FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







中学生童貞をいただく淫らな人妻

2019.04.20.Sat.15:59
S.A(38歳)

私には秘密があります。
実は息子の友達に体を許してしまったのです。
彼はまだ、中学三年生、童貞でした。

我が家にゲームをしに来る息子の友達がいます。
その中に一人が、ゲームに関心がないらしく、
ベランダに干してある洗濯物をじーっと見つめているのです。
きっと、私の下着を見ているのでしょう。

トイレの帰り、洗濯籠の中の私のパンティを取り出したのを見つけました。
汚れた股布部分を広げ見ていたんです。

「何をしているの?!」
「ご・・・ごめんなさい!」

彼は下を向いたまま私の顔を見れないでいました。
あまり責めるのも可哀想に思いました。

「どうして、おばさんのパンツを見たの?」
「ごめんなさい。綺麗なおばさんが好きなんです」

これって恋の告白でしょうか?
まだ中学生の彼が、私のようなおばさんを綺麗で好きだなんて……。
彼がいじらしくなってしまったんです。

「もうこんな事したらダメよ」

と言って胸で抱きしめてあげました。
彼は少し元気を取り戻し息子の部屋へと向かいました。

それから一週間後のことです。
息子が塾へ行ってる時間に彼が訪ねてきたんです。
息子が塾に行っていることは知っているはずなのに……。
とりあえず、家に入れたのです。

夫も出張で数日帰りません。
彼と二人だけになりました。
なぜか私は興奮していました。
私を好きだと言った事が本当か試してみたくなったんです。

彼が二階の息子の部屋でゲームをしてる間にシャワーを浴びました。
セクシーな夜用のTバック下着を着けました。
ノーブラで胸元の開いた薄いロングのホームドレスを着用しました。
パンティも薄っすらと透けて見えています。

しばらくして飲み物を持って行くとゲームに熱中なんです。
私には目もくれずに、やっぱり子供なんだと自分が興奮したのが馬鹿みたいでした。

あんまり夢中なんで少しイタズラしてみたくなったんです。
窓際に立ち透けたパンティラインを強調させてみたんです。

「おばさんの身体見たくない?」
「え?」

彼は手を止め、少し驚いた顔で、

「見たい! 見たいです!!」

と言ったのです。
真剣な眼差しでした。

「じゃあ 約束してくれる? 誰にも今日の事は言わないとね」
「はい、絶対に約束します」

私はパンティを脱ぎベッドに横になったんです。
彼は服を捲り、私のおまんこをまじまじと見ています。
私はよく見えるように、おもいっきり足を広げ、
自ら太もも抱え腰を浮かせ丸見えにしました。

「凄い……こんなになってるんだ」

私のおまんこは濡れていました。
愛液が流れ出ているのがわかるんです。

「入れたいなら、入れてもいいのよ」

彼は急いでズボンを脱ぎました。
まだ半包茎の白いチンコでした。
それを入れてくるのです。

挿入位置がわからないようで、手間取っていました。
私が手を添えて、ここよと言わんばかりに導くと、
一気に挿入してしまいました。

ずぶずぶずぶっと、侵入してきたのです。
まだまだ大人のサイズじゃありません。
私の大人のおまんこが満足できる代物ではありませんでした。

それでも彼は、一生懸命に腰を振っているのです。
そして、「ううぅ・・・」 とうめきました。
おまんこのなかに、熱い飛沫が飛び散るのを感じました。

彼はなぜか、涙目になっていました。

「また、ヤリたくなったら、いつでも言いなさい」

と言ってあげました。
できるのなら、私の満足できるおちんちんになるまで、
成長を見届けたいと思っています。









田舎の少年たちとエッチした淫らな人妻

2019.04.10.Wed.16:38
K.O(45歳)

昔から、10~14才位の男の子に興味がありました。
そんな私が去年の夏の終り頃に、素敵な経験をしました。
それは、いたいけな少年を、淫らな私が、悪戯してしまったことです。
一人旅で山に行き、山道を散歩していたときのことです。

途中で河原に降りる道がありました。
私は河原まで降り、歩きました。
有名な所ではなかったので人気はありませんでした。

暫くすると、川遊びをしている8人の少年達がいました。
私はその子達に近付き声をかけたのです。

「何してるの?」
「遊んでる」

少年たちは元気良く答えてくれました。
私は時折、話かけながら、その子達が遊んでいる姿を見ていました。

暫くすると、一人の少年が声をかけてきたのです。

「おばさんも見てないで遊んだら」
「濡れちゃうから・・・」
「ズボンを脱げば大丈夫だよ」
「そうね。シャツとズボンを脱げば大丈夫ね」

興味のある年頃の子達だし、悪戯心も湧きだしました。
木陰の方に行きました。
木陰でシャツとズボンを脱ぎ、ブラを外して、
白のタンクトップとパンティだけになりました。
そして少年たちの所に戻ったのです。

