FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







お爺さんとのセックスに燃える淫らな人妻

2019.04.19.Fri.15:41
M.O(29歳)

このまえ、とんでもない経験をしてしまいました。
経験というより、過ちと言ったほうがいいのでしょうか?
実は、親戚のお爺さんとセックスしてしまったのです。

先週のことでした。
親戚の法事の時に出かけたのです。
時間よりも早く付いてしまい、手持無沙汰でした。
それで離れの部屋で休んでいたのです。

そこにあらわれたのが、その親戚のお爺さんなのです。
いきなり入ってくると、そのまま私を押し倒したのです。
もう、レイプといっていいでしょう。
あまりの衝撃に驚き、体が硬くなって動けなかったのです。

お爺さんの年齢はよく知らないけれど、70歳は越えているはずです。
それでも力強いのは、毎日農作業をしおているからでしょう。
私も女性としては、けっこう大柄ですけれど、
あっという間に押し倒されたのです。

いきなりスカートの下に手が入ってきました。
そして、あっというまにパンティを脱がされてしまったのです。
ぐいっと引っ張られた時、私は抵抗もできずに、足をあげて脱ぐことに協力を
しちゃったみたいになってました。

スカートを履いたままの状態で、お爺さんが顔を股に突っ込んできました。
そして、私のアソコをべろべろと、すごい勢いで舐めるのです。

実は私、あまりクンニングスをしてもらった経験がないんです。
夫も、昔の恋人も、そういうことをやってくれる人ではありませんでした。
だから、アソコを舐められた時、電気ショックを浴びたような衝撃を受けました。

私のアソコはあっというまにびしょ濡れになってしまいました。
お爺さんの唾液なのか、私のおまんこから流れ出たお汁なのか、
どっちなのかわからなかったです。
たぶん、両方の液体がまじりあっていたことでしょう。

舐められていると、力が抜けてしまいます。
抵抗しようにも、力が入らないのです。

「大丈夫だよ。、まだ、当分、誰も来ないからね」

お爺さんはそう言いました。
なぜだか、私はほっとしてしまったのです。
誰かが来てくれたら助かるという考えより、
こんな姿を誰にも見られたくないという思いのほうが強かったのかもしれません。

お爺さんがズボンを脱ぎはじめました。
足の筋肉はやはり老人のもので、筋肉が痩せたような太ももでした。
ところがです。
おちんちんは違っていました。
黒くて固くて大きいのです。
それは、夫のおちんちんよりも、立派なイチモツだったのです。

お爺さんは私の両足を掴みあげると、
ぐいっと力をこめて広げたのです。
私のおまんこが、自分でもぱっくり開いていくのがわかりました。
立派なおちんちんを迎え入れる準備ができてしまているのです。

お爺さんのおちんちんが入ってきました。

「おっきいぃ!」

思わず、そう、叫んでしまったのです。
だって、本当に大きいんですもの。
見たより、ハメたときのほうが、実感できるものですね。

一気に奥まで突っ込んできました。
ヌルヌルに濡れて、パックリ開いたおまんこは、
吸い込むようにおちんちんを飲み込んだのです。

「あああぁぁ!! すごい! すごぉ~い!!」

思わずお爺さんに抱きついてしまいました。
お爺さんは、若々しく、腰を振るのです。
その度に、巨根が膣の壁を擦りあげます。
すごく気持ちよくて、頭の中が真っ白でした。

「ああぁ~ん、ダメ、ダメ、ダメ~」
「ダメって・・・気持ちいんでしょう?」
「気持ち良すぎるから、ダメなのぉ~!!」

お爺さんは70歳すぎとは思えないほど、精力的でパワフルでした。
私をさんざん突きあげた後、今度はバックでハメるのです。
私の身体を軽々と扱うのです。
もう、私は、少女のようにお爺さんに従うしかありませんでした。
そして、何度もアクメを迎えちゃったのです。

