FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







義弟とのセックスに溺れる淫らな人妻

2019.02.17.Sun.15:43
O.Y(30歳)

義弟と肉体関係を持っています。

夫と結婚したとき、義弟はまだ大学生でした。
時々、家に遊びに来ていたのです。
そのころ、ちょっとした異変に気が付いていました。
それは、私の下着が時々なくなっていることです。

なくなるのは、決まって古い下着でした。
ですから、あまり腹立たしくも思いません。
実は私には実弟がいるのですが、
やはりある時期、私の下着を盗んでいたのです。

男の人って、女性の下着に興味があるものだと思っていました。
その下着でなにをしているのかはわかりません。
臭いをかいでいるのか、
おちんちんに擦りつけてオナニーしているのか・・・。
想像すると、ちょっと興奮しますね。

義弟が大学を卒業したころのことです。
夫の浮気が発覚しました。
それが原因で喧嘩の毎日でした。
飲めないお酒を飲み、義弟に愚痴ることもしばしばだったのです。

「そんな兄貴とは別れちまえばいいよ」
「離婚して一人になるのは辛いのよ」
「また、誰かと再婚すればいいさ」
「こんなおばさん、誰がもらってくれるというの?」
「・・・・俺でよければ・・・・」

お互い、酔った勢いでした。
そこは義弟のマンションの部屋です。
一人暮らしだから、誰にも見つからない・・・。
だから・・・。
義弟が私に興味を持っていることは、下着の件でわかっていました。
熱く、激しく、抱きあいました。

唇が切れそうなくらいに激しいキスをしました。
舌を入れ合うような、攻めのキスです。
そして互いに服を脱がせ合いました。
義弟は私の胸に、むしゃぶりつきます。
痛いくらいですけれど、それがちょうどいいような気もして・・・。
とにかく、めちゃくちゃになりたかったのです。

義弟のおちんちんは、夫とそっくりの形でした。
若いから、硬度があります。
昔の夫のおちんちんとそっくりです。
そのおちんちんが、私の中に攻めん込んでくるのです。
濡れそぼったおまんこが、しっかりと受け止めました。
肉襞が収縮して、おちんちんを包み込むのです。

「姉さん・・・姉さん・・・」
「もっと、もっと、激しくして・・・」

壊れるような激しいセックスののあと、
義弟の精液をおまんこで受け止めたのです。

ほんとに離婚して義弟と結婚したいほどに私まで夢中になってしまいました。
喧嘩状態の主人に構う事なく義弟のマンションに入り浸ったのです。
時間も場所も関係ない新婚時代のセックスのように義弟と過ごしました。
抱かれえている間、私は時空を越えたような、超越した快楽を得ていたのです。

ふた月くらいたった頃に、私は夫に離婚の話を持ち出しました。
夫は寝耳に水のように驚いた様子でした。
離婚はしないと言うのです。
好きで一緒になった男です。
謝ってくれるのなら、やり直してもいいと思いました。

義弟との関係が純粋に愛し合った結果ではないと思うのです。
義弟と別れて夫とやり直すことにしました。
ところがそのことを義弟は快く思いません。

「俺、絶対に姉さんのこと、諦めないからな」

彼は本気のようでした。

「兄さんに、俺たちの関係をばらす!」

そうまで言い出すのです。
私は必死に止めました。
口止め料は、私の肉体でした。

私は義弟の性処理の女となりました。
いつも激しいセックスをするのです。
激しく乳房を揉み、首筋にキスマークをつけ、
夫に気づかせてやるとばかりに、
私の身体に証拠を残そうとするのでした。

いつかはばれる・・・その緊張感が私を性の虜にしました。
義弟が求めてくるからというのは言い訳で、私から求めている感じなのです。
激しいセックスなしでは、もう満たされません。
このまま、義弟と関係を持ち続けてもかまわないと思っています。
仮に、義弟に恋人や妻ができても、
私は肉体関係を解消することはないでしょう。






息子との秘め事にはまる淫らな人妻

2019.02.16.Sat.15:58
K.S(45歳)

