FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







同窓会で再会した元カノは人妻

2018.01.02.Tue.16:00
同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。
元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。

アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が
一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。

連絡先を交換し、再会を約して会場を後にした。
1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。

出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。
ビンゴであった。

「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」

と言うので週末に食事の約束をした。
旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。

食事をして楽しい会話の中にも旦那への不満が滲み出ていた。
食事を終えドライブしながら話をした。

「最近セックスしてるの?」
「年上だから元気がないわ」
「付き合っていた頃はセックスまでいかなかったね。少しホテルで休もうか」
「ダメッ 人妻よ」

口では抵抗していたがホテルの駐車場に入ると素直についてきた。

部屋に入る。

「ダメよ ダメッ」

とつぶやいている充子にシャワ-をすすめた。
先にシャワ-を使い、ベッドで待っていると
バスタオルをつけた充子が隣に滑り込んできた。
抱き寄せると少し震えているようだった。

「初めて?」
「旦那以外は初めて」

と顔を埋めてきた。
バスタオルを剥ぎ取り、程よい大きさの乳房を揉み、
舌を絡ませたキスを楽しんだ。
充子の体を撫で回し、足を少し開かせ、
中心部の生膣に指を這わせるといままで我慢していた充子が

「ウッ・・ウウッ アッア~ アッそこっ」

と艶声でしがみついてきた。
体をずらし充子の生膣に顔を近づけ、
足を大きくM字開脚した。

「イヤァ~ 恥ずかしい・・・」

艶声を聞きながら一気に生膣とクリトリスを舐め回した。

「アアッ イッイイッ~ アッ アッ すっすごい~」

大きな艶声を出し続ける充子の淫靡な生膣をたっぷり味わった。

「硬くして」

と陰茎を充子の顔に近づけると気だるそうにフェラを始めた。
人妻充子のフェラを鑑賞しながら味わい少し意地悪く言う。

「硬い?・・・旦那より大きい?」

フェラしながら頷く。
充子のM字開脚した両足を持ち上げ
生膣にフェラでカチカチになった陰茎をあてがい
腰を落としながら充子の生膣を生で味わった。

「えっえっ・・ゴムっ~」

と言いかけた充子は程なく

「アアッ アッアッ イイッ~ アウッ アアッ~」

と充子の生膣深く陰茎を挿入すると
大きく淫靡な艶声を部屋に響かせ始めた。

「こっ、こんなの初めてェ~」

と口走る充子の生膣を正常位、
側位や屈曲位でたっぷりと堪能し充子に覆い被さりながら
子宮に届けとばかり生膣深く挿入する。

「いきそうだ。いっしょにいこう」
「アアッ、ダメッ、中は~ アッイイッ、イクッイクッ」
「中に・・・イクッ」

充子の生膣深くたっぷりとドクッドクッドクッと子宮にザーメンを浴びせかけた。

「アアッ~ アッ アアッ~ イクッ~」

と眉間に皺を寄せ大きな艶声を出しながら充子も同時に達した。
歓喜の充子の生膣深くへの生中だしを堪能し余韻を楽しんでいると

「中に出されているのが分かったわ」

と抱きついてきた。
ゆっくりと充子の生膣から陰茎を引き抜くと
中だししたザーメンが滴りでてきた。
至福の絶景である。

「中はだめッて言ったのに・・・もうぉ~」
「危ないのか?」
「多分大丈夫だと思うけど・・・分からないわ」

腕枕をしてやる。

「あんなに舐められたのは初めてですごかったわ」
「何度もイッタみたいだね」
「バカッ・・・」

しばしのまどろみを楽しんだ。

2回戦に向け充子の手をとり休憩中の陰茎に触れさせた。
驚いたことにおもむろにフェラを積極的に始めた。

充子のフェラを堪能していると陰茎はムクムクと硬さを増してきた。
十分な硬さと大きさになると充子は、

「大きいわ」

と言いながら跨ぐと自ら生膣に陰茎をあてがい腰を沈めてきた。
陰茎をすべて生膣深く咥え込むと同時に

「アアッ アッ~ イイッ」

と腰を動かし始めた。
充子の腰を掴み下から突きあげてやると
早くも眉間に皺を寄せながら

「イキそ~ イクッ イイッ~」

と大きな艶声を出して達した。
体を入れ替え充子に覆い被さりながら
2回目の余裕の中激しく生膣を突き捲ると、

「ダメェ~ またイッちゃう~ イクッイクッ~」

としがみついてきた。
さらに激しく屈曲位で長いストロ-クで
充子の生膣を突き捲くると今度は、

「アアッ ダメェ~ おかしくなっちゃう~ イイッ イクッ」

と眉間に皺を寄せながら仰け反り始めた。

「またいっしょに いこう」
「イクッ イクッ~」
「充子の中に出すぞ」

と勢い良くドクッドクッドクッと
生膣奥深く歓喜の雄雌の呻きとともに精液を流し込んでやった。
最高な至福の時である。

充子は艶声も出ないほどグッタリしたまま
生膣に中だしした陰茎を咥え込んだままである。

「もう~ だめぇ~」

と嬉しそうに微笑んでいた。
生膣から陰茎をゆっくりと抜くと注ぎ込んだばかりの精液が
生膣からまたも垂れ出てきた。
ティッシュを渡すと充子は生膣を拭きながら

「もう2度もあなたを生で受入れてしまって・・・すごすぎて・・・」

と抱きついてきた。

「もう離れられないわ」

と男冥利に尽きる言葉をくれたのでキスしてやると

「うれしいッ」

と微笑んでいた。

近くの駅まで車で送っていると、

「あっ、あなたのがまた出てきた」

と微笑んできた。
「ばれない様にしろよ」

と忠告するのが精一杯であった。

「また会ってね」

とねだってくる顔には淫乱さが滲み出ているような気がした。
他人の持ち物の人妻の生膣奥深く生中だしできる
至福の時を過ごすことができると思うと次回の逢瀬が楽しみである。
できたら危険日に中だししてみるのも一興かも。