その後、礼服に着替えると、何事もなかったように振舞いました。
けれども、そのとき、私のおまんこの中は、お爺さんのエキスで満たされていたのです。












母親の責任を果たした淫らな人妻

2019.03.29.Fri.15:59
N.M(41歳)

専業主婦をしています。
夫と息子の三人家族です。
息子はこの春から高校生になりました。

夫は北海道に単身赴任です。
もう一年が過ぎました。
息子の高校受験という難しい時期に、
父親がいないという苦しい家庭でしたが、
なんとか無事、第一志望の高校へ合格したのです。

一見、ごく平凡な、幸せな家庭でしょう?
けれども、ちょっと普通じゃないんです。

実は私、今、実の息子に抱かれる日々を送っているのです。

息子が受験勉強している冬のこと。
私は、息子のオナニーを見てしまったのです。
ノックもせずに、部屋に入った私が悪かったのでしょう。
見てしまってから、二人の間に、妙な空気が流れ始めました。

このままでは、受験に影響がでると思い、不安になりました。
思い切って、息子と話し合ったのです。

「ごめんね。いきなり部屋に入って、悪かったわ」
「・・・別に・・・いいよ・・・」
「あの・・・その・・・オナニーってべつに悪い事じゃないから・・・」
「わかってるよ・・・」

余計に気まずくなった感じです。

「男の子なら、誰でもしてるしね」
「でも・・・僕・・・異常かも・・・」
「え?」
「何度もオナニーしても、エッチな気分が収まらないんだ」

困りました。
そういう男の子の心理はわからないのです。
困り果てていると、息子が続けます・・・

「いつもね・・・お母さんのこと、考えてオナニーしちゃうんだ」

何を言い出すのかしら?
始めはそう思いました。
けれども、ちょっと、嬉しい気持ちもありました。
そこで、オナニーを手伝うことにしたのです。

いっしょにお風呂に入ったのです。
何年ぶりのことでしょう。

「ね、お母さんが触ってあげる」

息子のおちんちんは、もう立派な大人でした。
勃起して固くなっています。
亀頭部はしっかりと剥けていました。
ちょっと赤くなっていて、そこが可愛らしいのです。

「ああぁぁ・・・お母さん・・・」

手で擦ってあげると、息子はたまらず声を出したのです。
おちんちんはすごく元気で、私の手の中で、ビクンビクンと蠢きます。
手のひらに、脈打つものを感じました。
そして先端が、ぬるぬるしてきたのです。

「お母さん・・・おねがい・・・舐めて・・・」

愛おしいそのおちんちんを、私はほおばりました。
お口の中で、おちんちんが暴れるのを感じます。
そのおちんちんを、舌で絡めるように抑えつけました。

「ああぁぁ・・・お母さん!!!」

急に息子が震えだし、そして私の口の中に青臭いにおいが広がりました。
大量のザーメンが、飛び出したのです。

「ごめんね、お母さん」
「いいのよ。気持ちよかった?」
「うん」

息子がすっきりした顔をしていて、うれしくなりました。
けれども、問題が一つあります。
私の身体が火照ったままなのです。
そこで思い切って、言いました。

「お母さんのも、舐めくれる?」
「うん、いいよ、お母さん」

息子が私のおまんこを舐めてくれました。
そして当然、そのままでは終わりません。
ついには挿入しちゃったのです。
お風呂の中で合体して、私は、「あぁ~ん、あぁ~ん」ともだえまくったのです。

それからは、ベッドで抱き合うようになりました。
毎晩、息子は私の身体を求めるのでした。
勉強が不安でしたが、見事に合格。
母親の責任を果たせたのです。

高校生になって、おちんちんがひとまわり大きくなったみたいです。
そのおちんちんに、今でも、突かれまくっています。







妻が出産中に義母とヤル夫

2019.03.27.Wed.17:46
30歳既婚の会社員です。
妻は26歳、お腹には赤ちゃんがいます。
妻の出産予定日が近づき、義母が我が家に泊まりに来てくれました。
義母は48歳で若いころは某歌劇団に属していたということで、
お世辞抜きにして綺麗で若々しく、30代は言い過ぎにしても、
40歳そこそこに見られます。
芸能人で言えば由美かおるをイメージしてもらえれば解りやすいと思います。

