FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







元カレとエッチする淫らな人妻

2018.10.23.Tue.15:46
K.O(22歳)

私は22才でもう主婦です。
実はできちゃった結婚で1才になる娘がいます。
でも実はまだ元彼と縁が切れてなくて、
たまに会ってはよくHをしています。

休みのときなどは、
旦那は実家の両親に娘を会わせるために
よく連れて行きます。

そういう1人になるチャンスはなかなかないので、
元彼に連絡を取ってしまうんです。
最近ずっ~と会っていなかったから
無償に会いたくなってしまい、

「今すぐ会いたいから家に来て…」

と大胆にも自分の家に呼んでしまいました。
元彼はすぐに飛んできてくれて、
カギを開けたと同時に
玄関先で熱いキスをしてしまいました。

元彼の舌が私の舌に絡まると体が熱くなってきて、
自分でもアソコは汁が溢れ出て
すぐにグショグショになっているのがわかりました。

元彼は私をソファーまで
お姫さまだっこで連れていき、
すぐさま服を脱がしてきました。

かなり溜まっていたみたいで、
すでにかなり興奮しているみたいで、
私の全身をキスしたり舐めたりしてきました。

とくにオッパイは甘噛みをしたり
強く吸い付いてきたり、激しく責めてきました。

「あん、あっあー…ふぅ…ぁあーいやぁーんんっ…すごいきもちいい…」
「久々にキレイなオッパイ見たから興奮してきちゃったよ…
 次はオマンコを気持ち良くしてあげるからね…」

そう言って元彼はオマンコを舐めてきました。
グチュグチュ、と私の汁の音が聞こえました。

「すごいよー…こんなにいっぱい出ちゃって…」
「んん…はぁん、あーあっあっあっ…あんあん…
 きもちよくて汁が止まらない…もっと舐めて…」

気持ち良さそうな私を見て
元彼も我慢出来なくなったらしく、
大きくなったオチンチンをズボンから出してきました。

そしてソファーでシックスナイン!
2人してお互いのアソコを激しく舐め合いました。

私は元彼のオチンチンをシゴキながら
サオやタマを吸ったり、舐めたりしました。

元彼も私のビチョビチョのビラビラや
クリトリスをいっぱい舐めたり、吸ったりしてくれました。

そして、元彼は私をソファーに四つん這いさせ、
一気に硬く反り返ったオチンチンを後ろからハメてきました。

「ぅう…きつい、はーっあんあん…んー…もうやばい…もっと突いて!」
「オマンコ、すごいあったかくて、すごくいいよ…」

ギシギシギシ…パンパンパン…
と激しく音が鳴り響きます。

その時です!
急に旦那から携帯に電話が…!
私が慌てて携帯に出ると、夫が、

「あと30分位で帰るから」

と言うので、私は焦ったので、

「ついでに帰りコンビニで飲み物買ってきて」

と時間稼ぎをしました。
すると電話してる最中にも関わらず、
元彼は後ろから私のオマンコにオチンチンをどんどん突いてきました。

私は焦りながらも感じてしまい、
喘ぎ声が漏れないように
必死で声を押しつぶしました。

「それじゃあ気を付けて帰って来てね…はぁ…じゃあね…ん…」

ズブズブッ…

電話を切った後も腰を激しく動かしてきて、
私のオマンコにオチンチンを出し入れしてきます。

「旦那からだったよ!もう…バレたら大変じゃん…」
「だって我慢出来なくて…」

そして腰の動きを早め、

「あーイクッ!イッていい?」
「うん!出して!中に!…ぁっあぁん、はぁん…もうグチャグチャにしてぇ…」

そしてドドピュッと私の中に大量の精子を出しました。

Hが終わったら夫にバレないように
元彼はそそくさと帰ってしまったけど、
その後も私はHの余韻でずっといやらしい気持ちでいっぱいで
それを思い出してはたまにオナニーしてます。








初めてイクことを覚えた淫らな人妻

2018.10.22.Mon.15:06
U.S(28歳)

夫と小学生一年の息子と3人で暮らしています。 
夫とはもうセックスは全然無い状態なんです。
私自身、男性経験が少なく
結婚する前に一人と関係があっただけでした。
あまりイッタって経験が無いのです。