私が戻ると、少年達はびっくりした顔で私を見てました。

「さあ、一緒に遊ぼう」

声を掛け、一緒に川遊びをしました。
途中、肌に張り付き、透けて丸見えになった私の乳房やお尻に、
熱いくらいの視線を感じました。

私はその視線を楽しみながら、
時折、少年達に胸を押し付けたりして楽しんでいました。
そして、とうとう、我慢出来なくなってしまったのです。

「ねぇ、さっきから、おばさんばかり見てるけど、女の人の裸に興味があるの?」
「・・・」
「おばさんで良ければ見せて上げても良いわよ」
「本当?」
「本当よ。おばさんの裸見せて上げる」

岩に座り、タンクトップとパンティを脱ぎました。
足を大きく開き、手招きしました。

少年達は私の前に群がり、口々に・・・

「すげぇ~」
「ちょっと、グロくない?」

と言いながら、私のアソコを凝視しました。
私は見られている興奮と、時折あたる息で軽くイッてしまいました。

「うわぁ~。なんかでてきたぁ~」
「ションベンかぁ」
「きたねぇ」

少年たちが言って来たので、

「女の人はね、興奮したり、気持ち良くなったりすると、愛液が出るのよ。
 汚くないから触ってご覧なさい」

すると、恐る恐る一人の子が触り始めると、次々と触り始めました。

「おっぱいも触って良いわよ」

少年たちは一斉に触り始めました。
私は、ぎごちなく乱暴な手の動きに、何度もイッてしまいました。
私は、朦朧とした意識の中で、
この機会を逃したら、一生こんな事ないわと思い、
目の前に居た男の子を引き寄せたのです。

水着を降ろし、おチンチンを咥えました。

「このまま、気持ち良くして上げるから、このまま」

少年は大人しくなりました。
暫く、しゃぶってると・・・

「あっあっ・・・出る」

声と共に、口にどろっとザーメンが出されました。

「すげぇ気持ち良かった」
「俺も俺も」
「順番にね。他の子は、おばさんのおっぱいとか触っててもいいからね」

一人の子が私の前に立ち、他の子は私の両脇や後ろに回り触り始めました。
全員の子のをしゃぶり終わる頃には、
口の中や顔中がザーメンでベタベタでした。

私は、熱病の様に頭がボゥーとしながらも、

「今度は、おばさんのココに入れて」

と一人の子を招きました。
私が男の子のおちんちんを手で指導しながら、
私のアソコに導きました。
男の子のおちんちんがアソコに入った瞬間、
頭の先から爪先まで、物凄い快感が走り、私はイッてしまいました。

その後は、他の子達のもアソコに導きました。
全員の子達が私のアソコに中出しし、
私は息も絶え絶えにぐったりしてしまいました。

「おばさん、もっとしてもいい」
「おばさんを好きにして、目茶苦茶にして」

一斉に私に群がりました。
何度も何度もイき、狂った様に腰を振り、声を出してました。

そしてとうとう、意識を失ったのです。
私が意識を取り戻した頃には、
辺りが暗くなり、誰も居ませんでした。

まるで夢のようなひと時でした。
でも夢ではないことは、私のアソコが知っています。







童貞の高校生とエッチして妊娠中絶

2019.04.06.Sat.17:06
A.U(30歳)

私はバツイチの30女です。
パート先の高校生アルバイトと懇ろになり、
彼の子供を妊娠したことがあるのです。

最初は、童貞をつまみ食いする火遊びのつもりでした。
だって、30歳って、ヤリタイ盛りじゃないですか?
それに、恋愛や結婚も、少々うんざりしてたから、
童貞の男の子で性欲解消するのが一番イイと思ってたんです。

だけど、高校生ってイザ身体の関係が出来ると、
見境も無しに求めてくるのは計算外でした。

性欲があまりすぎているんですね。
放出しても、次から次へと、精液を製造しているのでしょう。
まるで無尽蔵。
尽きることのない欲望・・・
そんな感じでした。

コンドームを嫌がるのも意外でした。
外に出すから生でやらせてくれって言われ、
安全日との境だったので応じた私も迂闊だったんです。

案の定しっかり中出しされてしまいました。
なにせ、若いから、こらえることができないんですね。

「出そう・・・」

と言った瞬間、もう放出ですよ。
ちょっとは我慢しなさいっての!