義母が来てくれた翌日、妻の陣痛が始まり車で病院に連れて行きました。
しかし、初産ということもあり、なかなか出産の兆候が見えてきませんでした。
先生からも、

「まだしばらく出てこないでしょうからいったん戻られてもいいと思いますよ」

とのお話を頂きました。
でも妻は、

「お腹の中で暴れているからいつどうなるか怖い」

と言ってそのまま入院させてもらうことにしたのです。
着替えなどの準備をするために家に残ってくれた義母にその旨連絡しました。
さすがに義母は落ち着いていて、

「やっぱりそうでしょ。私もあの子を産んだときそうだったのよ」

と電話口で笑いながら言ったものです。そして、

「あと1日2日は出ないからあなたは戻っていらっしゃいな。
 明日になったら私が行くから」

と冷静に指示を出してくれました。
私も仕事の関係で翌日は休めない状況だったので、妻に話して帰宅しました。
帰ると義母は晩酌の用意をしてくれていました。

「お義母さん、すいません」
「うちの主人もそうだったけど、何していいのかわからないでしょ(笑)」
「こういうときは男っていうのは戦力外もいいとこですね(苦笑)」
「まぁここまで来たら後は出てくるのを待つだけだからね。
 出たくなったら勝手に出てくるよ。
 もしその時が会社にいる時間帯だったら連絡してあげるから、
 出来るだけ早く行ってあげてね」

しばらくそんな会話をして、気がつくと時間は午前1時をまわっていました。
そろそろ休みましょうということになって義母が、

「先にお風呂入りなさいな。布団は敷いといてあげるから」
「じゃあ先に入らせてもらいます」

と言って風呂に入りました。
タオルに石鹸をつけて洗っているところに義母がドアの外から声をかけてきました。

「○○さん、飲んだ後なんだから温めのお湯じゃないとダメだよ」
「大丈夫ですよ。元々熱いのは苦手だから・・・」
「背中流してあげようか?」
「いやそこまでは結構・・・」

最後の「ですよ」を言う前に義母は入ってきてしまいました。
バスタオルを巻いただけの格好で・・・。
普段の義母も綺麗だと思っていましたが、
こんな格好をされると綺麗な上に色っぽさもあって、
私の下半身は見る見るうちに元気になってしまいました。
慌てて手に持っていたタオルでそれを隠して、

「お義母さん、自分でやりますから」
「こんなおばさん相手に照れることないでしょ。
 主人が生きていた時は時々やってあげていたのよ」
「それはご夫婦だし・・・」
「夫婦が親子になっただけじゃない」

と言うなり私のタオルを取り上げたのです。
私の下半身は元気なままだったので、ピーンとはね上がりました。
それを見た義母は

「やだ!○○さん、それ何とかしてよ」
「そんなこと言ったってどうにもならないですよ・・・」
「早くしまってちょうだい!」
「お義母さんが目を閉じてくださいよ」

それでも義母は出来るだけ見ないようにしていたのでしょう、
ぎこちなく背中を洗い始めました。
でも一生懸命に丁寧に洗ってくれました。

その心地よさに「フーッ」とため息が漏れたとき、
不意に背後から義母の手が私の下半身を握ってきたのです。

「えっ?」と振り向くと義母は
「タクさん、ごめんね」と言って、
そのまま唇を重ねて来たのです。

急な展開に戸惑う間もなく、口の中に入ってくる義母の舌の感触に、
私も義理の息子から一人の男になってしまったのです。

舌を絡め合いながら座ったまま義母の正面に向き直り抱き寄せました。
バスタオルを剥ぎ取り胸を優しく揉み乳首を指で転がすと、
重ねた唇から「んんん・・・」と声が漏れました。