セックスで「イク」ってどういうことなのか、ピンときません。
とはいえ、それほど興味があるわけでもありませんでした。
けれども、先日、すごい経験をしちゃったのです。

1週間前に、偶然私の高校時代の先輩にばったり会ったのです。 
実は高校時代にその先輩に
「付き合って欲しい」って言われたのです。

当時は男性に対して勇気が無く断っていました。
すこし気まずかったのですが、お互い子持ちというのもあり、
なぜか呑みに行く約束までしてしまったのです。
 
当日夫には友達と久し振りだからと
出かけさせてもらいました。
何も疑っても無かったようです。

先輩とは本当に久し振りで、話に花が咲き、
長い時間楽しい時間を過ごさせてもらいました。 

そしてお店から帰り道、突然キスをされてしまったのです。

私は拒んだのです。
でも、恥ずかしいのですが
体の自由がきかなくなったんです。

本当なんですよ。

全身の力が抜けたようになってしまいました。
そのあと抱きかかえられるようされました。

「君のことが今でも好きなんだ」

そう耳元で囁かれたのです。
胸がキュンとなりました。

「この気持ちを受け止めて欲しいんだ」

本当にどうしたら良いのかわからなくなりました。
そして、つい頷いてしまったのです。
そのままホテルへ連れて行かれました。

「一緒にお風呂に入ろうよ」

拒み切れずに服を優しく脱がされ
一緒に入ってました。

どうしてそんなことになったのか
解らないのです。 
すごく自分が積極的になってるのに気づきました。

お風呂に入って、
彼のおちんちんを見ると大きくなっていました。

「舐めて欲しいな。いいだろ?」

顔の前におちんちんを出され、
言われるがままに咥えました。

実は私、フェラチオも初めてだったのです。

どうすれば良いのか解らずにいると、
彼が優しく教えてくれました。
その通りすると
彼が喜んでくれたことが凄く嬉しかったです。

フェラチオって、
相手が気持よくなってくれることで、
快感を得る行為なのですね。

そのあと私のおまんこを彼が舐めてくれました。

膣がキュンと収縮する感覚が起きました。
そしてとめどもなく、エッチなお汁が噴き出るのです。

そのお汁を、彼はちゅーちゅーと飲んじゃってました。

頭がクラクラするほど、快感に酔いしれました。
そして、電気が走るような刺激に襲われました。

そのあと、なんだか、
高いところから落とされたような感じになり、
そして、ふわふわと
宙を浮かんでいるような感覚が訪れました。
これが「イク」っていうことなのですね。

夫とのエッチのときは、指で触ってくれるだけでした。
少し濡れるとすぐに挿入し、
痛いだけだったので本当に嫌でしかなかったのです。

でも彼とのエッチは違いました。
じっくりと攻められ、快感が高まり、
恥ずかしいくらいに声を出しちゃったのです。
 
挿入するまでの間
ずっと体中をキスしたり舐めたり触ったりしました。
全てが初めての経験で、本当に感じていました。 

今までなら挿入されても痛いだけだったのに、
彼のおちんちんが私に入ってきたときは、
思わず彼に抱きついていました。 

そして彼が動き出すととっても気持ちよくなるんです。
そのときも何度か気を失うような感覚になりました。

時間にして1時間くらい抱き合っていました。
そして、何度も「イク」ことができたのです。

エッチが終わった後、再び二人でお風呂に入ったときに、
またその場所で立ったまま挿入されました。

私自身が壊れるんじゃないかと思ったくらいです。
結局その日は彼が3回もしてくれて、
私のセックス感が変わったように思います。  
夫ともこんなセックスができればいいのになぁ~。








不倫相手とはゴムなしでする淫らな人妻

2018.10.21.Sun.15:11
S.A(33歳)

