FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







二十歳の童貞クンを誘惑した淫らな人妻

2018.05.22.Tue.15:12
M.M(30歳)

生まれて初めて童貞の男の子とエッチしました。
独身時代なら、童貞の男の子とセックスなんて、
できなかったと思います。
人妻の余裕から、童貞の男の子を、
おいしくいただけちゃったんでしょうね。

ある日こと。
昼間に男の子が遊びにきました。
彼は大学生で、まだ二十歳です。

今まで何度か来た事があるんですけど、
肉体関係はありませんでした。

世間話や、相談に乗ったりしてたんです。
その日は、就職活動の相談にのってあげたりしていました。

彼に対して、「オトコ」 を意識することはありません。
「オトコ」 というよりは弟いう感じです。

背は高いけれど、ひょろっとしています。
青白くて、気が弱いんです。
間違いなく・・・童貞です。

彼に恋人がいたなんて聞いたことがないですし、
逆ナンされるタイプでもありません。
そして、風俗に行くような子でもありません。

私・・・その日はどうかしていたのでしょう。
夫と、しばらくエッチしていなかったせい?
魔がさしたとしかいえません。

私はその日、頑張ってました。
つまり、外観から色気を振りまいていたのです。

ミニスカートをはいて、太ももを見せつけました。
むっちりとした、白い太ももは、
自分でいうのもなんですが、かなりセクシーです。

白いブラウスのボタンを2つ目まで外していました。
胸元を見せつけるのです。
私、けっこうおっぱい大きいんです。
胸の谷間もくっきり見えます。

案の定、彼はいつもと違う私に見とれています。
直視できないようで、目がきょろきょろしている・・・。
もう! 見てもいいのに!
でも、かわいいわ。

ケーキを食べながら他愛の無い話をしていました。
わざとフォークをテーブルの下に落としてみました。
彼の方にうまく転がり拾ってもらう事になったのです。
計算通りです。

私はだらしなく 、足を開きました。
彼が拾ってくれるのを待ちます。
すごく緊張しました。
なんだかじっと見られてるようなんです。
熱い視線で、おまんこが熱くなっちゃう・・・。

私って、いけない人妻ね。
こんなに悪い女で、ごめんなさいね。
いけない事をしている思いで、
かなりエッチな気分になってました。

その後も、前かがみになって胸元を見せたり、
スカートの奥が見えるようにしてあげました。
あきらかに動揺している彼。
でも、おろおろするだけで、私に手を出すわけでも、
身体に触ってくることもありません。

そうですよね。
だからこその、
二十歳の童貞なんですよね。

奥手な彼はドギマギするだけなんです。
私はとうとう我慢できませんでした。
だから、私から手を出したのです。

彼のアソコに手を伸ばしてしまいました。
アソコって・・・つまり股間です。
おちんちんです。

案の定、もうカチンカチンなんです。
若い男の子っていいわねぇ~。
こんなに硬いんですもの。

すると、彼が意外な行動に出たのです。
こうなることを予想していたのでしょうか?
カチカチのおちんちんにふれると、
すぐ私の胸に手が伸びてきたのです。
私の胸を揉むのです。

「あぁん・・・ダメ・・・」
「え? ・・・ごめ・・・」
「ううん、いいの。もっと触って・・・」
「はい・・・」

彼が服の中に手を入れてきました。
ブラも通り越して、直に触ってきます。
乳首を、指でツンツンされて・・・
あぁ~ん・・・すごく、いいわぁ~。

彼はいつまでも、胸ばかり揉み続けているのです。
もちろん、それも気持ちイイのですけれど、
やっぱり、おまんこも触ってほしい・・・

ひょっとして、彼は、これからの行動を、
思いつかないのではないでしょうか?
そう思った私は言いました。

「ベッドに行こうか?」
「いいですか?」
「そのかわり、気持ちよくさせてくれなきゃ、だめよ」
「でも・・・僕・・・初めてだから・・・」
「大丈夫。全部、教えてあげるから!」

彼の手を握りしめ、寝室に向かいました。
彼の手が、ちょっと震えていました。

さあ、ベッドです・・・
ここから、先は、内緒です。
教えてあげません。

ただ、二人とも異常に興奮してしまいました。
彼は4回も、私のおまんこに、放出したのです。











童貞大学生を見事に成長させた淫らな人妻

2018.05.20.Sun.15:52
H.A(24歳)

結婚一年です。
もう不倫しちゃってます。
独身のころから、一人の男じゃ満足できなかったんです。
仕方がないですよね。

夫には悪いと思っています。
ですから、同じ人と何度もセックスしないようにしてきたんです。
ところが・・・。

今、一人の男性にハマちゃってます。
19歳の大学生です。
バイト先で知り合ったんですけどね。

ハマった理由ですか?
それは、彼のセックステクニックが、
回数を重ねるたびに上達するからです。
その成長ぶりを見届けたいのです。

出会ったとき、彼は童貞でした。
お話するだけで顔を赤らめる純情青年だったのです。
そんな恥ずかしがり屋さんを誘ったのは私のほうです。

人妻といえでも、24歳ですから、お姉さんみたいなもの。
しかも、逆ナンなんて、普通にやってたから、
簡単に彼は堕ちました。

ホテルに入って、彼をからかいながら抱いたのです。

「ねえ、おまんこ、見たことあるの?」
「え? ないですよ」
「お姉さんのおまんこ、見たい?」
「べ・・・べつに・・・」
「無理しちゃって・・・いいのよ、見ても。ほら・・・こうなってるの」