そのままいったん立ち上がり湯船のふちに並んで腰掛け、
義母のふとももをさすって両足を開かせました。
中心部に指を這わせるとそこはもう洪水のようになっていて
石鹸とは違うヌルヌル感がありました。
そこでようやく唇を離し義母の耳元で、

「舐めさせてくださいね」

と言って義母の前にしゃがみこんで義母のおまんこにしゃぶりつきました。
義母は片手で自分の口を塞ぎ、もう片方の手で私の頭を押さえ、
快感に身をよじらせています。
やがて塞いだ口から、

「もうだめ、いくぅ」

と言ったかと思うと全身が硬直したようになり、
前のめりに倒れ掛かってきました。
私は義母を抱きとめ、その顔にキスの雨を降らせました。
そうしながら義母の手を下半身に導いて握らせ上下に擦らせました。
義母は今度は私の前に跪いて反り返った私のものを口に含みました。
舌の使い方が絶妙で5分と経たないうちに、

「お義母さん、だめだ、出る」

と言うと義母は咥えたまま頷き、止めとばかりに更に激しく吸い上げたのです。
そのまま義母の口の中に発射してしまいました。
義母は全部飲み込みました。
それを見て私は義母が愛しくなり、
抱きしめて強く唇を合わせ吸い上げました。

全裸のまま部屋に戻り二人で一つの布団に入って抱きしめあいながら舌を絡めました。
胸を揉み乳首を舌で転がし義母のわきの下まで舌を這わせました。
うつ伏せにしてうなじから背筋、そしてお尻の割れ目にそって舐めていき、
そのままアナルに到達すると義母は喘ぎながら弱々しい声で

「だめ、そこだけは勘弁して・・・」

と言いましたが、
抵抗らしい抵抗もなく、そのままアナルに舌を尖らせて突き刺しました。
義母はビクッとさせながら、

「汚いから・・・だめ・・・」
「お義母さんのここ、汚くないよ。さっき綺麗にしたじゃない・・・」
「だめなの・・・そこはだめぇ・・・」
「俺のも舐めて・・・」

私が69の体制で義母の口元に私のものをあてがうと
義母は喘ぎながら口に含み舌を使い始めました。

「お義母さん、入れていい?」
「うん、頂戴・・・」
「このままいい?」
「そのまま頂戴・・・」

義母を四つん這いにしてバックから突き刺しました。

「あぅ!」
「あぁっ!いいの!大きいっ!もっと突いてっ!」

義母の両腕をつかんで上半身を起こし突きまくると義母は、

「ひぃーっ!」と叫んでイッてしまいました。

ぐったりとした義母を仰向けにして正常位で入れて、
そのまま唇を重ね舌を吸い上げると、

「んん、んん、んん・・・」

と喘ぎ、しがみついてきました。
重ねた唇はお互いに吸い付いたまま離れませんでした。
そしてそのまま「いく」とも「出す」とも言えないまま義母の中で果ててしまったのです・・・。

それを機に妻の入院中は毎晩義母とやりまくったのです。
まさに「やりまくる」という表現しか出来ません。
アナルが性感帯ということは最初に知りましたので、
ローションをつけてアナルにも入れさせてもらいました。
最初は痛がっていましたが最後にはアナル中出しを自らせがんでくるようになりました。

その後妻は無事出産し、退院してきました。
しかし義母との関係は切れることなく続いています。
幸い義母の家は私の家と会社の中間あたりに位置してますので、
会社帰りに立ち寄って、やってから帰宅というパターンになっています。







義父の肉体の虜になった淫らな人妻

2019.03.22.Fri.15:51
H.K(25歳)

義理の父とイケナイ関係です。
義父と肉体関係にあるのです。
後ろめたさはありません。
悪いのは、夫のほうだと思うからです。
これは、ごく自然な、成り行きだったのでしょう。

結婚6年目です。
夫には浮気癖がありました。
義父と色々話し合っていました。
相談に乗ってもらっているうちに、
関係を結んでしまいました。
ごく、普通の展開ですよね?

