FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







不倫相手は男子大学生アナル好き

2016.09.24.Sat.16:23
N.N(31歳)

結婚して6年、夫にも生活にも不満はありません。
子供もできて幸せの真っ最中といったところでしょうか?
友達にも幸せそうと言ってもらえます。
けれども、不倫ってしてしまうものなのですね。
恋は止められない・・・いえ、それとも、性欲でしょうか?

いつでも恋愛してたい。
そういうことだと思います。
夫のことは素敵だとは思いますが、
もう恋愛対象ではないんですね。
だって、ドキドキしないんですもの。

パート先で知り合った男の子は大学生。
彼と肉体関係を持ってしまいました。

週に4日してるパートの休みの日に会っています。
夫とのエッチは、もうおざなりな感じですが、
それに比べて彼のはすごく元気でビンビンなんです。
力強くて精力絶倫って感じなんです。

休みの日は、彼の部屋に行って、
子供が学校から帰ってくるまでエッチしまくっています。
エッチをするたびに彼のたくましい体に溺れていくような日々でした。
そのたびに、私は若さを取り戻しているような気がします。

パートの行き帰りのちょっとした空き時間でも会いたくなって、
公園のトイレとか、パート先の駐車場の影で、エッチしちゃうのです。

そんなことが続いていると、

「この体は、僕だけのものだよ。旦那さんとはもうしないでね」

なんて言うようになりました。
かわいいぼうや・・・そんな風に思えるのです。

彼と会えない週末、
特に3連休なんかあった日の次の日なんかは、
いつもにも増して激しいんです。

それもエッチしながら・・・

「旦那としてないだろうな? なんで電話でなかった」

なんて言い出すようにまでなってきました。

私が彼の体から離れられないのを知ってるから、
彼も調子にのってきてるみたいなのです。

「僕を初めての男にしろ」

って言ってきたんです。
もう子供もいるし、処女じゃないのは知ってるのに何?
って思ってたら、

「こっちの穴だよ」

って、お尻の穴をいじってきたんです。
エッチの最中も舐めたり、軽く指を入れたり、
何かといじってることがあって、いつも拒んでたんだけど、
何か目が本気で断りづらい雰囲気になってきちゃったんです。

1度だけならって……。

彼はすごく喜びました。

「奥さんは、もう僕のものだ」

って言いながら、
私に恥かしい格好をさせて、
犬みたいにペロペロ舐めてきました。

変な感じがして全然気持ちよくなかったけど、
ガマンしてたら、今度は指を入れてきました。

少しくらいなら彼にされて経験があったけど、
グググって奥までどんどん入って、
何か排泄感のような変な感じがしてきました。

自然と力が入ってしまうと

「力を抜いて」

って言いながらグイグイ入れてきて、
根元まで入ると今度はゆっくり出して、また入れて、を繰り返しました。

「ゆっくりほぐしながらね、ゆっくり、ゆっくり」

って言いながら、会うたびに私のお尻の穴をいじってきました。
次第に入れる指が1本から2本になりました。
さすがにその時は、激痛が走りました。

でも、やめてくれずに私のお尻の穴をいたぶりました。
そして、ついにその時が来ました。

「そろそろ大丈夫かな。入れるよ」

って言って、カチカチになったおちんちんの先端を穴に押し付けて、
グイグイと入れようとしてきたのです。

私の体は力を入れて抵抗をしました。けれども・・・

「ダメだ、力を抜いて」

って何度も言われて体重をかけるように押し付けられたのです。

一番敏感なクリトリスを弄られた瞬間に、一瞬、力が抜けてしまって、
その時にズブッと入ってしまいました。

私は、あまりの激痛に悲鳴を上げて暴れました。

「ほら、亀頭が入ったよ。あと少しだから」

彼は喜んでいるのです。
痛みに悶える私を押さえ付けて、彼はゆっくりと入れてきました。
気が付くと根元まで入っていました。

「これで、あなたは僕のものだ」
「痛い、痛い、止めて、止めて」
「愛してる、愛してるよ」

そう言いながら何度も腰を動かして、
私の中に熱いザーメンを放出したのでした。

「中出ししちゃった」
「もうしないからね」

そうお願いしました。
けれども、彼はやめてくれません。
そのうち気持ちよくなるのでしょうか?