33歳、子供が小学校にあがり
家計を助けるために4月からパートに行ってます。

小さな食堂でランチ時間だけだったんですが
夜も人が足りないときは来てほしいと言われ
週に何度か夜も手伝うようになりました。

店長さんは34歳で、凄くイケメンですが
3年前に離婚し一人だと聞きました。

夜の片付けの時は店長さんと二人で 楽しい話で笑いっぱなしで
私は楽しみでした。

一度夜に宴会が入り 
もう一人のパートさんと一緒に
仕事をしてると 
そのパートさん(Oさん)が

「あなた、店長とまだなの?」

と聞かれ

「エッ」と応えると、
「まだなんだ 凄いのよ アレが」

と笑い、

「給料が安い分、店長に頑張ってもらいなよ。今日は私ね」

と言われました。

その日が終わり、
私が帰る時Oさんも着替えてましたが、
私だけ帰りました。

でも帰宅してもOさんの話が頭から離れず、主人に

「コンビニにちょっと行ってくるね」

と家を出て
お店に行くとまだ電気がついてました。

厨房の入り口は戸が開いていたので
こっそり戸をあけると
喘ぎ声が聞こえてきます。

私は恥ずかしくなり帰ろうとすると、Oさんが喘ぎながら

「店長、新しい人とまだなの?エッチしたい人しか雇わないって言ってたよね」

と言うと 店長は

「エッチしたい人なんてひどいよ。好みの女性を雇ってるんだよ、Sさんも美人だし素敵な女性だよ」

と言われ、
私は店長に言われたことが
凄く嬉しくて帰ろうとしましたが、

「明日Sさん夜だから頼んでみようかな」

と聞こえました。

私は、急に恥ずかしくなって
ドキドキしながら帰宅しました。

主人が晩酌中だったので 
私も一緒に飲みましたが、
私のテンションはあがっており、 
主人にも

「今日は機嫌がいいんじゃない?いいことあったの?」

と聞かれるほどでした。

綺麗な下着でパートに行き、
店が終わって片づけをしてると、
店長が後ろから「お疲れ様」と抱きついてきました。

「こうしたかったんです。昨日一緒に働いてくれたOさんともこういう関係なんです、すみませんいやだったらやめますから」

と言われると胸を揉まれました。

「知ってます、昨日Oさんが話してくれましたから」

と答えると乳首を服の中でいじられキスをされました。

キスをされながらジーンズを下ろされよつんばいにさせられると、
店長は下着をさげアソコを舐めてきました。

アソコを舐められ恥ずかしがってると店長がズボンを脱ぐ音がしてゆっくりと挿入してきました。

その瞬間から苦しいほど押し広げられ私の中でいっぱいになっており、
それでも進入してくる店長に

「もう無理です」

と振り返ると、まだ店長のモノは入りきってませんでした。

「Sさんは狭いんですよ」

とゆっくり引いていくのが見えるのと同時に、
店長の亀頭のエラが私の中をえぐるような感じになると

「あぁぁぁぁん」と長い喘ぎ声が出てしまい、
何度か浅いところで出し入れをしてる店長のアソコには
ヨーグルトのようなモノがついてきて、
恥ずかしくて目をそむけると、店長が

「きちんと見ててください」

とゆっくりと根元まで入れてきました。

それと同時に
私の奥に店長の亀頭がきつく当たり、腰をグリグリと振られただけで
私はイキました。

店長も我慢できないというので
出してもらいました。
安全日ではないので外に・・。

股間に何かがはさまったような感じで帰宅しました。
結局その日の帰りが遅いと
主人に怒られ、夜のパートはなくなりました。

そのとき主人に逆ギレし

「忙しかったんだから仕方ないでしょ、夜の時間はやめさせてもらうから」

といい、次の日のランチタイムの前に店長に話しました。

残念そうな店長に申し訳ないのと、
主人にむかつき、
ランチの前に店長とお店の座敷でエッチし中出しを許しました。

パート中も店長のがタラっときましたが
そのまま働いてると主人がランチにきました。
店長に「夜は申し訳ないですが無理なんで、日中だけにしてください」

と頼み 

店長も「さっき話を聞きました、日中だけでもありがたいですから」

と言うと主人は満足そうでした。

主人が帰る時足元に財布を落とし、
私が拾おうとしゃがむと
ドボドボというような音が小さくなりました。
空気がでたのか一緒に店長の精液が出てアソコが熱くなり
主人の前だったので焦りました。

