FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







息子と迫られて体を許す淫らな人妻

2018.01.13.Sat.16:00
T.K(36歳)

私は36歳の主婦です。
3年前に夫に先立たれてから、女手一つで息子を育ててきました。
まだ年齢的に若い私に、
いろんな方から再婚の話をもちかけていただけました。
でも、まだ中学生である息子の気持ちを考えると、
なかなか踏み込めずにいました。

息子が中学2年生になったある日のこと。
夕食の後、部屋でゲームをしていました。
私は食事の片づけを終えると、
息子がゲームをしている間にお風呂に入りました。

そのときです。
シャワーを使っていると、突然浴室の扉が開いたのです。
部屋にいるはずの息子が全裸で中に飛び込んできました。

呆然としている私に抱きついてきたのです。
男の子だから、力が強くて、跳ね返せないのです。

「なに! いったいどうしたの?」
「ごめん、母さん。でも俺、どうしても母さんとしたいんだ」

私は押し倒されました。
私の上の馬乗りになった息子の姿に愕然としました。
まさか、母親をレイプする気なの?

私は必死でした。
冷静さを欠いていたかもしれません。

「私とセックスしたいと言うあなたの気持ちはわかったわ」
「・・・・」
「でも、こんな風じゃ嫌。もっとやさしく抱いてほしいの」

すぐにセックスできないことに息子は不満気味でした。
それでも、なんとか納得させて、寝室に向かったのです。
レイプまがいのセックスが普通だと思ってしまったら、
この先、他人さまの女性をレイプしかねないと思うのです。

浴室を出て髪を乾かしながら、私は鏡の中の自分を見つめました。
妙な胸騒ぎがします。

「今から私は息子とセックスするんだ」

そう思うとめまいがしました。
でも、考えてみたら、息子は私が愛した夫の忘れ形見。
夫とは毎晩のようにセックスしてきたのだから・・・。
息子と少しくらいセックスしてもいいのでは?

バスローブを羽織ると、私はふらつく足で寝室に向かいました。
中ではすでに息子がベッドに腰かけていました。
私はベッドに横になると、

「1回だけと言う約束は守ってね」

と言いました。
目を閉じようかと思いましたが、
息子の行為を目に焼き付けておこうと思い、
あえて目を開いたままにしておきました。

息子は待ちきれないようにバスローブの前を開くと、
その感触を楽しむように胸を舐め始めました。

不思議ですね。
夫と同じような舐め方だったのです。
こういうのって、遺伝するのでしょうか?
私の感じやすい舐め方をしてくれて、
私はあっという間におまんこをびしょ濡れにしてしまったのです。

ひょっとしたら、息子にも夫と同じようなことをしてあげたら、
気持ちよくなってくれるのかしら?
そう思い、フェラチオを試したのです。
夫は舌先で強弱と付けながら、先っぽをつつくようなフェラチオが
大好きでした。
だから、息子にも試してみたのです。

「ああぁぁ・・・お母さん・・・気持ちイイよ」

瞬く間に、息子は射精してしまったのです。
肉体が、夫と同じなんだと思うと、うれしくなりました。

息子は私を押し倒しました。
そして、とうとう、挿入したのです。
腰の動かし方はまだまだきごちないけれど、
おちんちんは確実に私の子宮にまで届くのです。

「ああぁぁ・・・すごい・・・すごいわぁ・・・」

思わず息子にしがみついてしまいました。
室内には私と息子の荒い息遣いだけが響いています。
息子はその中性的な可愛らしい顔を上気させながら、
一心にピストンを繰り返しています。
そして・・・

「ああ!」

短く叫ぶと息子は私の中に欲望を吐き出しました。
息子にはあれ以来毎晩抱かれています。
いつか私の身体に飽きてくれる日が来ることを祈っています。









実父にセックスの喜びを教えてもらう人妻

2017.12.24.Sun.16:02
Y.K(24歳)

結婚するまで処女でした。
短大を卒業と同時に遠縁の男性と見合い結婚。
新婚初夜に処女を失いました。

夫との夜の営みは最初から月に一回、それも10分以内でした。
快感なんて一度も味わった事が無いままセックスレスになりました。
結婚した友達が毎週1時間以上やってるなんて話は嘘だと思ってました。
そして、夫に結婚前から付き合っていた女性の存在が発覚して、即離婚しました。

会社勤めなんて知らない私は、実家に戻って父の世話になって暮らしています。
母は私が3才の時に離婚、父は再婚もせずに私を育ててくれたんです。
実家に戻って半年位した時でした。
深夜2時過ぎになって忘年会から帰って来た父は、
会社の部下の人に支えられ、とても一人では立てないほどベロベロに酔っていました。
そんな父の姿は初めてでした。