あ・・・そういえば・・・だんだんと・・・変な気分に・・・












乳首を針でさして感じる淫らな人妻

2016.06.25.Sat.13:18
A.K(26歳)

夫に内緒で出会い系とかしてるんです。
不倫や援交が目的じゃありません。
普通のセックスじゃイケないのです。
私の変な趣味に付き合ってくれる人を探してるんです。

すっごく変態っぽいセックスじゃないとイケないのです。
どんな風に変態っぽいかというと、
「痛み」がないとイケない変態マゾ女なんです。

いつの頃からかわからないけど、
付き合っていた人の何人かの人が、すごく暴力を振るう人で、
セックスの時もすごく乱暴だったんです。

お尻を平手打ちしながらの後背位はすごく刺激的でした。
お尻が真っ赤になるほど叩かれたのです。
その度に、あぁん、あぁんと、喘いでいました。

フェラチオは髪を掴まれて、無理やりに首を振らされました。
そして腰を思いきり振るので、口の中で勃起したチンコが、
暴れまわり、嗚咽を吐くほどでした。
けれども、その苦しさが快感なのです。

正常位でつながっている時は、首を絞められたこともあります。
窒息しそうなくらいに、ぎりぎりの状態まで締めるのです。
そうすると、おまんこが、ぎゅっと締まるようなのです。
その状態を彼が好きだったのですが、
私も同じくらいに好きでした。

けれども、そういうセックスをするタイプの男性は、
どこか破滅的で結婚には不適格でした。

結婚相手は普通の人と思って、今の人と結婚しました。
セックスだけは満足できませんでした。
性欲は強い人です。
前戯もいっぱいしてくれます。
私の股に顔をつっこみ、何十分も続きけてクンニングスすることもあります。
けっこう、エッチが上手な男性だと思います。

それなのに、そういった普通のセックスでは、
エクスタシーを感じることができないのです。
性欲が満たされないのです。

だから出会い系で、その時限りの人に、
私の変態っぽいセックスを要求してるんです。

最初は乳首を噛んで、というくらいでした。
戸惑う人のほうが多いけれど、
私が感じる姿を見て、夢中になって噛んでくれました。
手加減する人や、エスカレートして強く噛む人など、さまざまです。
噛む強さによっては、それでも十分イケました。
けれども回数を重ねているうちにだんだん物足りなくなってきたんです。

それから乳首を強くつねってもらいました。
乳首がちぎれそうなくらいに、引っ張ってもらいます。
性感が高まってきて、すごく感じちゃいました。
こういいうのは、男性側にサドの資質がないと無理のようですね。

墓には、クリトリスを噛んでもらったり、
ベルトでお尻を叩いてもらったりと、
要求がエスカレートしていったんです。

さすがにあまり知らない人に、首を絞めてもらうことはできません。
本能に殺されかねませんからね。
でも、そういった恐怖感の中でエッチするのも、
刺激的かもと、最近は考えるようになってきました。

1度激しいエクスタシーを感じてしまうと、
それ以降は物足りなくなってきてしまいます。
中毒患者や依存症に似ている感じなのでしょうか?

それで乳首を針で刺すというところまできてしまったんです。
最初は針を見ただけでゾクゾクしちゃいました。
刺されると思うだけで、軽くイッてしまうほどなのです。

実際刺される、プツンと肌に刺さった瞬間の痛みが、
電気のように全身に走って、脳の中が何かで満たされるようにジーンとしてきました。
恐怖と快感に鳥肌もたちます。
あまりの気持ちよさに、人生で最高のエクスタシーを体験することができました。

今まで受けてきたどんな痛みよりも鋭く感じて、
一瞬でイケるくらい体を敏感にさせてくれました。

私は「もっと、もっと…」って求めてしまいます。
痛みは一瞬だけなんだけど、でもじんわりとした感じは継続してて、
針を少し動かすとまた電気が走るんです。

肌に刺さった時ほどではありませんが、
ほとんど一瞬で痛みが消える今までの痛みとは、
比べものにならない快感でした。

今ではハメられながら針を刺してもらったり、
安全ピンを刺してもらって引っ張ってもらったりしています。
もうそれだけで潮吹きまくりで、イキまくりです。

こんな私って変態でしょうか?










映画館で痴漢されて悶える淫らな人妻

2016.04.24.Sun.16:31
S.A(43歳)

その日は夫も出張、息子も部活の遠征で帰りが遅いということもあって
近所の遠山さんという仲良し奥さんと映画に行く予定でした。
ところが遠山さんのご主人が前日に盲腸で入院してしまい、
もちろん奥さんは映画どころじゃなくなってしまいましたが、
すでに前売りチケット買っていましたので、
結局わたしひとりで行くことになりました。

久しぶりの映画館にちょっとドキドキ…
それも今までひとりで映画館に来たことはありませんから…。

最初はCMやら次回上映作品などの予告が流れていましたが、
いよいよ映画本編が始まって…ちょうど5~6分経ったときでした。
スっとひとりの男性が私の隣に座ってきたんです。