私は股を開いて、割れ目を開かせ、彼に魅せつけました。
彼は真っ赤な顔でジッと覗き込むんです。
その視線だけでジンワリきちゃったりするんです。

「ね? 触る? それとも舐める?」
「どっちでも・・・」
「じゃあ、舐めて・・・舐めなさい!」

彼ったら、私の股の間に顔を突っ込んで、
一生懸命にぺろぺろ舐めるんです。

もうね・・・私のいいなり。
エッチなペットなの。

おまんこの穴を舐めさせたり、
ビラビラを唇で挟ませたり、
クリトリスを突かせたり・・・。

私はクリトリスを優しく舐めてほしいの。
特に皮が被ってる辺りをペロペロされるのが一番好き!
はっきり言って穴には舌を入れられたくらいじゃ感じません。
穴にはオチンチンとか指で攻めるところです。
それも激しくね。

彼は私の言うとおりに動くから、
私もだんだん感じてきちゃって・・・。
童貞の男の子にイカせてもらっちゃったわ。

それからというもの、何度も、何度も、彼とエッチしたんです。
そうなると、彼のほうも、だんだん上手になってくるんです。
指示なしでも、私をイカせてくれるの。

「こういうの・・・好きでしょ?」
「あぁん・・・もう・・・上手なんだからぁ」
「舌だけでイカせてあげるよ」
「あああぁぁ~~ん!!」

おちんちん挿入する前に、三度くらいイカされるの。
もちろん挿入してもすごいのね。
若いから、ちょっと早めの射精だけれど、
すぐ復活するから、頼もしいわ。

最近、私以外の女がいるみたいなのね。
同じ大学の女の子をつまみ食いしてるみたいなの。
私は、既婚者だから、文句は言えないけどね。

「大丈夫。○○さんよりエロい女の子はいませんから」

それって、ほめ言葉?
まあ、いいわ。
君が別れたいって言っても、別れてあげないんだからね。
もっと、もっと、私をイカせて!










娘の彼の童貞を奪う淫らな人妻

2018.05.06.Sun.17:25
A.S(36歳)


私は専業主婦歴16年の36歳、
中学3年になる娘が一人います。
夫は42歳で最近は夜の営みはほとんど有りません。

娘のボーイフレンドが時々、家に遊びにきます。

相手も14歳の中学3年生ですが、イケメン中学生です。
ある日、その彼が訪ねてきました。

娘がたまたま友人と出かけていたのですが、
直ぐに帰るってくるからとだまして、家に上げました。
本当はその日は友人の別荘に出かけて、一晩泊りの筈でした。

「暑いわね」と言いながら、
「シャワーでも浴びようかしら」とお風呂場に行きました。
私、Eカップサイズの巨乳なんです。

ゆらゆらとオッパイを揺らせて、
バスタオルを巻いてお風呂から上がりました。

「あなたも入らない?」と言いお風呂場に案内しました。
その日は異常気象のせいか、とても暑かったのです。
湿度も高くて、汗ばかりかいちゃうくらいに。

汗だくの彼も、素直にお風呂に入りました。
15分ぐらいで上がってきました。
私は意識して、バスタオルの下には何も着けずに全裸でした。

ノーブラ乳房は、魅力的な弾力ある肉感をしています。
それを見た彼は、股間をもっこりさせていました。

応接間のソファに向かい合わせで座っていたのに、
隣に行き直ぐにバスタオルをはらりと外しました。
彼の短パンに手を掛けて・・・。

「娘は夕方まで帰らないから」
「え?・・・」

ソファの上に裸で寝そべり誘惑しました。
彼は脱がせて全裸にしました。
贅肉のないきれいな身体です。

彼は恥ずかしそうに、股間を両手で隠していました。
その手を、無理やりに私が、退けました。
あぁん・・・可愛い顔して、立派なおちんちんだこと・・・。

「まだ、童貞なの?」
「はい・・・」
「おばさんでよければ・・・」

そのままキスをしました。
彼は硬直して、動けないみたいです。
そのほうが、私にとっては好都合でした。

その立派なおちんちんをいきなり口でくわえこみました。
舌でべろべろ舐めていると、勃起力はさらに高まります。

「あっ、あっ、あっオバサン、もうダ、ダメです」

いきなり、物凄い量の精液を口の中に吐き出しました。

「あらあら。そんなに早いと、女の子にもてないわよ」

おちんちんを握り直して上下に擦りました。
3分後には、またも極限にまで膨れ上がり、
おちんちんからの噴出を我慢していました。

「さあここを舐めてごらんなさい」

おまんこを全開で彼に見せつけます。
彼はおそるおそる舐め始めました。
彼の唇と舌が、粘膜の挟間に潜らせて、
ゼリーの様な感触を飲み込みます。

じゅるじゅる・・・

喉の渇きでも癒す様に愛液を飲み下し、恥ずかしい音をたてるのです。

ディープキスを繰り返しながら、
大きなオッパイを握らせて愛撫させます。
そして、脇の下を思う存分に舐めさせました。
もう、やりたい放題に、彼をコントロールするのです。

