FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







レズビアンエステシャンにハマる人妻

2018.03.17.Sat.16:40
U.A(25歳)

結婚してまだ半年の新婚妻です。
夫が高収入だから、専業主婦になりました。
子供もまだですから、時間を持て余しています。
最近ハマっているのが、エステです。
それも、エッチなエステなんです。

そのエステは、もちろん女性がおこなっているのですけど。
でも、彼女、レズなんです。

私はノーマルだったんですけど、彼女のせいで、目覚めちゃったかも…です。

そのエステは、個人で営業しているお店なんです。
受付もマッサージもすべて彼女一人でやっています。

彼女はすらりとした、スマートな女性です。
元モデルらしく、すごくきれいな人なんです。
年齢は34歳だそうです。

基本はオイルマッサージ。
私は半裸になって、ベッド状の台の上にうつ伏せに寝ます。

彼女の指先が、私の背中から、お尻に向かって、さわさわと撫でてきます。
オイルの塗られた私の体は、敏感になっています。
すごく気持ちいいんです。

この段階で、いつも小さな吐息を漏らしちゃいます。

「気持ちいいですか?」

と彼女は決まって尋ねてきます。

「すごく気持ちいいです」
「もっと、気持ちよくしましょうか」

常連客の私にとって、それは性的に気持ちよく…ということなのは、もうわかっています。

「お願いします」
「かしこまりました」

彼女は、私を全裸にします。
仰向けになると、首筋に指を這わせ、その次に乳房へと移っていくのです。

私、背は低いけれど、胸は大きいほう。
Eカップのおっぱいはちょっと自慢。
それを見向いているように、彼女は優しく乳房を揉んでくれます。

男性とは違う、優しい圧力が私を震わせます。
すごく気持ちいいんですもの。

でも、なかなか乳首は触ってくれないんです。
ジラされてるんです。
こんなに固く尖っちゃってるのに。


いつものことなんです。
私が気持ちよすぎて、体をくねくねし始めると、ようやく乳首を責めてくれるんです。

指先じゃない、舌先でです。
私の敏感になった乳首を、舌先で転がすように舐め回してくれるんです。

「はぁん!」

いつも大きな声を出しちゃう。
でも、この店には、私と彼女の二人だけ。
初めてのときは恥ずかしかったけれど、今はもう遠慮なしです。

乳首を舐められながら、頭や髪や耳を指先で刺激されます。
そして、私の股の間に、彼女の太股が割り込んできます。

柔らかな太股が、クリトリスを刺激するんです。
私のアソコは、エッチなお汁を吹き出してしまいます。

彼女のソフトなタッチがたまりません。
男性とはまったく違う、柔らかな快感は、少しずつ高まっていきます。
少しずつたけれど、どこまでも高くのぼりつめていく感じなのです。

時間を忘れ、日常を忘れ、自分を忘れる不思議なひとときです。

彼女はキスはしません。
彼女は裸になりません。
「愛してる」や「きれいね」とも言いません。
ですから、これはあくまで、エステマッサージなんですね。
だから浮気などではないので、私は後ろめたいことなどなにもありません。

ただ、彼女はどの客にも同じことをしているのでしょうか?
それとも私にだけなのでしょうか?
それを考えてしまうとき、ちょっとだけ複雑な気持ちになってしまうのです。