『もう…いっぱい空席あるのに…よりによって何で隣なの?』

と心の中で呟きながら、横目でチラっと隣の男性を見ました。

私よりちょっと年下に見えましたが、
何せ暗いのではっきりはわかりません。
ただスーツを着ていたのでサラリーマンなのでしょうかね!?
でも座られてしまった以上、
隣を気にしても仕方ないので映画に集中しようと思いました。

それからあまり隣のことも気にならなくなり、
リラックスして映画を鑑賞していました。

そのとき『ん?』と何かそわそわした違和感を覚え、
いっきに緊張しました。
隣の男性がスカートの上から太ももを遠慮がちに撫でていたんです。

大声も出しづらい状況だったので、『どうしよう…?』と迷っていたのですが、
私が何も抵抗しないと思ったらしく、スカートを少し捲くって内ももを撫でてきました。

私はその状況に心臓がバクバクして鼓動が早くなっているのがわかりました。

『抵抗しないきゃ…このままじゃいけない…』

と思っていると、隣の男性は私の両脚を開かせようとしていました。

私はグッと固く脚を閉じていましたが、
男性の手が股間部分をもぞもぞしながら侵入してきました。
そして下着の上からおまんこを指で弄ってきました。

すぐにクリトリスも探されてしまい、
指でクリトリスをクニュクニュ弄られてしまいました。

明らかにいけないことをされてる自分、
それも映画館の暗闇で…少ないけど観客もいる…
そんな状況に私も異様な興奮を覚えていました。

いつの間にか固く閉じていた脚が緩んで
やや両脚が開き気味になっていたかと思います。

男性はそれを見逃さなかったようで下着の横から指が侵入してきました。
指でクリトリスを直接弄られると体が小刻みに震え感じてしまいました。
しばらく執拗にクリトリスをクニュクニュ弄られ、
思わず声が出そうでしたが、必死に堪えました。
 
すると男性はいったん下着の横から入れていた指を抜いて、
私の下着を脱がせようとしてきました。
さすがにちょっと…と思いましたが、
すでにスイッチが入っていた私は
脱がせやすいようにお尻を浮かせていました。

そして男性は私の下着を脱がせると、
私の片方の脚をひじ掛けに載せたんです。

そして男性は私に寄り添って来て、
また私のおまんこを弄り始めました。

いくら人が少ないとはいえ、暗闇でおまんこを晒して
見も知らぬ男性に弄ばれて感じてしまっている私を
もし誰かに見られたらと思うと、心臓はバクバクし、体は火照り…
これまで味わったことのない興奮を覚えてしまいました。

そして今までクリトリスを弄っていた指が
ヌルヌルのおまんこに一本入って来ました。
ゆっくり入れたり出したり、そして膣を掻き回され…。

男性の焦らすようなゆっくりとした出し入れに我慢できなくなってしまい、

『もっともっと…欲しい』と知らず知らすのうちに自ら腰が動き、
快楽の嗚咽を漏らしそうになっていました。

男性もそれを知ってかとうとう指を2本挿入してきました。
指をクイっと曲げGスポットを刺激しながら、
今までとはまったく違い激しく出し入れしてきました。
近くに誰か座っていたら、聞こえてしまうほど私のおまんこは
グチュグチュといやらしい音を立てていました。

それまで必死に耐えていた快楽の嗚咽も、
『あぁ、あ、あ』と漏らしていました。

映画の音に掻き消されていたとは思いますが、
もうそんなことは気にしていませんでした。
私は彼の服を掴んで、

『あ、あ、あ、イッ、イッちゃう~』

と言って体を大きく震わせて…イッてしまいました。

今までに味わったことのない興奮と快感で
しばらくイスにもたれかかっまま
おまんこを晒した状態で放心していました。

我に返って横を見るともう男性はいませんでした。
私はこれ以上ないくらい恥ずかしくなって、
急いで下着を履こうと思って探しましたが、
下着は見つからず…
そのまま服装を整えて映画館を出ました。

今、思い出してもおまんこが熱くなって、
触ってもいないのに濡れてしまうほどの体験でした。










セックスの喘ぎ声をお隣に聞かせた淫らな人妻

2016.02.11.Thu.17:00
Y.U(24歳)

私たち夫婦は結婚して一年です。
まだ新婚気分のはずなのですが、
最近では夫との夜の生活がつまらなく感じています。
私はまだ24歳の女盛りなのに・・・。

夫とのセックスはパターン化してて変化が無く、
とうとうお隣のご主人と秘密のお付き合いをするようになってしまいまいました。

浮気のきっかけは、お隣の奥様がお産のために里帰りされていた時のことです。
ある日、エレベーターでお隣のご主人と一緒になりました。
両手に大きなレジ袋を下げていましたので私から声をかけたのです。