そしてついに挿入です。
私が上になっての騎乗位です。
夫よりは大きいおちんちんは、入れるのが大変でした。
イキのいい若者の肉剣が年増の私の秘宮をえぐるのです。

「はあぁ~ん・・・・いいわぁ~・・・」
「はぁはぁはぁ・・・」
「まだイっちゃだめよ。先にイったら怒るわよ!」

でも、やっぱり彼のほうが早くイってしまいました。
でも大丈夫です。
彼の若さなら、すぐ復活するのです。
その日、彼は5度も放出したのでした。









息子の友人の童貞を頂く淫らな人妻

2018.04.26.Thu.16:51
K.U(44歳)

私はバツイチです。
20歳になる息子と2人暮らししています。
主人とは10年ほど前に離婚して、
今まで夢中で息子を育ててきました。

セックスしたい日もありましたが、
仕事と子育てを優先して、
自分に言い聞かせてきたのです。

やっと息子も私の手から離れ、
そろそろ私も自由にと思いましたが、もう40歳をすぎてしまいました。

こんなおばさんじゃ、もうどんな男にも振り向いてもらえないとわかっていても、
やっぱりアソコは疼くんです。

息子の部屋にはしょっちゅう友達が来ていて、
溜まり場のような状態でした。

そんなある息子が不在の日に、
一番仲のいい浩二くんが遊びに来たんです。

「今、留守にしてるんだけど」」
「あ、貸した物返してもらうだけなんで、ちょっといいですか?」

と勝手に上がって息子の部屋に入ったんです。

30分ほどしても出てこないので、
どうしたのかなと思ってドアを開けると、
TVを見てたんです。

「まだ帰らないの?」

と声をかけたのですが、気付かないようでした。
というのも、ヘッドホンをしていたからです。

私は、肩でも叩こうと近付いたら、ビックリしました。

だって、TVには裸の男性と女性が……いわゆるAVでした。

私は、見なかったことにしようと、
後退ろうとした時、物にぶつかって、
その時、浩二くんに気付かれてしまったんです。

「お、おばさん」

振り向いた浩二くんの股間はむき出しで、
信じられないほど巨大になっていました。

まだ黒ずんでいない、赤々とした亀頭部が膨らんでいました。
私は、それに釘付けになってしまいました。

「おばさん」

気付くと、私は浩二くんに押し倒されて、
ヌルヌルするアレの先が
太ももに押し付けられていました。

「だめよ」

口では一応は抵抗したものの、
体を動かすことはありませんでした。

浩二くんは、荒々しく私の口にキスをして、
激しくおっぱいを揉んできました。

欲望の赴くままの愛撫・・・
女を感じさせようとするものではありませんでした。
けれども、その乱暴さが、私を感じさせたのです。

その瞬間、私は完全に女として目覚めました。

経験はそんなにあるほうじゃありませんが、
私がリードするように舌を絡めて、
亀頭を包むように手の平で握りました。

手のひらに脈打つ躍動感。
まるで別の生き物のようでした。

ヌルヌルで擦るようにすると

「おうっ」

とうめいてから、

「だ、ダメ、出ちゃうよ」

と言って腰を引きました。

「大丈夫よ」

私は夢中になってしゃぶりつきました。
私の口の中で、さらに大きくなっていく・・・
若さあふれる肉棒なんです。

ジュボジュボ音を立てながら咥えました。
エッチでスケベで淫靡で・・・
そんなフェラチオです。

あっという間に発射してしまいました。
口の中に、青くさい粘液があふれかえりました。
すごく、うれしくて、涙目になってしまったほどです。

浩二くんは少し落ち着いたようでした。
でも、私の体はずっと火がついたまま。

萎えてくる肉棒をまた大きくなるまでしゃぶってから、
私が上になって入れちゃったんです。

浩二くんは童貞でした。
動かずに、じっとしたままなんです。

でも、それでも、かまいません。
私が動けばいいだけの話でなんですから。

私は夢中になって腰を振りました。
おまんこの、一番気持ちのいいところに当たるように、
激しく腰を振ったのです。

私の腰の動きにメロメロで、

「あぁーおばさん、また出ちゃう、また出ちゃう」

と言いながら私の中に発射しました。
その日から、浩二くんは
息子がいない日を見計らって遊びに来るようになりました。