任せて」

私は、廊下に誰もいないことを確認してから、彼に絶対声を出さないように言ってから
キスをしたんです。

小刻みに震えていて、いかにもファーストキスって感じで、
私はそれだけでヌレヌレになってしまいました。

舌も入れて、大人のキスを教えてあげました。
さすがに裸になれないので、服のボタンをはずして、
ブラをせりあげて、おっぱいを見せました。

それを目にしたとたん、息を弾ませて、

「先生!」

ってむしゃぶりついてきたんです。
すごく飢えてる感じで、この激しさがキュンときちゃうんです。
好きなだけおっぱいを揉ませたり、舐めさせたりしてから、

「今度は私の番よ」

って、ズボンのチャックを下ろしてカチカチになったアレを出して、
握ってシュッシュって何度か擦っただけで、

「あああぁぁ」

って言って出しちゃったんです。
もうズボンも服も私の顔も、彼のザーメンだらけになっちゃったんです。
さすがは童貞ですね。

これだけで出ちゃうなんて、もううれしくてしょうがありません。
私は、服についたザーメンをハンカチで拭いてから、
まだカチカチのアレを口に含んだんです。

ひと舐めかふた舐めしたくらいで、

「あぁ、ああ」

ってまた叫んで、今度は口の中へ。
2発目なのに、量が半端ないんです。
もちろん、全部飲みほしました。

そのまま舐め続けていると、また口の中で爆発して、
10分くらいのフェラで4回くらい出しちゃったんです。

「これだけ出したら少しは落ち着く?」

って聞いて、私はパンティを脱いでから机に座って、
彼の目の前で股を開きました。

「これがオマンコよ」

童貞には少し強烈だったかもしれません。
たぶん初めて生で見たんでしょうね。
もうなんか変な顔になっちゃってるんです。
刺激が強すぎたかな。

「ここを舐められると女の子は喜ぶのよ」

って教えてあげると、ペロペロ舐め始めたんです。
クリトリスはこうして、中はこうよって、教えてると
要領よく私を感じさせてくれました。
もうヌレヌレだったけど、

「上手いからすごく濡れてきちゃった」

って言って褒めてあげて、コンドームを被せてから入れさせました。
手を添えて導くと、グイグイって入ってきて、
私はそれだけでもうイキそうでした。

「動いて」

って言っても、うまく動けないようなので、
イスに座らせて私がまたぐように挿入して対面座位で腰を振りました。
彼は、すぐに

「ああぁぁ」

って言って発射しましたが、構わずに腰を振っていると、
何度も何度も、

「出る、出る」

って言って、私がイクまでに5回くらい発射しました。
コンドームの中には、彼のザーメンでいっぱいで、
爆発しそうなくらいパンパンになっていました。

1回許すと、何度も求めてきて困るのですが、

「テストでいい点取ったらまたしてあげる」

と言うと、みんな必死にがんばって、私の評価も上がるので、
一石二鳥なんですよ。