FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







巨根の童貞くんとヤル淫らな人妻

2017.07.02.Sun.16:11
A.Y(30歳)

私は30歳の専業主婦です。
夫は某大手企業のエリート幹部候補生です。
只今海外へ3年前から赴任しております。
実家も会社を経営していて、経営状態は順調です。

私は、いわゆるお嬢様として育てられました。
会社勤めなどした事ありません。
そういう家庭で育ったので、
父は結婚した今でも私に月々数百万の援助をしてくれています。
なんの不自由もない生活です。

けれども、ただひとつ・・・
セックスだけは・・・。

夫が海外へ赴任して暫くした頃からでしょうか。
夫と毎日のようにしていたので男性が恋しくなりました。
エッチがしたくて、たまらないのです。

出会いサイトで逆援で募集しました。
お金なら、いくらでもありますからね。

毎日のように沢山のメールが来るようになりました。
その中で週に3人ペースで会うようになって、
エッチを楽しんでいました。

夫とはSEXは、相性がとてもよかったです。
ですから結婚してからは浮気や遊んだりはしていませんでした。

セックスのエクスタシーを知った体は、
我慢などできるものではありません。
男無しではいられないくらい淫乱な女になっていたのです。
夫に対して少し罪悪感がありますが、
男遊びはやめられません。

会った男性の中に
メールでは経験豊富な振りした童貞君がいました。
しかし、その嘘もメールまでです。
あったときに白状してきました。

自分は童貞で筆おろしをして欲しいとお願いしてきたのです。
年は23歳でいかにも気が弱くて大人しい男でした。

しかし、かなりの巨根なのです。
見ているだけで、濡れてくるほどでした。
まず、私が下着姿になり、童貞君を立たせ、
私が膝まづいて彼の巨根を咥えました。
口に入れるとさらに大きくなり咥えるのが大変でした。
舌で舐めているときです。

「もう出ちゃう・・・」

と言っていきなり顔射されてしまいました。
すごい量の精液でした。

しかし彼の巨根は萎えること知りません。
巨根の状態を維持しているのです。

フェラだけでも2回いきました。
さすがに2回出すと少し萎えてきました。
今度は私が裸になって、彼に私の体を愛撫するように促しました。

彼は舌や手で胸やあそこを荒っぽく、
そして下手な手つきで触ってきてました。
いくら教えても、上手にはなりません。

緊張して、私の声が届いていないみたいです。
しかし、時折私の太腿に当たる巨根が、
私を感じさせ濡れてきました。

入れたくて、入れたくて、仕方がないのです。
彼に挿入をまかせると、これだけの巨根ですから、
とんでもないことになりそうです。
私が主導の騎乗位で挿入を試みました。

大きなおちんちんが私の身体を貫きます。
一気には入りません。
少しづつ、少しづつ、ゆっくりと入れるのです。

私の肉路が押し広げられる感覚がわかります。

本当に、こんなにおおきなおちんちんが入るのかしら?

しかし、そんな不安は、いりませんでした。
まるで飲み込むように、おちんちんは私の中に、納まったのです。
けれども、私の体の中に、おちんちんが充満しているような感覚でした。
そして、腰を振ってみました。

「ああぁぁ・・・おっきいぃ・・・」

初めての大きさに、私は酔いしれました。
これだけ大きいと、彼のテクニック不足は関係ありません。
私は夢中になって、腰を振り続けました。
そして、彼は私の中で、果てたのです。











フィリピンの若い男の子とカーSEXする淫らな人妻

2016.10.09.Sun.15:51
K.Y(44歳)

