FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







息子の友人をたらしこんだ淫らな人妻

2019.10.27.Sun.16:12
O.A(42歳)

息子は今、大学生です。
まだ幼稚園の頃、A君という友達だ出来ました。
また彼の母親とも仲良くしていました。
彼は息子とは違い成績はよく小さい頃はよく遊んでいました。
もちろん高校は違います。
だって彼の成績は抜群でしたから。

ちょくちょく我が家には遊びに来ていましたが、
何か息子の様子が変。
私は問いただしました。

「最近、僕のこと馬鹿にするようになってきたんだ。
 本当は彼のお母さんは遊びに行ってはダメと言ってるみたい」

唖然としました。
あんなに仲良かったのに。
彼の母親とも仲良かったのに。

そのときから私はA君にも成績の悪い息子の気持ちを解らせようと、
落としいれようと考えました。

彼に勉強が手につかないようにするためにはどうしたらよいか、
何が一番なのかと。

何日か考えた挙句、他人にはバレナイようにする、
彼の一番の興味を持って接する。
と言う考えです。

今から考えれば余り難しくはありません。
私自身、そう女を使えば・・・。

ちょうど夏休みで彼は図書館で毎日勉強している事を知りました。
その日から私の計画は始まりました。

図書館で偶然を装い彼に接近していきました。
もともと顔見知りだからそんなには彼も拒否はありませんでした。

計画は夏休みも終わりに近づいた頃、
お互い打ち解けるような関係になった頃実行しました。

彼の両親は旅行に出かけるとの情報をえました。
主人は短期の単身赴任中で家にはいません。
息子にはいろいろと理由をつけて旅行にいかせました。

「夕食でも」

との口実で彼を招きました。
食事中、彼女はいないと以前聞いていたので
なるべく「私(女)」を意識させるように少し下ネタも混ぜ話をしました。

私は胸元を少しあいた、緩やかなシャツを着ていました。
もちろんこれも計画を意識しての事です。

前かがみになると目立つような濃い目の色の下着と
谷間が少し見えるようなシャツです。

下ネタ話もあり彼の視線は計画とおりです。
私は突然に彼に対し、

「おばさんの下着、見てたでしょ」

彼はうつむいたまま何も言いません。
少し萎縮させてから、今度は優しく

「若いんだから仕方ないよね」

と言いながらソファーに行き

「横に座りなさい。来ないと下着見てたとお母さんに話すわよ」

そう言うと、ゆっくり隣に来ました。

「こんなおばさんの下着でも見たかったの?」

彼の股間はズボンの上からもわかるくらい盛り上がっていました。

「キスしたことある?」
「ありません」
「そうなの、勉強ばっかだもんね。したいと思ったことないの」
「あります」
「おばさんでも良かったらしちゃおっか、やっぱり嫌かな」
「したい」

