FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







夫の代役に息子のおちんちんをハメる淫らな人妻

2017.06.22.Thu.15:44
K.S(35歳)

私の夫は高校時代の担任でした。
卒業して10年、同窓会に出席した時に再会しました。
私は付き合っていた彼氏と破局したばかりでした。
先生も奥さんと離婚した直後だったのです。

懐かしさも手伝って、お互いの身の不幸を慰め合うことは自然のことでした。
二次会からの帰り、目に入ったラブホに入ってしまいました。
実はこの先生とはまだ在学中に、エッチしたことがあるのです。
しかも、処女をささげた相手でした。

ひさしぶりの先生とのセックスはすごく刺激的でした。
あのころは、うぶだったので、セックスに快感を得られなかったものです。
時が流れ、あれから10人以上の男性とセックスしたことで、
私の身体は、感じやすい体質になったようです。

初体験の時とはうって変わって、私の方から激しく求めてしまいました。
先生の上に乗っかって、自ら腰を振ったくらいです。
感じすぎちゃって、思いっきり大きな声をあげてしまいました。
しかも、おもらししたみたいに、びよびしょに濡れてしまったのです。

それから2年、月に2回は先生と会ってセックスしていました。
先生に当時小学校4年生の息子がいました。
私も先生も結婚したい気持はありましたけど、
息子さんが難しい年ごろだから、見送っていたのです。

その間に、先生の家を訪ねたり、外で会って一緒に食事したりして、
二人の関係を息子さんに認識させていました。
そして、二年後に結婚したのです。

後は夫との間の子供を作る事だけです。
毎月排卵予定日の間は精の付く物を食べさせて熱心にセックスしましたけど、
なかなか妊娠せずに2年が過ぎました。

ある雨の日。
夫の帰りが遅いと思っていたら警察から電話がありました。
夫の車が帰り道で前方から来たトラックに衝突され病院に運ばれたと言う連絡でした。

息子と二人で病院に駆けつけると、
全身を強打した主人は集中治療室で昏睡状態でした。
それでもなんとか社会復帰できるまで回復したのです。
仕事に支障はなく、生活も普通にできます。
しかし、おちんちんが、まったくの不能になってしまったのです。

事故の直後は、ともかく生きて欲しいと思いました。
しかし夜の生活が途絶え、だんだん欲求不満が募っていました。
あれだけ大きかった夫のおちんちんが、今や小学生並みのおちんちんなのです。
オシッコを出す為だけの管に変わっちゃったんです。

二日に一度は主人に不満をぶつけ、夫婦仲も気まずいものになりました。
私の方から離婚も口にするようになりました。

ある夜のこと。
夫の方から抱き付いてきました。
事故後、はじめてのことです。
前戯は昔から凄く上手かったんで、ついついよがり声を上げてしまいました。
そして、久しぶりに、イってしまいました。
夫の胸の上に倒れこんで、快感の余韻を楽しんでいた時です。
突然お尻を持ち上げられたです。

その瞬間、何が起きているのか分かりませんでした。
そして、お尻に硬いものが当たったと思ったら、
ググッと太い物が入ってきたんです。

え? なんで?
不能だったはずなのに・・・今は、すごく勃起している・・・。
夫の顔を見て、驚愕しました。

夫ではない・・・息子だったのです!!

「いやぁ! やめて! やめなさい!!」

叫び声もむなしく、息子は私のおまんこに、おちんちんを突き刺しました。

「だめ、だめ、だめぇ~! だめだったらぁ~!!!」

ブスブスっと奥まで一気に入ってきました。
おっと言う間に子宮にまで届いてしまったのです。
快感がゾクゾクッと背骨を駆け上がっていました。

「俺の代わりに息子のチンコで我慢してくれ」

そう言ったのは夫でした。
夫がそばにいるのです。
愛撫していたのは夫、おちんちんを入れてきたのは息子だったのです。

「そんなの、いやぁ~!」

5年ぶりのおちんちんに擦られる感触がやめられませんでした。
言葉とは裏腹に快感がこみ上げていました。
息子はあっという間に、「で、出る」と悲鳴を上げました。

「あっ、ダメ、中はダメ、外に出して!」
「出せ!そのまま出してしまえ!」
「イク、イクよ!」

息子は私の中に激しく射精してしまいました。
腰を激しく痙攣させながら何度も、何度も射精するのです。
熱い精液を受け止めた瞬間、私はこみ上げる絶頂感に震えていました。








別れた息子とセックスする淫らな人妻

2017.06.16.Fri.15:25
K.U(40歳)

実は私、実の息子と、エッチしちゃったのです。

私は一度離婚していて、その時の息子はもう大学生です。
私には新しい家庭がありますし、
前夫にも新しい家庭があるので、
息子にはしばらく会っていませんでした。

けれども、息子のことは忘れたことなどありませんでした。
新しい家庭での子供は娘だったので、
男の子である息子に、
愛着があったのでしょうか?