父を寝室まで運んでから会社の人は帰って行きました。
私一人でなんとか背広を脱がせ、ちょっと躊躇したけどパンツまで脱がしました。
父のダラッとしたおちんちんを見た瞬間、私、茫然としました。
だって、別れた主人の大きくなった時のおちんちんより太くて長かったんです。
それまでは男性のおちんちんは大きくなっても10センチ位だと思っていました。
セックスする時は先端の皮を剥いてするものだとも思っていました。

自分の寝室に戻ってからも、父のおちんちんが目の前に浮かんで寝れませんでした。
大きくなったらどの位になるんだろう?
ふと股間に当てた指に、ねっとり糸を引く液体が付いてきました。
股間の割目からクリトリスが大きくなって飛び出していました。
触ると腰のあたりに電気が走り、夢中で擦ってしまいました。
実は初めてのオナニーだったのです。

翌朝、父は普段通りに起きてきました。
私は父の股間が気になってしまいました。
それからは毎晩父のペニスを想像しながらベッドの中でオナニーしていました。
いつからか、

「お父さん、入れて!激しく突いてえ~っ!」

って言いながらオナニーするようになっていたのです。

昼間も家事で家に居る私は、だんだん昼間からオナニーする様になっていました。
そして去年の4月、父が新入社員歓迎会で飲んで帰って来た時です。
父が酔った勢いからか、

「おい、一緒に風呂に入ろうか!」

って言ったんです。

「わあっ、お父さんエッチ!」

なんて言いながら、父のおちんちんが見たくて一緒にお風呂に入ってしまいました。

「おお~っ、結構ボインだったんだなあ~っ!」
「ボインって言い方古いわよ。巨乳っていうのよ!」

ふっと父の股間に眼が行くと、おちんちんが少しだけ大きくなっていました。
父と一緒にお風呂に入るなんて15年ぶりの事でした。
恥ずかしので背中を向けて一緒に浴槽に浸かりました。
でも、その内お尻のあたりに硬いものがコツコツ当たるんです。
父が浴槽から立ち上がった時、振り向いた私の目の前に巨大な肉の塊が有りました。
別れた主人の2倍以上に見えたんです。
思わず父のおちんちんを咥えてしまいました。

「うわっ、おい止めろ!」

と父は言ったけど、そのまま咥え続けました。
それは太くて、長くて、そして何よりも硬かったんです。
もう無我夢中で頭を振りました。
とても全部は口に入りませんでした。
父のおちんちんがヒクヒク痙攣していました。
涙がこぼれてきて、今まで心に秘めていた事を口走ってしまいました。

「お父さん、お願い!入れてえ!私を感じさせて!」
「お前本気か?」

父は覚悟を決めたようでした。
おちんちんが私の中に入ってきた時、別れた主人の時とは違って、
メリメリと押し開く感じで、痛くて痛くて唇を噛んで堪えました。
でも、父が腰を振り始めると直ぐに腰の辺りにムズムズした感じが始まったのです。

「お、お父さん、もっと!もっと!」

背骨に強烈な電気が走って背中が反り返り、
頭の中に白い光が激しく光って消えた瞬間、
気を失ったみたいでした。

「おい、大丈夫か?」

父の声にハッと我に帰りました。

「お前、凄い声で絶叫してたぞ!」
「私、不感症じゃなかったよ!お願い!もっと突いて!奥まで突いてえ~っ!」

父はまた激しく突き始めました。

「あああ、で、出るっ!」
「ああああ~っ、い、いくう~っ!」

私、不感症じゃなかったんです。終った後、嬉しくて涙が溢れてきました。
自分がこんなに淫乱だったなんて知りませんでした。
うれしくてたまりません。








義父とのエッチに病みつきな淫らな人妻

2017.11.24.Fri.15:16
U.T(25歳)