彼の顔を上げさせゆっくりと唇を合わせました。
初め閉じていた口は私が舌を入れようとするとゆっくり口を開けました。

当然のように彼も舌を入れてきますがやはり初めて、
オドオドしています。
私は手を彼の股間の上に持っていきゆっくり撫でると 「うっ」 と。

「おばさんの下着見たいと言ったよね、見せてあげる」

私はゆっくりシャツを脱ぎ彼の手をブラの上に導きました。

「どう、柔らかいでしょ、これはおっぱいよ」
「・・・」
「恥ずかしいけどもう少しだけ見せてあげる」

私はホックを外し彼の目の前でブラを外しました。

「あの~触っても良いですか」
「もちろんよ」

両手で胸に触り少しだけ揉んでいます。
ここからが本当の勝負、とばかりに
私は少しの喘ぎ声と手は彼の股間に。

「お上手、おばさん感じちゃった。頭のいい人は何をやっても上手だね」

彼は得意げに続けています。
本当は感じていないのに、痛いくらいなのにね。
やっぱり単純。

「おばさんだけ感じちゃって恥ずかしいよ。A君のそれ脱いじゃおか」

主人以外の男性経験の少しだけですがある私。
高校生なんか簡単です。

「もう一つこれも見たいな」

と股間に顔を近づけました。
これにはさすがに動揺していましたが、
半ば無理やりに脱がせもう全くの裸にさせました。

「大きいね、どうして欲しい。遠慮しなくて良いよ」
「あの~フェラチオ」
「よく知ってるじゃない」

少しだけしごきながら口に含みました。
すぐに 「だめ、だめ、だめ」 と。
一旦離し、

「いいよ、口の中に出しても」

もう一度続けました。
すぐに口の中のモノは更に大きくなり
青臭い体液が口の中に充満しました。

「どう、気持ちよかった」
「はい、はじめてです」
「そう、良かったわね。今度はおばさんも満足させてくれる、A君の大きなこれで」

彼の目の前で私は全裸になりました。

「よく見て、ここに今からA君のおちんちんが入るのよ」

ゆっくり見ています。
私は少し濡れてしまいました。

「さあ、そこに横になって」

と床に彼は仰向きになりました。
もう一度彼のモノを含みそれから彼に跨りました。

「いいの、初めてなのにこんなおばさんで」
「お願いします、おばさんとしたいです」

私は手を添えゆっくり迎え入れました。
少し動いたかと思った時、 「いく~」 とA君。

「そう、おばさんもいきようよ。A君の記念日だからそのまま出していいからね」

私はこの計画のためにピルを服用していましたから。
思いっきり彼の体液は子宮目掛けて飛んできました。
私は彼との結合を解きお腹の上に座りました。
そう、体内から流れ出る彼の体液を見せるためです。

その後、彼から会いたいとメールが頻繁にきました。
月に1-2回は逢って彼を受け入れました。
その頃から当然の事ながら成績は下がる一方でした。

頃合を見計らい関係を絶ちました。
今、A君は受験に失敗し結局高卒です。

一人の若者の将来を奪ったのは私なのかもしれませんが、
昔のままでずっといてくれたらこんなことしなくて済んだのに。
でも、私は後悔していません。
子供のことを思う母親の気もちは強いのです。
それがたとえ世間に反していても。






中学生童貞をいただく淫らな人妻

2019.04.20.Sat.15:59
S.A(38歳)

私には秘密があります。
実は息子の友達に体を許してしまったのです。
彼はまだ、中学三年生、童貞でした。

我が家にゲームをしに来る息子の友達がいます。
その中に一人が、ゲームに関心がないらしく、
ベランダに干してある洗濯物をじーっと見つめているのです。
きっと、私の下着を見ているのでしょう。

トイレの帰り、洗濯籠の中の私のパンティを取り出したのを見つけました。
汚れた股布部分を広げ見ていたんです。

「何をしているの?!」
「ご・・・ごめんなさい!」

彼は下を向いたまま私の顔を見れないでいました。
あまり責めるのも可哀想に思いました。

「どうして、おばさんのパンツを見たの?」
「ごめんなさい。綺麗なおばさんが好きなんです」

これって恋の告白でしょうか?
まだ中学生の彼が、私のようなおばさんを綺麗で好きだなんて……。
彼がいじらしくなってしまったんです。

「もうこんな事したらダメよ」

と言って胸で抱きしめてあげました。
彼は少し元気を取り戻し息子の部屋へと向かいました。

それから一週間後のことです。
息子が塾へ行ってる時間に彼が訪ねてきたんです。
息子が塾に行っていることは知っているはずなのに……。
とりあえず、家に入れたのです。

夫も出張で数日帰りません。
彼と二人だけになりました。
なぜか私は興奮していました。
私を好きだと言った事が本当か試してみたくなったんです。

彼が二階の息子の部屋でゲームをしてる間にシャワーを浴びました。
セクシーな夜用のTバック下着を着けました。
ノーブラで胸元の開いた薄いロングのホームドレスを着用しました。
パンティも薄っすらと透けて見えています。

しばらくして飲み物を持って行くとゲームに熱中なんです。
私には目もくれずに、やっぱり子供なんだと自分が興奮したのが馬鹿みたいでした。

あんまり夢中なんで少しイタズラしてみたくなったんです。
窓際に立ち透けたパンティラインを強調させてみたんです。

「おばさんの身体見たくない?」
「え?」

彼は手を止め、少し驚いた顔で、

「見たい! 見たいです!!」

と言ったのです。
真剣な眼差しでした。

「じゃあ 約束してくれる? 誰にも今日の事は言わないとね」
「はい、絶対に約束します」

私はパンティを脱ぎベッドに横になったんです。
彼は服を捲り、私のおまんこをまじまじと見ています。
私はよく見えるように、おもいっきり足を広げ、
自ら太もも抱え腰を浮かせ丸見えにしました。

