FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







未亡人に誘惑され抱く

2019.02.27.Wed.16:20
知り合いの同級生の未亡人がいた。
彼女のご主人とも飲み友達だった。
ご主人が他界して一年位は経過していたと思う。
ある日彼女に電話を入れた。

「これからお線香を上げにいってもいいかな」
「これからくるの?」
「あと15分位したらしたらだけど、大丈夫かな」
「それなら大丈夫だけど」

彼女の家に着くと招きいれてくれた。

「わざわざ悪いわね、どうぞ」

と言い、仏間に通され、お線香をあげ、
ご主人の遺影写真に目をやった。

「懐かしい写真だね」

と言ったとき、彼女の目が光っていたのを見た。
早々に立ち上がり長いはすまいと思った。

「何もできないけど、ごめんね」

と言い、玄関に向かおうとした時、

「時間あるんでしょう、こっちにどうぞ」

と奥の部屋に通された、そこはベッドのある寝室だった。
彼女は私に背を向けると、着ていたワンピースを脱いだ。
何も着けておらず全裸だった。

「何をしているの」
「女に恥を掻かせないで」

彼女がそのままベッドに入り、

「この位しかお礼はできないでしょう・・・・早く来て・・」

私も急いで裸になり、ベッドに入り彼女を抱き寄せ私の方に向かせ、
口を求め舌を絡め吸いあって、
下にずれ左右の乳首に交互に吸い付きオッパイを吸った。

「あ~・・もっと吸って・・」

私を抱きしめ、乳首を強く吸い上げオッパイを吸い揉んで、
下半身にずれ、両脚を開きオマンコに吸い付いた。

すでに濡れてきているようにも思えたヘアーは、
特に手入れをしている様ではないが、濃くはなかった。
私が来る前にシャワーを済ませていた様だった。

「あ~そんなに開かないで、恥ずかしいわ・・あ~すごいわ・・あ~あん・・あん・・あ~ん・・」

可愛い声をあげ、体をよじり悶えていた。
ペニスも上を向きいれたくなった。

「入れてもいい?」

と聞くと、黙ってうなずいた。
正常位になり両脚を抱えペニスを彼女の奥まで挿入した。

「あ・・もっと強く突き上げて・・あ~あん・・あん・・欲しかったの・・もっとして・・もっと・・」

彼女の体がセックスを求めていた様だった。
彼女が両手を広げ、私に下から強く抱きつく様にして、
肌を密着して突き上げ、彼女の締りもよくペニスが飲み込まれている様な感じだった。

体位を変えバックで突き入れると、さらに喘ぎ声を高めて求める。

「いいわ・・もっと突き上げて・・・あ~ん・・・あ~ん・・ねえもっとして・・・」

私も夢中で彼女を突き上げた。

「出そうだよ」
「正常位で、奥に出して」

彼女に重なりキスをしながら、突き上げ精液を子宮にめがけ放出。
すると大きくノケゾリ喘ぎ声をあげた。

「あー痺れるわーあー」

彼女に挿入したまま重なり合い、キスをして吸いあい、しばらくそのままでいた。

「ありがとう、よかったわ・・・まだできるの?」

ペニスは彼女の中に挿入されたままで締め付けられていた。
そして2回戦になり、彼女のこんな姿を見るのも初めてだった。

これほどセックスを求めていたとは思わなかった。
終わって彼女のオッパイを吸わせてもらった。

「すごくよかったわ、もっとオッパイ吸って」

と左右の乳首を含ませて吸わせてくれた。

「赤ちゃんみたいね・・・私のオッパイそんなに美味しい? 
 嬉しいわ・・こんなに吸ってもらったの初めてよ」

彼女喜んでくれた。
服をつけ時間をみたら、午後の2時を過ぎていた。
彼女の家にきたのが午前10時を少し過ぎていた頃だったから、
4時間位抱き合っていたのだった。

帰るとき彼女がキスをして、

「今日はありがとう、久しぶりだったの、恥ずかしいわ。
 機会があったらまた抱いてもらえるかしら」
「もちろん、こっちからお願いしたいよ」

あれから2~3年経過した。
顔を合わせる機会もあるが、人目もあり表だって彼女に話もできないが、
お互いに視線があい、目で気持ちも何となく理解できる。
次はいつになるか解らないが、その時がきたら、
彼女の中に精液を放出しよう。

いつの日か近いうちにその日が来ることを願っていよう。