夫とはもう何年もSEXしていません。
夫に浮気相手がいることはうすうす感じていました。
けれども、離婚に踏み切る勇気がないのです。

私も浮気をと考えているのですけれど、
どういうふうに相手を見つければいいのかわかりませんでした。

夫は小さいながらも工場を経営しています。
私は経理を担当しているのです。

人件費節約のため、外国人を雇っています。
そのなかに、まだ18歳のフィリピン人がいます。

濃い目の顔が、なんとなくそそったため、
私は彼を誘ったのです。

「いつもがんばっているからお食事でもごちそうしようかしら」

彼は何の疑いもなく、了解しました。

夫はもう出かけていました。
私たちも、外食に出かけました。
食事の後、車の中で、彼の股間をそっと触りました。
彼は突然のことで、驚いた様子でした。

「こんなおばちゃん相手じゃ、ダメかしら?」
「ソンナコトナイです。オクサン、キレイです」

私は、人目のつかない寂しげな場所に車を止めました。
そして、彼と激しくキスをしました。

すると、私以上に彼のほうが興奮して、
私を力強く押し倒したのです。
まるで、強姦でもされるかのよう。
私が望んでいたシチュエーションでした。

私もすごく興奮して、
パンティをグッショリと濡らすほどでした。

私たちは、下半身はさらけ出し、合体を試みました。
せまい車の中でしたので、うまくいきません。
そしてなによりも、彼が初体験だったようなのです。

「大丈夫よ。あわてないで、私にまかせなさい」

私は、彼をゆっくりとリードして、
私のアソコに肉棒を、ズブズブと挿入したのです。

カチンカチンの若いおちんちんが、私の中を貫きます。
その刺激は、脳天まで届きそうでした。

私たちは、激しく動きました。
車がグラグラを大きく揺れていたことでしょう。

狭い中、窮屈な体勢で行なうSEXは、
すごく刺激的で、ものすごく興奮したのです。

それからというもの、私たちは週に二回は、
SEXする間柄になったのです。










童貞クンにSEXを調教

2016.07.27.Wed.15:57
H.H(27歳)

結婚して5年も経つと、夫とのSEXでは物足りなくなりました。
というより、夫がかまってくれなくなったと言ったほうがいいかもしれません。
そこで、私は浮気に走ったのです。

出会い系サイトで、大学生の男の子と知り合いました。
メールのやり取りから、彼が女に不慣れなことが想像できました。
満足いくSEXができるか不安だったのですが、とりあえず会うことにしたのです。

お茶を飲みながら話していると、どうやら彼は童貞のようでした。
近頃、珍しいわと思ったのですが、童貞とSEXする機会なんて、
もうないかもしれないと思い、ホテルに向かったのです。

彼は緊張しすぎて、おちんちんが立たない状態でしたが、
私のフェラチオで瞬く間に大きく勃起しました。
私のテクニックも捨てたものではないですね。
手に取り、足を取りで、私は彼にSEXを教えたのです。

でも、普通に教えてもつまらないでしょ?
私の願望どおりに教えたのです。

クンニは30分以上、休みなく続けること、と言ったら、
彼は頑張って、私の股間に顔をうずめていました。
不器用な舌だったけれど、その真面目な態度に、感じちゃったわ。

いざ、SEXでも、正常位じゃつまらない。
立ちバックや、駅弁ファックなど、
私の経験したことのない体位ばかり要求しちゃったのです。

私の要求に、彼は見事なまで、答えたのです。
おかげで、その日は、三度もイキました。
彼も、自信を持ったようでした。

もっと育てたら、いいペットになると思ったのに、
それ以後、連絡が取れなくなりました。
これも、ヤリ逃げって言うのかな?








童貞の甥っ子とハメまくる淫らな人妻

2016.07.23.Sat.15:45
K.U(31歳)

甥っ子が高校生の頃のこと・・・8年ほどまえのことです。
当時から私の趣味は若い男の子でした。
子供が欲しかったのですけれど、できなかったので、
よく甥っ子を連れまわしていました。

彼が夏休みに入る直前くらいに、夫の転勤がありました。
私は実家の母の面倒を見ると理由を付けて、夫に単身赴任させました。

彼(甥っ子)が夏休みに入ると、それを良い事に遊びに連れまわしていました。
時には家に泊める事もありましたが、彼は中々手を出してきませんでした。
童貞だろうから仕方がないのかもしれません。