ある日、その息子から電話がありました。

もう大学生になったから、
大人として私に会いたいというのです。

私、うれしくなって、会いに行きました。

息子は運転免許取り、車に乗ってきました。
母と息子のドライブデートです。
楽しい、一日でした。
夕方になって、私はもう帰らなくてはいけないと、告げたのです。

ところが、息子が、

「僕、母さんがすきだ。離したくない」

そういって、抱きついてきたのです。

大人になっても、この子は私の息子です。
私、ぎゅっと抱きしめてあげました。

そのときです。

息子の股間が、むくっと大きくなっているのを感じたのです。

私、それに気がついたとき、すごく興奮していました。
自分も股間をしっとりと濡らしていることを、自覚しました。

どちらともなく、キスをしました。
互いに、舌を絡めあい、唾液の交換をするかのような激しいキスです。
息子は、私の胸を揉み続けました。
そして、私のスカートの中に手を入れてくるのです。

「母さん、濡れてるよ」

その一言で、私の理性は壊れました。
息子のおちんちんを引っ張り出すと、
そのまま口に咥えこんじゃったのです。

「ああぁぁ、母さん、気持ちいいよ」

息子が腰を振ってよがりました。

そして、二人して、ホテルに入って行ったのです。
裸になって、いっぱい抱き合いました。

息子のおちんちんは、あの頃見たものとは、まったくの別モノで、
大きく、固く、黒く、そしてしっかりと剥けていました。

大人になったのね……。

そのたくましいおちんちんが、私の中に挿入されたのです。

この肉路は、あなたが生まれてきたところよ……

そう、心の中でつぶやきました。
そして、肉路の中で、息子の精液を、しっかりと受け止めたのです。

プレイが終わった後も、私たちは抱き合っていました。
いけないこととはわかっていても、
やめることはできませんでした。
でも、もう、会わないつもりです。
それが息子のためでもあると思うのです。











近親相姦で家庭を壊す淫らな人妻とその息子

2017.06.14.Wed.15:34
A.K(45歳)

息子は、母親である私しか愛せない人間です。
なぜ、そうなってしまったのかなんて解りません。
しかし、そのせいで、家庭は崩壊しました。

息子が私を愛しはじめたのは、中学生の頃だったと思います。
明らかに私を、性的対象として見ていると感じました。

睡眠中にイタズラも受けました。
夫が出張中の夜でした。
私は寝ていたのですが、胸がもぞもぞすると感じ、
目が覚めたのです。
背後に息子が寄り添っていました。
そして両手を伸ばし、私の胸を揉み続けていたのです。

ただ甘えているだけかと思い、そのままにしていました。
しかし息子の指先は、確実に私の乳首を狙ってくるようになりました。
執拗に触られ、ついには乳首は硬く尖り、感じ始めてしまったのです。
もう少しで、喘ぎ声を発するほどでした。

すると今度は私の股間に手を伸ばすのです。
そこでようやく私は息子の手を払いのけました。
そして叱りましたが、息子が私への興味をなくす事はなかったのです。

私は家庭の中で、息子に襲われないように気を配る毎日でした。

その後、息子の私への性欲を、夫も気づきました。
しかし、夫は、イライラするだけで、何か注意をするようなこともしませんでした。

それ以降、私の家庭の雰囲気は狂っていったのです。
夫と息子の仲は、ほぼ最悪状態となり、会話などなくなりました。
夫は、息子を異常者扱いし、私に何とかしろと言うだけでした。
私にも、どうする事もできないというのに・・・。
家庭の中には冷たい空気だけが流れる始末・・・。

息子には、何度も他の女性を見なさいと言いました。
しかし、息子はまったく聞く耳を持っていなかったのです。
息子は、外見は、けっこういい部類だと思います。
今までも、同年代の女子にラブレターなどもらっていたはずです。
それなのに、どうして、よりによって、私なのでしょう?

私は息子を避けるよういなりました。
しかし、事態はさらに悪化するのです。

息子が私にキスしようとしてくることもありました。
私は息子が怖くなりました。
しかし、私には完全に見放す事などできなかったのです。

そんな私の様子に夫が気づいたようでした。
夫は息子に出ていけというようになったのです。
私は、それは止めて欲しいと夫に頼みました。
しかし、夫は私に対しても怒りだしたのです。

私と息子の関係を疑い始めました。
私は、身の潔白を訴えましたが、疑いは晴れなかったようです。
さらに、精神的に追い詰められた息子は、自殺すると言い出したのです。
私が息子との距離をとろうとすると、息子が冷たくされたと言うのです。
そして、もう死にたいと訴えるのです。

ある日、夫は家を出ていってしまいまいました。
私は、息子とは関係していなかったのに、信じてもらえずに・・・。
私たちの家庭は終わったと思いました。
正直、私も出ていきたい気持ちもありました。
しかし、息子を置いて出ていくのは、出来ない事なのです。