「凄い……こんなになってるんだ」

私のおまんこは濡れていました。
愛液が流れ出ているのがわかるんです。

「入れたいなら、入れてもいいのよ」

彼は急いでズボンを脱ぎました。
まだ半包茎の白いチンコでした。
それを入れてくるのです。

挿入位置がわからないようで、手間取っていました。
私が手を添えて、ここよと言わんばかりに導くと、
一気に挿入してしまいました。

ずぶずぶずぶっと、侵入してきたのです。
まだまだ大人のサイズじゃありません。
私の大人のおまんこが満足できる代物ではありませんでした。

それでも彼は、一生懸命に腰を振っているのです。
そして、「ううぅ・・・」 とうめきました。
おまんこのなかに、熱い飛沫が飛び散るのを感じました。

彼はなぜか、涙目になっていました。

「また、ヤリたくなったら、いつでも言いなさい」

と言ってあげました。
できるのなら、私の満足できるおちんちんになるまで、
成長を見届けたいと思っています。









田舎の少年たちとエッチした淫らな人妻

2019.04.10.Wed.16:38
K.O(45歳)

昔から、10~14才位の男の子に興味がありました。
そんな私が去年の夏の終り頃に、素敵な経験をしました。
それは、いたいけな少年を、淫らな私が、悪戯してしまったことです。
一人旅で山に行き、山道を散歩していたときのことです。

途中で河原に降りる道がありました。
私は河原まで降り、歩きました。
有名な所ではなかったので人気はありませんでした。

暫くすると、川遊びをしている8人の少年達がいました。
私はその子達に近付き声をかけたのです。

「何してるの?」
「遊んでる」

少年たちは元気良く答えてくれました。
私は時折、話かけながら、その子達が遊んでいる姿を見ていました。

暫くすると、一人の少年が声をかけてきたのです。

「おばさんも見てないで遊んだら」
「濡れちゃうから・・・」
「ズボンを脱げば大丈夫だよ」
「そうね。シャツとズボンを脱げば大丈夫ね」

興味のある年頃の子達だし、悪戯心も湧きだしました。
木陰の方に行きました。
木陰でシャツとズボンを脱ぎ、ブラを外して、
白のタンクトップとパンティだけになりました。
そして少年たちの所に戻ったのです。

私が戻ると、少年達はびっくりした顔で私を見てました。

「さあ、一緒に遊ぼう」

声を掛け、一緒に川遊びをしました。
途中、肌に張り付き、透けて丸見えになった私の乳房やお尻に、
熱いくらいの視線を感じました。

私はその視線を楽しみながら、
時折、少年達に胸を押し付けたりして楽しんでいました。
そして、とうとう、我慢出来なくなってしまったのです。

「ねぇ、さっきから、おばさんばかり見てるけど、女の人の裸に興味があるの?」
「・・・」
「おばさんで良ければ見せて上げても良いわよ」
「本当?」
「本当よ。おばさんの裸見せて上げる」

岩に座り、タンクトップとパンティを脱ぎました。
足を大きく開き、手招きしました。

少年達は私の前に群がり、口々に・・・

「すげぇ~」
「ちょっと、グロくない?」

と言いながら、私のアソコを凝視しました。
私は見られている興奮と、時折あたる息で軽くイッてしまいました。

「うわぁ~。なんかでてきたぁ~」
「ションベンかぁ」
「きたねぇ」

少年たちが言って来たので、

「女の人はね、興奮したり、気持ち良くなったりすると、愛液が出るのよ。
 汚くないから触ってご覧なさい」

すると、恐る恐る一人の子が触り始めると、次々と触り始めました。

「おっぱいも触って良いわよ」

少年たちは一斉に触り始めました。
私は、ぎごちなく乱暴な手の動きに、何度もイッてしまいました。
私は、朦朧とした意識の中で、
この機会を逃したら、一生こんな事ないわと思い、
目の前に居た男の子を引き寄せたのです。