そこで、私はかなり挑発的なほとんど下着同然の透けているネグリジェを買って、
彼が泊まりに来た日に、身に付けて、先に寝た振りをしました。

すると、彼は私の寝室に入ってきました。
もぞもぞっとベッドの布団に手を入れてきて、ベッド際には彼の気配がありました。

彼の鼻息が荒くなっていくのと同時に、手は私の下着に入ってきました。
私はそのまま寝た振りを続けていました。

意外にも彼の手は、私の中を優しく、時には激しく愛撫してくれ、
思わず声を上げてしまいました。

彼は調子付いたのか、鼻息は荒いものの、
黙ったまま、手を動かし続けていました。

私は我慢できなくなり、ベッド際の彼に抱きついてしまったのです。
そして彼にキスをしていました。
熱いキス・・・深いキス・・・舌と舌が絡み合いました。

彼の手は徐々に激しさを増していきました。
もう少しと言うところで、彼は他の部分を触ってきて、
かなり焦らされているような感覚に陥りました。

私の理性はほとんどなくなっていて、彼を求めていました。
しかし、彼はズボンすら脱ごうとしないばかりか、
立ち上がろうともしないのです。

私は自分から彼の股間に手を伸ばしているうちに床に落ちてしまいました。
彼の上に乗った感じの私は、ズボンから彼のおちんちんをひっぱり出しました。
そして、パクンと咥えこんだのです。

ベルトもズボンも私が脱がし、床に寝ている彼の上に乗り、
私は無心に彼の上で腰を振ってました。

彼からしたら、私は初めての女性なのです。
それなのに、想像以上に長持ちしました。
これって、私のおまんこがゆるいのかしら?
それとも、彼が激しいオナニーをやりすぎて遅漏になっているのでしょうか?

それでも結局、最後は中に出されてしまいました。
腰を浮かせると、太ももには彼の精液が垂れてきているのが分かりました。

絨毯の上にぼとっと精液が垂れました。
かわいい彼のおちんちんを私はまた頬張りました。
そして2回目も私から求めたのです。

今度は彼主導でした。
私は持ち上げられ、夫では味わえない若さを感じるようなHが出来ました。
でも、まさか、一晩に4回もやるとは思えませんでした。
彼は溜まっていたのでしょうね。

さすがに彼も疲れてしまったらしく、そのまま全裸で二人とも寝てしまいました。
それ以来、夏休み中にほぼ毎日のように、
夜だけではなく昼間も彼に抱かれる日々を過ごしました。

ところが、夏休みが終わると急に寂しくなってしまいました。
寂しさが募ると、彼の学校まで迎えに行ってしまい、
私服に着替えさせてホテルに行ったり、
私の家に連れ込んだりしました。

私のスケベなおまんこは、
彼のおちんちんなしでは、いられない状態になっていたのです。

彼が高校を卒業する頃、大学への進学も決まりました。
彼が都会で一人暮らしをすることになりました。

夫の単身赴任も終わってしまい、彼とは終わりかな・・・と思っていたけども、
私の体が彼の仕様になってしまっているのです。

月に1回くらいのペースで彼と遊んでいました。
そうこうしている内に、今度は彼の住む町に夫が転勤になり、
彼の家の近くに引っ越す事になりました。

その頃には、優秀な彼はほとんど学校にも行かず、
彼がバイトをしない代わりに、私の相手をするという条件で、
私のへそくりから彼にお小遣いをあげていました。

彼が来るという日には、私は朝からすでに濡れてしまっている女にもなり、
夫を送り出した後、待ちきれずに彼に連絡を取り、彼を呼び込む・・・。

そんな日々も長くは続くわけも無く、彼は私から離れるように、
就職し、今では海外で活躍する営業マンとして頑張っています。

彼以来、若い男性に会いましたが、
しっくりこないので、肉体の関係になった人は一人もいません。

今でも、一人で慰める時には、
いや、夫との行為の最中ですら、彼のことを思い浮かべています。