彼をはねのけて、あわててシャワーしたけどもう遅かったみたいです。

彼が終わった後1~2分間気持ちよさのあまり余韻に浸ってしまい、
出遅れたのが不味かったんでしょうか?

後でさんざん怒ったけど、もう後の祭り。
彼はへらへらしていました。
バツイチ女を抱くくらいの高校生ですから、
本当にいい加減で適当な男の子です。

だけど、今度のことで彼にはキツイお灸をすえときました。
妊娠が確定してから、

「貴方の子供を妊娠したわ」
「生まれる前に籍を入れてね」
「貴方がどこへ行こうと、どこまでも追いかけて行くわ」
「最低でもDNA検査をして、認知はしてもらうわよ」

呪いのように何度も繰り返して聞かせました。

そしたら、彼の親がお金を持ってきたんです。

突っ返すつもりだったけど、
この年で今更高校生の子供は産めないし、
彼との結婚も現実的でないというか絶対いや。
こんなぐうたらな男の子、どうせろくな大人になりはしないし・・・。

ということでお金をもらって中絶し、彼とは別れました。

その後も何人かの若い子と付き合ったけど、
セックスの主導権は自分が握るようにしています。
そうしないと、また同じ展開になりかねません。

最近の若い子はAVの見過ぎで、
顔射がしたいとか
精液を飲めとか、
勝手なことを言ってきます。

なんだか、日本の将来がとっても不安なのです。








年下の童貞くんを襲った淫らな人妻

2019.03.14.Thu.15:35
M.O(32歳)

私、年下の男性が好きなんです。
リードしていってくれるような年上の男性は苦手です。
まったく感じません。
男性をリードして、あるいは自由にして感じるタイプなんです。

もちろん夫も五つ年下です。
けれど最近、年下願望がエスカレートするばかり。
夫では満足できなくなってしまいました。

ですから不倫しています。
今の彼は12歳も年下なんですよ。
私にぴったりの男の子です。

実は彼、友達の弟なんです。
家に遊びに行ったときに好きになり、
私の方からアタックしました。

私、電話で彼を呼び出して、
私の部屋に連れ込んで犯してしまいました。
うれしいことに、彼はまだ童貞でした。

まだ、女性に触れたことがなかったのです。
裸で抱き合うとき、彼ったら震えちゃってるの。
かわいくて仕方がありませんでした。

乳首をなめてあげると、すごく敏感に感じていました。
まるで処女の女の子みたいですね。

そして、おちんちんは、すごく硬く勃起するのです。
まだ、おまんこに入ったことのないおちんちんです。

私が初めての女になるのかとおもうと、
ドキドキしちゃいました。

まずは、味見ですよね。
お口で咥えると、さらに大きくなったような気がします。
唾液をいっぱいからめて、くちゅくちゅとフェラチオしてあげました。

まだピンク色した亀頭を舌で舐め回し、
くびれた所に舌を絡ませ、喉の奥まで飲み込みます。
それからタマを交互に吸います。
彼ったらあえぎ声がおおきくなったんです。
感じちゃってるのね。

そしてアナル攻撃です。
アナルを指でやさしく刺激しながら
少しずつ中に埋め込んでいきます。

出し入れさせながら、タマタマを強く吸うと、
アナルがぎゅっと締まるんです。

そのころには、ペニスに血管が浮き出し、
先端からオツユがこぼれます。

彼の手をとって、私の股間に導きます。
指がプッシーに触れ、私は興奮しているけれどガマンします。
震えながら入ってくる彼の指が、肉をかきわけ奥に向かってきます。
震えが肉襞に伝わり、
その刺激にジンワリと愛液が湧いてくるのがわかりました。

彼に脚を開かれ、おまんこの奥深くに指を入れられました。
とめどなく愛液が流れちゃいました。
シーツがびしょびしょになるくらいにです。

そしておまんこにキスしてもらいました。
クンニングスをいっぱいしてもらったのです。
今度あえぎ声を出すのは私の番でした。
ああぁぁ、すごい・・・すごく気持ちいいんです。

もう、我慢できません。
ハメたいんです。
私が上になって、騎乗位で挿入です。

彼のおちんちんが下から突きあがると、
電気が走ったように感じちゃいました。
そして、彼の若いエキスをいっぱいもらったのです。
彼にはもっとエッチを教えてあげるわ。
私をもっと気持ちよくさせてね。