FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







初めて潮を吹いてイクことを覚えた人妻

2018.11.03.Sat.16:10
K.A(27歳)

先月、一緒にパート勤めしてた人が辞めるということで送別会があり、
今までいろいろお世話になったので、参加しました。
飲み会が終わった後、他の人が店の前で2次会どうする?
という話をしていました。

私は少し飲み過ぎたせいもあり、2次会に参加せずにそのまま帰ろうと、
彼女に挨拶し、駅に向かって歩いていきました。

しばらくして店長が走って追いかけてきたので、何かなと思ってたら、

「ちょっと話がしたい」

と言い、手を引っ張られました。
近くにあった小さな公園に入り、ベンチに座り、

「どうしたんですか?」

と聞くと、彼が真剣な顔をして、告白してきた。
パート先で、いつも楽しく話をしていて、
ちょっとエッチな会話もしていた彼は、
ちょっと気になる存在だったけど…

そんな話が出るとは思っていなかったので、正直、びっくり。

「冗談ですよね?」
「本気なんだ」

と言い、いきなりキスされた。
久しぶりに感じたドキドキ感…
彼の手がコートの上から私の胸をタッチした。

手を振り払ったけど、彼の手はコートの中に入ってきた。
酔っていたこともあり、

「ここじゃ嫌」

と言うと、勢いでそのままホテルに…

部屋に入ったらディープキスされた。
あっという間にベッドに押し倒されて…

ベットの上の彼は優しく、たっぷり愛撫され、
今まで感じたことないくらい感じてしまいました。

旦那とレスということもあったかもしれませんが、
彼の指が私の一番感じるところを集中的に強く早く責め始めると、
押し寄せるような波を強く感じ、

その瞬間…

何かパァァッと開いたような、光ったような感覚が襲いました。

何?と思っていると、

「潮を吹いてくれるなんて嬉しいな」

と彼が言いました。

私は、太ももの内側がびしょ濡れになっている感覚に気付きました。
潮を吹くという経験は初めてでした…

そして彼が私の中に入ってきた時、正直、期待していました。
今までイクという経験がなかったので、
彼がイクっていう経験をさせてくれるかな、と。

間もなくそれが現実となりました。
何度も突かれ、彼にしがみついてその快感に溺れていると、
頭が真っ白になりました。

初めて知った潮吹きとイクという感覚…

終わった後、彼に腕まくらされながら、
セックスってこんなに気持ち良かったんだ…
と思うのと同時に、
酔っていたから、間違いを犯しただけ。家庭を壊す気なんかない…
と自分の中で言い訳してた。

でもこんな関係はやっぱりまずい…

「お願い。今日のことは忘れてください」
「携帯メールだけ交換しませんか?」

早くその場から離れたかったので、メアドを教えて、
逃げるようにホテルを出ました。

翌日、彼がパート先で話しかけてきました。

思い出しちゃダメ。忘れないと…
そう思って聞こえないフリとか、
他の人に気付かれないよう、平静を装いました。

その日の夜、彼からメールが来たのです。

「本気だったんだけど、迷惑だったかな?もしそうなら、話しかけないようにするよ」

そう書いてありました。
引かれると余計に意識してしまうんです。

初めてイクという感覚を体験させてくれた人…
メールくらいなら、浮気じゃない…
そう思い、メールしてしまいました。

「この前は酔った勢いでごめん。ちゃんと謝れなかったから謝りたいです。」

そう返事が来たのです。

二人きりで会っちゃダメよ…でも、あの感覚をもう一度、体験したい…

心の中で葛藤がありました。
そして、今日、彼と二人きりで会ってしまったのです。

彼と話をしている時の何とも言えないドキドキ感。
彼の手が私の手を握った瞬間、身体が熱くなったように感じました。
そして、彼に「付き合って欲しい」と言われ、自然とホテルに…

この前は、酔った勢いで、っていう言い訳ができました。
自分自身、浮気とか不倫とか、そういうことは絶対にしないと思っていました。

でも、実際は違ったのです。

今日だって、こうなると予想していたから、お気に入りの下着を着けていたし、
ホテルに誘われても拒否しなかったのですから…。

彼は、この前と同じように、ベッドの上で、私のカラダを悦ばせてくれました。
私のカラダは、彼の為に作られたのかと思う位に…