「お買い物ですか?」
「妻がお産で田舎に帰ってまして」

返事をくれた時の笑顔がとても爽やかでした。
ガッチリしてて背も高く、スポーツマンタイプの素敵なご主人です。

それから何日か過ぎた土曜日の午後、お隣のご主人が訪ねて来ました。
夫の仕事はサービス業なので土日は家にいません。

訪問の理由は、当番制になっているゴミ置き場の清掃に関することでした。

「いい匂いですね」
「カレーを作っているんです」
「おいしそうな匂いだ」
「奥様がお留守で何かとお困りでしょう?」
「インスタント食品の専門家になりそうです」

その時は笑ったものの、後で気の毒になり、
いそいそとカレーを届けに行ったのです。

お台所に汚れた食器類が山のようになっていたので、
ついでにそれも洗ってあげました。
親切の押し売りだと思いつつ、何だか放っておけなかったんです。

その日の夜は夫と夫婦の営みをしました。
部屋は6階の最上階で、近くに高い建物が無いため、
少しぐらい窓のカーテンが開いていても他人に覗かれる心配はありません。
夫がたばこを吸うため、窓を少し開いているのです。

翌日の朝、夫を送り出した後で、届けたカレーの器を返してもらいに、
お隣を訪ねに行きました。
ドアを開けた彼の顔がとても不機嫌そうに見えました。

「まだ器を洗ってないので・・・」
「じゃあ、私がやりますね」

勝手にキッチンに立ったのが間違いの始まりでした。
すぐ後ろに立った彼が言いだしました。

「ご夫婦の仲が良くて羨ましいですね」
「え? なんですか?」
「昨夜は刺激的な声を聞かされて眠れませんでした」

説明されて知ったことですが、お隣の寝室と私達の寝室は隣り合わせで、
彼も窓を開けて寝ていたらしいのです。
ベランダ側から私達夫婦の営みを聞かれていたのです。

「禁欲生活を続けてる僕には刺激が強すぎます」
「すみません・・・」
「奥さんの声ってすごくセクシーですよね」

そう言いながら抱き寄せられました。
逃げようとしましたが、体格の良い彼に抱きすくめられたら、
身動きなんて出来ません。
壁に押し付けられてしまいまいました。

「あんな声を聞かせる奥さんが悪い」
「ごめんなさい。気がつかなくて本当にごめんなさい」

今から考えたらおかしな話しですが、
その時は本当に悪いことをしたと思ったのです。

腕を掴まれ、寝室に連れて行かれてしまいました。
そして乱れたベッドの上に転がされました。
嫌いな相手なら抵抗したでしょう。
でも・・・。

されるがままに下着を脱がされ、
胸を吸われながら恥ずかしい部分を触られました。
キスしながら指を動かされたらすごく感じてしまい、
思わず彼の舌を吸ってしまったのです。

ここまで来たら、私がその気になっていると思ったのでしょう。
手を引かれ、彼のおちんちんを握らされました。
熱くて硬くて・・・夫のおちんちんより一回りくらい大きいのです。
キスを続けながら手で愛撫していると、
いきなり足を開かれ、すぐに行為の体勢になりました。

「いいですか?」

と聞かれましたが、すでに入り始めてるんです。
もう返事なんて出来るはずがありません。

夫以外にも何人か男性経験は有りますが、
彼が入って来た時の圧迫感はものすごく、
イク時は心臓が止まるかと思うくらいでした。

お腹の上に出された精液の量がすごくて、
本当に溜まっていたのだと思います。

その日の夜は私から夫を誘い、セックスをしました。
夫に対する罪滅ぼしみたいな気持ちもあったのですが、
隣の彼に聞かせたいという意識の方が強かったと思います。
ですから、一段と激しい喘ぎ声を発しました。

次日、夫が出勤するのを待ち構えていたように彼が訪ねて来ました。
ドアを開けるなり怒った顔で、有無を言わさぬ態度で隣へ連れて行かれたのです。

無言のまま全裸にされ、この日は私から進んで彼のおちんちんを口で受け入れました。
夫にも何度か口の中に出されたことはありますが、飲んだのは彼が初めてです。
すごく刺激的なセックスでした。

彼の機嫌が直ったところで一緒にお昼を食べ、
午後からまた2回ほどセックスしました。

自分たちの立場も忘れ、まるで恋人同士といった感じです。
彼との関係は奥様が戻って来るまでという約束でしたが、
最近は外で会うようになって未だに切れていません。
もちろん、私だってその方が嬉しいに決まっています。