「ごめんね、お母さん」
「いいのよ・・・もう・・・」
「でもね、僕、本当にお母さんのことが好きなんだ」

息子に何を言っても無駄でした。
私の中でなにかが壊れました。
もう・・・どうなってもいい・・・
むしろ、壊れたい・・・。

気づいた時には、私は息子と裸で抱き合っていました。
おそらく、私のほうから迫ったのでしょう。
私は裸の息子の上に跨っていました。

おそらく息子はまだ童貞だったのでしょう。
私の身体を触るくせに、その先にはなかなか行けずにいたのです。
私がリードして、挿入したのです。

私は息子の上で、腰を振りまくりました。
よがりまくり、
喘ぎまくり、
快楽を貪り続けました。

息子が絶頂を迎えても、そのおちんちんを手放しませんでした。
このおちんちんで、私を壊してほしい・・・。
本気でそう考えながら、ヤリまくったのです。
もう行くところまで行くしかないでしょう。
私たち母子は、性獣のごとく、毎日抱き合っています。










小学生の息子にイカされる淫らな人妻

2017.06.07.Wed.16:19
N.M(32歳)

私の年齢は32歳で、一人息子の雄一は小学校6年で11歳。
夫は昨年から単身赴任で、月に1度しか帰ってこず、
雄一と2人で暮しています。
でもまさか息子の雄一とあんな事になるなんて思ってもいませんでした。
それが今でも続いており毎日雄一から求められています。

私の方も、雄一なしでは考えられなくなってきており、
女の喜びに歓喜しています。
だって雄一ったらすごく上手になってきているので・・・。

小学校が夏休みの8月に、
私は夏風をひいてしまい2日ほど寝こんでいました。

1日目は雄一も一生懸命看病してくれて、
額の汗を拭いてくれたりしていたのですが、
その夜熱も大分下がってうとうとと夢の中にいた(はずだった)
でも体が気持ち良くて夫に抱かれている夢を見ているような、
そんな感じが永遠と続いて・・・

はっと気が着くと全裸になって横向きになっており、
誰かの手が私のクリトリスを触っていて、
指が陰部に入っていて凄い快感に襲われ、

「あぁ・・・いやぁ・・・」

と声を出してしまいました。

でも誰もいないはずなのに・・・
と後ろを振り返ったら、息子の雄一の顔が

「えっ 雄一、どうして・・」

と言うのが精一杯で、
雄一の指が凄いピストンしてきて

「おかあさん・・・好きなんだよぅー お母さん、おかあさん」

と言いながら指を入れてくるんです。

その時すごい快感で
どうしようもなく

「だめ だめ だめー雄一」
「いやー、やだよう・・お母さん、いっちゃうよ・・・あああん」

って思わず声が出てしまいました。

すると突然指の動きが止まり
私が放心状態だったので
雄一が裸で私の上に乗ってきました。

「おかあさん、入れるね」

と言うと
私の濡れている陰部に雄一のおちんちんが入ってきました。

それは夫のものより太く
ズブズブっと言う感じで私の中に入ってきたのです。

放心状態の私は考える暇も無くいきなりだったので、
その快感はものすごく、
でもやはり実の息子なのだと気がついて

「あっ、だ、だめよ。わかってるの? お母さんなのよ・・・やー、だめよー」

と言ったのですが

「お母さん、僕・・・お母さんの事が好きなんだー」
「雄一 だめー。だめよーこんなことしちゃあー・・・ううん・・あっ ああ」

かまわず雄一が腰を振ってきて
快感が押し寄せてきて
理性が飛んで

「雄一、雄一、お母さん気持ちいいのーああん」

て言ってしまい、
上になっている雄一に両手を回し引き寄せてしまいました。
もう何がなんだか判らなくなり

「おかあさん もう出ちゃうー」

って雄一が叫んで
私の中に雄一の精液が入ってきました。

放出した後、雄一が神妙になり

「お母さん、ごめんね・・・。でも、僕・・・がまんできなくて」

と話したので、私は雄一がいとおしくなり

「いいのよ。雄一はお母さんでよかったの?」
「僕、お母さんの事大好きだから」
「お母さんも、雄一のこと大好きよ」

っと言ってキスをしてあげました。
そうしたらまた雄一のちんちんが大きくなってきたので

「もう一回する?」

と訊いたら恥ずかしそうに

「うん、する」

と言って私の胸に飛び込んできました。
その日、それから何回か雄一と交わってしまいました。

今は もう雄一無しでは生活できません。
最近はバックからも責めるようになって
私の弱いところを責めてくるようになりました。

体も私より大きいので
座位面体を教えたら気に入ったようでリビングにいると

「おかあさん おいで」

と言って誘うんです。

その時は私ももう濡れていて
パンティを脱いで言われるままになってしまうんです。
どんな体位を言われるのか今から楽しみです