夫はもともと×1でした。
原因は私との不倫です。

夫の実家が工務店を経営しており、
夫が社長で義父が会長なのです。

当時の夫の奥様が専務で、
私は新入社員でした。

数ヵ月後に不倫関係になってしまいました。
暫くして、お互いに離れられなくなりました。
ごく普通お話ですよね?

色々、修羅場もありました。
世間が想像する通りの展開です。

決定的だったのは、私の妊娠でした。
結局、夫は離婚し、私と結婚することになったのです。

義母には反対されました。
それでも義父がなんとか形にしてくれました。
それから2~3年は、夫も大人しく会社を経営していたのです。

夜は、私と毎晩のように愛し合っていました。
今、思いだすだけでも、興奮してしまうセックスでした。
夫は遊び人でしたので、女の扱い方が上手だったのでしょう。
セックスするたびに、私は深くイカされるのです。

夫とのセックスでイクことを覚えたものです。

しかし、2人目、3人目の子供を生むに従い、
だんだんセックスをしなくなりました。

昨年長女が小学校に入ると、
月に1~2回となってしまいました。

夫は、「年だから・・・」 と言ってごまかしていました。
でも、どうも女がいるようなのです。
疑い出したらキリがありません。
私はチェックし始めたのです。

会社の経費でホテル代とか使っているようでした。
結局、相手はパートで支店の電話番をしてもらっている女性でした。
夫の同級生の奥さんで、ダブル不倫のようでした。

悔しいけれど夫を責めるのも負けたような気がしてしまいました。
我慢して黙っていたのです。
もともと、私も不倫から結婚したのだから、仕方がないと・・・。

でも、とうとう、義父に愚痴ってしまいました。
それから、義父に色々相談というか、
話を聞いてもらうことが多くなりました。

私は会長の秘書業務もしていましたので、
義父の仕事振りはよく知っていて、憧れでした。

昨年の秋ごろです。
会長が出席したパーティに運転手代わりについて行き、
酔った義父を実家に送りました。

義母は旅行中でした。
義父のお風呂の用意をし、ベットメイクをしていたときです。
風呂から出てきた、義父が後ろから抱き付いてきたのでした。

義父はまだまだ若く見える男性です。
ナイスミドルという言葉が似合います。
まだ若々しいといっても、数年前に還暦を祝ったので、びっくりしました。

「オレはあなたが好きだよ。愛しちゃった」

こんなこと言う人だとは思いませんでした。

「でも、不倫だし、イケナイことは分かってるんだけど・・・」

そう言いながら、抱きしめられました。

「だめ・・・いけません・・・こんなこと・・・」

そう言うのが精一杯でした。
義父というより、かっこいい大人の男の人、って言う感じでした。
そのとき私は、頭が真っ白になりました。

それからは義父にされるがままでした。
私の着ていたワンピースやブラウスが、
映画でも見ているように脱がされていきます。

義父と裸で抱き合いました。
義父は、今でもそうですが、優しく愛してくれました。

恥ずかしいからシャワーをお願いすると一緒に入ってくれました。
そのとき、初めて義父のおちんちんを見ました。
60を過ぎてもこんなに硬く大きくなるんだ。

驚きと、興奮と・・・うれしさでいっぱいでした。

私・・・義父を愛せると思う・・・

セックスは激しくはありません。
けれども、夫とのセックス以上に深いところまで引きづりこまれるような
快感でした。
はっきり言って、夫より、上手なんです。

カラダがバラバラに壊れるような、
それでいて、飛んでいくような感覚でした。

こんなの・・・初めて・・・

一回のセックスだけで、
私は義父の肉体の虜になりました。

それからは、秘書代わりに外出して時間があれば、
というより、そのために外出して、
歳の差と、不倫という壁を越えて、
週に1回は、義父と愛し合うようになりました。

夫も不倫しているから、後ろめたさはありませんでした。
ところが、夫の不倫は、あまり上手くいってない様子なのです。
でも、そんなことは、私には関係ありませんよね。