FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







犬の交尾と人妻のセックス

2019.01.11.Fri.15:35
S.T(29歳)

私は専業主婦で、家事が終わると愛犬の散歩に行くのが日課です。
といいますか、そのくらいしかすることがないんです。
春くらいからよく河原の道で会う男の人がいました。

何度か会ううちに会話する時間も長くなって、
ついつい話し込んでしまった時です。

私の犬にその人の犬が乗っかって、交尾始めちゃったんです。
やめなさいって言ったんだけど、すぐに戻ちゃうんです。
それを見てたらなんだか興奮してきちゃって……。

セックスレスだった私は、少し濡れてきてしまいました。
相手の人も私の変化に気付いたみたいで、
私の腕を握ると橋げたの影に連れていったんです。
私、まるで抵抗しないで、引っ張られるまま、
ついていってしまったのです。

犬を縛りつけると、私にキスしてきました。
いきなり激しいキスで、舌を奥まで入れてきました。

私もそれに応え、舌を絡ませていったのです。
ぴちゃぴちゃと、唾液の音が鳴るほど、激しいディープキスでした。

次に男は、胸を揉んできました。
私の大きめのおっぱいを、鷲掴みに揉んでくるのです。
乱暴にされているのに、私ったら、すごく興奮しちゃってるんです。
興奮して、足を内またにして、すりすりとよじっていました。

すると男がスカートの中に手を入れてきたのです。
私のアソコはすごく敏感になっていました。
ちょっと触られただけで、もうびしょ濡れになっているのです。

もうこうなると、我慢できません。
ほしくなってきました……。
おちんちんがほしいのです。

男はそのことを感じ取ったのか、
ズボンを脱いで、固くなったアレを出したんです。
私はその場にひざまずいてしゃぶりました。
夫のより、大きくて固くてたくましいものでした。
私の中で、勃起したおちんちんが跳ねまわっていました。

「もうガマンできない。早く入れて」
「いいんですか?」

もう……いいに決まってるじゃない!

私は自分からパンティーを下ろして、
獣のようにお尻を突き出してお願いしてしまいました。

男は後から犬みたいに突き刺して、私を犯してきました。
パンパンと激しい音がして、私は喘ぎまくってしまいました。

野外でしたのなんか初めてだったから、
いつも以上に興奮してしまって、私は何度もイッてしまいました。
イキすぎて立てなくなった私を、
ダンボールに寝かせて、また突いてきました。
そして、その人は大量の精子を私の中に発射しました。

すごく気持ちよくて、それから会うたびに
人目のなさそうなところに隠れて
その人とセックスしまくってしまうようになってしまいました。
中出しは初めの時だけだったので、幸い子供はできませんでした。
けれども愛犬には子供ができたようです。