水着を降ろし、おチンチンを咥えました。

「このまま、気持ち良くして上げるから、このまま」

少年は大人しくなりました。
暫く、しゃぶってると・・・

「あっあっ・・・出る」

声と共に、口にどろっとザーメンが出されました。

「すげぇ気持ち良かった」
「俺も俺も」
「順番にね。他の子は、おばさんのおっぱいとか触っててもいいからね」

一人の子が私の前に立ち、他の子は私の両脇や後ろに回り触り始めました。
全員の子のをしゃぶり終わる頃には、
口の中や顔中がザーメンでベタベタでした。

私は、熱病の様に頭がボゥーとしながらも、

「今度は、おばさんのココに入れて」

と一人の子を招きました。
私が男の子のおちんちんを手で指導しながら、
私のアソコに導きました。
男の子のおちんちんがアソコに入った瞬間、
頭の先から爪先まで、物凄い快感が走り、私はイッてしまいました。

その後は、他の子達のもアソコに導きました。
全員の子達が私のアソコに中出しし、
私は息も絶え絶えにぐったりしてしまいました。

「おばさん、もっとしてもいい」
「おばさんを好きにして、目茶苦茶にして」

一斉に私に群がりました。
何度も何度もイき、狂った様に腰を振り、声を出してました。

そしてとうとう、意識を失ったのです。
私が意識を取り戻した頃には、
辺りが暗くなり、誰も居ませんでした。

まるで夢のようなひと時でした。
でも夢ではないことは、私のアソコが知っています。







童貞の高校生とエッチして妊娠中絶

2019.04.06.Sat.17:06
A.U(30歳)

私はバツイチの30女です。
パート先の高校生アルバイトと懇ろになり、
彼の子供を妊娠したことがあるのです。

最初は、童貞をつまみ食いする火遊びのつもりでした。
だって、30歳って、ヤリタイ盛りじゃないですか?
それに、恋愛や結婚も、少々うんざりしてたから、
童貞の男の子で性欲解消するのが一番イイと思ってたんです。

だけど、高校生ってイザ身体の関係が出来ると、
見境も無しに求めてくるのは計算外でした。

性欲があまりすぎているんですね。
放出しても、次から次へと、精液を製造しているのでしょう。
まるで無尽蔵。
尽きることのない欲望・・・
そんな感じでした。

コンドームを嫌がるのも意外でした。
外に出すから生でやらせてくれって言われ、
安全日との境だったので応じた私も迂闊だったんです。

案の定しっかり中出しされてしまいました。
なにせ、若いから、こらえることができないんですね。

「出そう・・・」

と言った瞬間、もう放出ですよ。
ちょっとは我慢しなさいっての!

彼をはねのけて、あわててシャワーしたけどもう遅かったみたいです。

彼が終わった後1~2分間気持ちよさのあまり余韻に浸ってしまい、
出遅れたのが不味かったんでしょうか?

後でさんざん怒ったけど、もう後の祭り。
彼はへらへらしていました。
バツイチ女を抱くくらいの高校生ですから、
本当にいい加減で適当な男の子です。

だけど、今度のことで彼にはキツイお灸をすえときました。
妊娠が確定してから、

「貴方の子供を妊娠したわ」
「生まれる前に籍を入れてね」
「貴方がどこへ行こうと、どこまでも追いかけて行くわ」
「最低でもDNA検査をして、認知はしてもらうわよ」

呪いのように何度も繰り返して聞かせました。

そしたら、彼の親がお金を持ってきたんです。

突っ返すつもりだったけど、
この年で今更高校生の子供は産めないし、
彼との結婚も現実的でないというか絶対いや。
こんなぐうたらな男の子、どうせろくな大人になりはしないし・・・。

ということでお金をもらって中絶し、彼とは別れました。

その後も何人かの若い子と付き合ったけど、
セックスの主導権は自分が握るようにしています。
そうしないと、また同じ展開になりかねません。

最近の若い子はAVの見過ぎで、
顔射がしたいとか
精液を飲めとか、
勝手なことを言ってきます。

なんだか、日本の将来がとっても不安なのです。