私は息子を今でも愛しています。
主人よりも息子の方が大切なんです。
息子と初めてセックスしたのは、息子が小学校6年生の時です。

「ママどうしたら、赤ちゃんが出来るの?」

と、質問され、色々話しているうちに、実践したのが、キッカケでした。
息子のおちんちんは、まだ、小さく、大人になりかけの可愛い物でした。
触って擦って大きくしてあげたのです。

「ママ。なんだか変な気持ちだよ」
「いいのよ。気持ち良くなっても。ママに任せてね」

しばらくすると、息子は射精しました。
その精液をを見せて、精子というものを教えてあげたのです。

その時はそれで終わったのですが、息子中1の時に私がお風呂から上がって来ると、息子が全裸で立ってました。
小4の時と違い、毛が生え立派に生えていました。
おちんちんも大きくなっていたのです。

「ねえ、ママ。お口で気持ち良くしてよ」

私は迷わず、息子のおちんちんを口に入れました。
若いおちんちんが口の中で跳ね上がりました。
すごく元気なんです。
私は上下に動かし、息子の反応を見ていました。
息子のおちんちんは益々大きくなり、私の喉の方まで入って来ました。
むせかえる私に、息子はこういったのです。

「ママとセックスしたいな。ね、いいでしょ?」

私が迷っていると、息子は私の上に覆いかぶさってきました。
私のパンティを上手に脱がすと、おまんこを指で擦ってくるのです。

「ママ、もう濡れてるね。すぐに入れてあげる」

私はフェラチオしているときに、すでに興奮していたのです。
ですから、息子のおちんちんを受け入れる準備はすでにできていました。
息子は私の足を広げさせると、挿入を開始したのです。
私のおまんこは、すでにぐちょぐちょに濡れていました。
息子が腰を振るたびに、音が鳴るほどでした。
息子の様子は、はじめてのセックスではないようでした。
すごく上手に、私を天国へと導いていくのです。
正常位、バックとやり、最後は口の中に出したいからと、私は口で一生懸命奉仕しました。
青臭い精液の匂いがたまりませんでした。

「僕ね、ママに気持ち良くなってほしいから、セックスの練習してたんだ」
「え? 誰としてたの?」
「担任の先生だよ」

息子は、年上キラーの素質があるのかもしれません。

「ねえ。もう、先生とエッチしちゃだめだからね」
「うん。もうしないよ。もうママとしかエッチしないから安心してね」

その後も主人の帰宅の遅い時や息子が休みの時は色々な、体位、道具を使い、息子とは楽しみました。
その息子も大学生になり、彼女が出来てからは、私など相手にしてくれなくなりました。
それでも、私は息子を愛しているんです。今では息子との日々を思い出しながら、自らの手で慰める日々です。







二歳年下の息子とセックスする淫らな人妻

2019.02.11.Mon.17:47
K.K(22歳)

私の夫は、二十歳も離れている、いわばおじさんです。
昔っから、年上の人ばかり好きになっていたんです。
学校の先生とか、塾の先生とか……。

夫は、バイト先の社長さんなのです。
あまり大きな会社ではないけれど、
けっこう玉の輿かもしれませんね。

ちなみに、夫は結婚歴ありです。
奥さんには、死別されたということでした。

夫のエッチは、年の割には元気みたいです。
私が若いから、無理して元気にしているのかな?

そこで、ちょっと問題があるんです。

夫には息子がいるんですね。
その息子さん、年齢が二十歳なんです。
私と二歳しか違わないんですけど、
もっと問題が……。

彼、私の高校の後輩なんです。
同じ水泳部でした。

私のセックスは、けっこう声を大きく出してしまうんです。
その声が、彼に聞こえはしないかと、ひやひやしてたんです。

「息子も二十歳だ、大人の男女のことくらい、理解できるだろ?」

と夫は、気にするなと言わんばかり。
私も、初めは躊躇したけれど、
いざセックス中になると、頭は真っ白で、大声出しちゃうの。
絶対、彼に聞かれているよね。

ある日のこと。
夫が出張で、一週間、帰ってこれない時期があったのです。
そのとき、予想はしていましたけれど、息子さんに迫られちゃった。

「先輩のこと、高校の時から好きだったんだ」

そう言われては、私も抵抗できません。

私、彼に、抱かれました。
互いに水泳で鍛えた同士です。
スタミナたっぷりで、寝るのを惜しんでセックスしたのです。

彼のおちんちんは、夫のものと、形がよく似ていました。
ただ、硬度が、彼のほうが固いですね。
若いですから、当たり前かな?

