FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







高校生と乱交した淫らな人妻

2017.10.26.Thu.15:24
K.M(44歳)

少し前、7月の事です。
息子(高2)気が弱くあまり友達もいません。
夏休みでも自室にこもりっきりなんです。
部屋でゲームばっかりで心配でたまりません。
夫はほとんど息子の事は私任せなんです。

そんな ある日、スーパーで買い物をしてると、
何やら少し悪そうな高校生三人がいたんです。
その中に、息子と同じクラスの子がいました。

そこで、その子に頼んで 
息子をプールでも誘って貰おうと思ったんです。
息子に日焼けでもして貰って逞しくなって欲しかったんです。

勇気をを出して その子の前に行き、

「おばちゃんをお覚えてる?」 と言うと、
「あ~圭介のお母さんでしょう?」 と知ってたんです。

私の願いを話してみたんです。
すると一人の、一番悪そうな子が、

「なら、おばさんも一緒に行きましょうよ、プールじゃなく海へ」

と言うんです。

「えっ? 私も一緒?」 と聞き返すと、
「そう、おばさんも一緒に泳ぐんですよ」 と言うんです。

息子を外へ連れ出したい一心で、仕方なく、

「分かったわ。私も一緒します」 と返事してしまったんです。

帰って、息子に その話をすると、
嫌だよ、行かないよの返事なんです。

どうして、お友達が誘ってくれてるのにと言っても
完全拒否なんです。
彼等との約束の日、断ろうと待ち合わせ場所に行くと、

「何だよ~せっかく時間作って来てやったのに、行けないとは何だ」

と怒り心頭なんです。
彼等が怒るのは無理もありません、こちらからお願いしたんですから。

すると、仕方ない、圭介抜きで このままおばさんと行こうと言うのです。

私が、 「え~こんなおばちゃんと?」 言うと、
「仕方ねえだろ」 と言うのです。

「だって、私、水着なんて着れない身体よ」 と言うと、
下から上まで、いやらしい目で見るんです。

「さあ、それはどうかな? 脱いだら凄いんですじゃないの」 と言うんです。

こちらから一方的にお願いした弱みで、
私、仕方なく、「良いの? 私で?」 と言ったんです。

彼等は、「たまには熟女もいいか」 と言いながら
私の車に乗り込んで来ました。

途中で私の水着を買う為、ドンキにより、
地味なワンピを買い、試着室でそのまま着てしまいました。

海へ行くと大賑わいでした。
何十年ぶりでしょう海水浴は。
彼等は私の存在など忘れたようにハシャギまくりでした。

しばらくすると、

「おばさん、こっちこっち」 と海の中から呼ぶんです。
恥ずかしさも忘れ彼等の待つ海の中へと行きました。

するといきなり誰かの手がお尻を触るんです。
「キャッ!」 と声を上げると、
「若い娘じゃあるまいし、キャは無いでしょう?」 と笑われてしまいました。

海の中で彼等は、代わる代わる私の身体を触るんです。
一人の子が、「イケね~俺、起っちゃった」 と言うんです。
すると俺も、俺もと三人が言うんです。
本当言うと、私も触られて興奮してたんです。
こんな若い子に触られて・・・。

「おばさん、ほら!」 と言って私の手を取り、
その子達、おチンチンの上に持って行くんです。
もうカチンカチン状態でした。

「おばさん、やらせてよ」 と言うんです。
「嘘でしょう? あなた達のお母さんの歳よ」 
と一応、建前だけは言ったんですが、私も欲しくなっていたんです。

彼等は、「いいよ おばさんでも、やらせてよ」 言うんです。
「そうね、お詫びしなくちゃね、いいの?こんなおばちゃんで」

と再度確認すると、「さあ~行くぞ!」 と皆で、ラブホに突進でした。

若さは凄過ぎました。
前から後ろから、
代わる代わる入れられると、
もう気を失ってしまいそうでした。

夫の柔らかいおちんちんとは格段の差でした。
彼等は、スケベの限りを尽くし、
私の身体で思う存分遊んでいました。

若い根を三本、目の前に突き出されフェラチオです。
まさかの高校生との乱交に、人生変わってしまいました。