赤面気味な私に店長が
「どうしたの?」と聞いてくるので、「さっきしゃがんだら店長のいっぱい出てきたのあせっちゃった」

と言うと、

「旦那さんいい人だね」

といい、
私の後ろにまわりまた私のズボンをおろし入れてきました。

「旦那さんみたら興奮しちゃった」

といい店長はまた中に出しました。
その夜、主人も求めてきて焦りましたが、
主人はアソコを舐めてもわからなかったうようで安心しました。

でも主人にはまだむかついてたので ゴムつきでしました。








スポーツジムで出会った男性とエッチする人妻

2018.10.20.Sat.16:51
O.Y(35歳)

夫は自営で歯科医してます。
中学の子供が一人います。
私も受付で仕事してます。
それなりに幸せです。

気晴らしにはスポーツジムに行きます。
エアロで発散すると、爽快でとても気持ちよくなれます。
2年前に同年代位の男性がジムで見かけるようになりました。

2ヶ月で挨拶程度の会話。
4ヶ月がたったころからジムでのことやエアロのことなど話すようになりました。
お互いの名前とか家庭のことを話す仲になったのです。
そしてメアドの交換をしたのです。
私のほうから交換をお願いしました。

週に1~2回しかジムで会わないけど、
何気ないメールの交換で私は彼に引かれていきました。

今年の夏前に、海に連れて行ってとお願いしました。
当日、ワクワクドキドキして彼の車に乗り海水浴場で久々のデートをしました。
とても楽しかったです。
海で彼と肌が触り、それだけで興奮してました。
まるで少女のようですね。

帰りの車の中で別れ際に私から、

「今日は楽しかったわ」

とお礼がてらキスしました。
すると彼は私を激しく抱き寄せて、
再びキスされてこのまま最後まで行っちゃう雰囲気に・・・。
でも、拒みました。
怖かったのかもしれません。

それからジムで彼を見る目が変わりました。
夫には悪いけど彼となら1度だけエッチしたいと思ったのです。
一度拒んでおいて、自分から誘うのもどうだろうと、ちょっと不安でした。

秋に車で30分のところに紅葉を見に行きました。
誘ったのはまた私です。
歩いてるときに、彼の腕に手を回し、
頭を寄せて歩きました。
ああぁぁ、こうしているだけでも興奮しちゃう・・・。
ただ歩いているだけで、アソコが濡れていくのがわかるのです。
ひょっとしたら、彼のおちんちんも、
勃起しているのかしら? と思いましたが、
確認はできませんでした。

帰りの車の中でも彼の手を握り、
目線でホテル行きたい、と訴えました。
言葉では言えません。
でも、きっと感じ取ってくれるはず・・・。

彼は感じてくれてホテルに車を入れてくれました。
エスコートされる感じで部屋に入りました。
部屋に入ったとたん、熱いキスです。
長いキスで全身から力が抜けてしまいました。

彼に身を任せるとベットに寝かされて抱かれました。
シャワーしたかったけど、
言えないほど攻められて感じてたのです。
彼の激しさが素敵でした。

キスされながら、次々に服を脱がされていきました。
ブラも躊躇なく外されました。
ちょっと大きめの乳房を揉まれました。
温かい掌で、ゆっくりとこねるように・・・。
乳首をいじられ、すごく感じちゃいました。

その間にも、パンティを脱がされてしまいました。
そして、一番感じるデルタ部分へと、指先が伸びてきたのです。
そこはもう濡れまくっていました。
恥ずかしいほど、濡れていたのだけれど、
そうさせたのは彼だもの・・・仕方ありませんよね。

私も彼のおちんちんを愛撫してあげたかったけれど、
彼の攻めは休むことがありませんでした。
私は、

「ああぁぁ・・・すごい・・・こんなの・・・気持ち良すぎ・・・」

なんて言いながら、喘ぎまくっていました。

そしてついにおちんちんを挿入されました。
まだ触ってもいないし、見てもいないおちんちんが、
私の中に入ってきます。
膣だけで感じる彼のおちんちんは、あきらかにおっきいのです。
しかも硬い・・・すごく硬いの・・・。
巧みな腰使いであったという間に、アクメを迎えちゃいました。

我に返ったときはお互い全裸で服も下着も散らかってました。
シャワーしながら、ようやく彼のおちんちんを舐めてあげれました。
そして、この日三度目の射精を口に出されてました。

家に帰っても体の火照りは冷めなくて、
夫が寝てから一人思い出しながら慰めてました。