ただ、ちょっと早漏気味でした。
これも若いから仕方がないかな?

でも射精しても、ぜんぜん萎えないの。
だって、若いんだものね。

いつまでもビンビンで、
私のおまんこが擦り切れるくらいに、攻めてくるんです。

さすがの私も、朝方には、腰ががくがくでした。

一週間はあっという間です。
その間、あらゆる体位で、セックスしました。
最初は私のリードでヤッていたセックスも、
後半は彼が主導権を握っていました。

彼はけっこう攻め上手。
私の感じるポイントを、巧みに責めてくるんです。

ときには優しく、
ときには激しく。

私、夫より、彼のほうが、身体の相性がいいみたいです。
すごく気持ちイイんです。
奥深いところまで、連れて行かれるような、
そんなセックスができるんです。

だから、今でも、夫の目を盗んでは、
彼とセックスしちゃってるの。






息子のためのヌードデッサンモデル

2019.02.09.Sat.16:00
N.O(35歳)

再婚相手には、息子さんがいました。
18歳の受験生です。
難しい年ごろなんで、ずいぶんと気を使います。
彼は、美大を目指してがんばっているのですが、
実は私も美大卒なので、なにかとアドバイスできて、
急速に親しみを持つようになりました。

そんなときのこと。
美大受験用の勉強で、ヌードデッサンがあります。
通常は、美大専門の予備校などで、ヌードデッサン会があり、
そういった場で勉強するのですが、なにぶんお金がかかるということで、
何度も行けるわけではありません。

息子は人物画を目指していたので、ヌードデッサンは重要です。
ですから、思い切って、私がモデルになってあげたのです。
実は私、学生時代に、バイトでヌードモデルを何度か経験していたのです。
ですから、多少は抵抗なく、息子の前でも脱ぐことができました。

ところが、息子のほうが、動揺して落ち着きがなく、デッサンに集中できないようでした。
ときどき、股間をモゾモゾさせてしまって……。

「ねえ、ひょっとして、まだ女性経験ないの?」
「う、うん……女性の裸を見ると照れちゃって……」

これではいけません。
もっと集中しなきゃだめなのです。

「お父さんに内緒にできるなら、私がSEXさせてあげようか?」
「え? でも……」
「血がつながっているわけではないんだし……ばれなきゃ大丈夫よ」
「そ、それは……」
「ここまで言わせておいて、断られちゃったら、私の立場はどうなるのよ?」

息子は意を決したように、了解したのです。

夫といつもSEXするベッドでは無理など思い、息子のベッドでSEXしました。
息子は終始緊張した様子でした。
初めは、あまりの緊張で、勃起しないのです。

「大丈夫、お母さんに任せて」

私は、息子のおちんちんを咥えこみました。
舌を使って、ネットリと時間をかけてしゃぶると、
ようやく勃起したのです。

ただ、普通にSEXを教えるだけではだめなのです。
女性の身体を、わからせてあげなければ、美術の勉強になりません。

私は、乳房やお尻や腕や脚と、いたる所を触らせました。
また、舌を使わせてなめさせたりもしました。
女性の身体を知ってもらうためにです。

でも、そのころには、私のおまんこは、
ジュクジュクに濡れていたのです。

息子のおちんちんをつまみあげると、
私は自らおまんこの中に沈めていきました。

夫とよく似た形のおちんちんでした。
けれども、硬度が違います。
若い肉棒は私の肉襞をこじ開けるように、突きすすむのです。
私、息子相手に、二度もアクメを迎えてしまいました。

その後、息子はヌードデッサンが得意になりました。
美術予備校の講師も、躍動感のあるデッサンなんて言っていたそうです。