主人は単身赴任で家にいません。
結婚して1年目でまだ私、25なのに。
主人は年下で23。
義父は義母が昨年事故で急死して、一人暮らし。

私の実家が近いのでいつも実家に行ってます。
49で見た目より若いの。

私の実家も母が一人でまだ45。
義父に色目使ってます。

帰りに義父に寄ってもらい、
壊れた風呂場の修理をしてもらいました。
ついでに入ってから帰ってと言いました。

義父も面倒くさいので喜んで、すぐに入り
お酒を飲んでるので鼻歌なんか歌って洗ってます。

私は裸になりました。

「お父さん、流して上げる」
「有里さん、それは困るよ、どうしたの」
「いいの、今日は私が洗って上げるの」

全裸で隠さず、お父さんの背中を流してあげます。

「いい気持ちだよ有里、ありがたい、でもきれいなんで困っちゃうよ」

そういって下を向いてるお義父さん。可愛い。

「そこは困るよ、どうにかなっちゃうよ」

私は前に手を伸ばしました。

「お父さん、起ってる。大きいわ。凄く硬い」
「有里、ごめん我慢できないよ」

私はお父さんオチンポを握って洗って上げてます。
大きいんです。太いんです。

前に回って正面から洗ってあげるの。

「お父さん、私も洗って」

イスに座り場所を交代です。
すぐにおっぱいを揉んで、乳首を指でつまみます。
オマンコにもすぐに指が入り、クリちゃんを刺激するの。
お父さんとってもテクニシャン。

それだけでイっちゃいそう。
久しぶりだもの。

私、キスをおねだりしました。
唇をあけ、お口に近づいて舌を出したら、
お父さんがやさしく唇を合わせて、舌を吸ってくれるの。
お上手です。

オチンポを思わず握っていました。

お風呂場で後ろを向かされ、バックで入れられちゃった。
おっぱいと乳首を揉みながら、腰を振ってくるの。

私、イっちゃいました。

お風呂から出て、居間でお父さんの胸に抱きつき甘えました。
まだ、お父さんのチンポ起ってる。
出してないんです。

私は思わずそれを口入れてしゃぶっていました。
袋も揉んであげます。
もう一回入れてもらいたいの。

朝まで3回もしてもらいました。
でも朝になったら、お父さんのアレ、また起ってる。

お父さんの指がおっぱいと、オマンコを優しく揉んでます。
私、ソフトな触り方に弱いんです。

正常位でお父さんが入ってきました。
キスをしながら、腰を振ってくれます。
オチンポをオマンコの奥まで入れてくれません。
入り口と半分くらい入れて、
ああっ、抜いちゃいやです。

でもすぐにオマンコに入り口に先を押し付け焦らします。
自分で掴んで入れちゃいます。
凄いの。初めてです。

こんなSEX。
自分でも分からないほどお汁がいっぱいで、止まりません。
潮を拭いてるんだって。
病み付きになりそうです。








娘婿の出張の夜に激しく悶える淫らな人妻

2017.11.13.Mon.15:32
K.A(43歳)

娘の旦那が可愛くてしかたがありません。

私は40歳で夫を癌で亡くしました。
それからは娘二人を育てるので精一杯でした。

二人の娘はそれぞれ縁あって、結婚しました。
長女は大阪に、次女は愛知県にと・・・・。
三年前のことでした。

昨年の春頃からのことです。
長女の旦那が東京への出張で、
度々私の家に泊まることが多くなりました。

娘の旦那ということで、心をゆるして、
家庭的に振舞っていたのです。

出張も何度か続いたある日のこと・・・。

彼の湯上りに、替えの下着を浴室に届けた時です。
浴室から出てきた彼がそこに全裸で立っていたのです。


「ごめんなさい・・・」

たくましい裸体に顔を赤らめてしまいました。

「お義母さん、可愛いですね」

彼はそう言ったのでした。
そして、そのままの全裸で浴室からリビングに来ました。
私の前で下着に着替えるのです。

亡くなった夫とは違った男性の裸体に、
心臓の高鳴りを抑えるのが大変でした。

その日の夕飯を済ませ、
彼も娘達が使っていた部屋に戻りました。

私が入浴済ませて浴室を出たときでした。

「お義母さんが可愛くて・・・」

そう言われながら、後ろから抱きしめられたのです。
彼の手は、私の乳房を、大きな手で力強く揉むのです。

「お義母さん・・・可愛い・・・お義母さん・・・可愛い・・・」

何度もそう言うのです。
うれしいやら、恥ずかしいやら・・・
私は我を失っていました。

その夜は娘婿の不貞に対し、
せめて娘にたいする思いから、
義理の息子の欲望に抵抗しました。
でも無駄でした。

夫を亡くしてから、
初めて男性に包まれるように抱かれて、
唇を奪われ、
乳房に顔をうずめて愛撫され・・・

抵抗もここまででした。
私の下半身に彼の指が触れ、唇で舐め回されたときには、
自分から喘ぎ声が出てしまっていました。

そして彼のたくましいおちんちんで、
激しく突かれたのでした。
その快感と言ったら・・・今までのセックスの中で、
一番感じてしまったのです。

それからというもの。
彼の出張に来る日が待ちどうしくなりました。

真面目すぎる娘とのセックスは、快楽を求める息子には物足りないらしいのです。
東京に来る日には義母の私に異常な関係を迫るようになりました。

今では二人の関係は、娘に隠しての近親相姦の不倫関係を超えていました。
義母の私は、息子の性処理奴隷として、夜毎に卑猥な道具で責められます。

二人だけの東京の夜は、彼が買ってきたDVDがリビングのテレビ映し出され、
恥ずかしい男女の淫らなビデオを見ながら、セックスするのです。

義母と息子が同じ布団で寝ながら、見たテレビと同じ内容で快楽を求め合います。
縛られて、おちんちんそっくりの玩具を子宮まで挿入され、
苦しさと快感で喘ぐ私に、勃起したおちんちんを口に押入れ、
生ぬるい愛液を注ぎ込みます。

アナルに何やら太くて柔らかい物を入れられ、
拡張させるのだと私をもてあそぶように責めては楽しんでいるのです。

でもそんな義理の息子が可愛くて・・・
全てを任せて義母の私は楽しんでいます。