FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







兄に今でも恋する淫らな人妻

2017.10.12.Thu.15:51
S.K(30歳)

とうとう結婚して人妻になりました。
でも結婚には躊躇していました。
それは、ほかに好きな男性がいたからです。
その男性は、私の実の兄です。

夫は兄と同い年、わたしより二つ年上です。
優しくて頼りがいがあって、
とてもいい人とめぐり会えた思ってます。
それでも、兄とのいけない関係は、今も続いているのです。

初めて兄と関係を持ったのは、
私が高校一年生のときでした。
私の高校は、スカートがかなり短いものでした。

そのスカートをはくようになって、
兄が私を見る視線が熱くなったのを覚えています。

そのころから、私は兄が好きでした。
見てくれるのがうれしくて仕方がありません。
それも、女として見ているわけでしょ?
だから、わざと、太ももあたりが見えるように振舞っていました。

兄は高校三年生で思春期ですから、
女性に興味があって当たり前です。
以前、兄が自分の部屋で、
エッチな本を見ながらオナニーしているの見てしまいました。
でも、今はきっと、私を想像してオナニーしてるのかしら?
そう考えると、興奮してしまって、私がオナニーしちゃってました。

でも、次第にオナニーじゃ我慢できなくなって、
私から誘惑しちゃったのです。
兄の部屋で過ごしている時のこと・・・。

「おい、パンツ見えてるぞ」
「お兄ちゃんだから見えてもいいの」
「だめだよ、そんなの見せたら」
「どうして、私のを見て興奮する?」
「ば、馬鹿言うな・・・」

足をのばして、兄の股間を突きました。
やっぱり勃起してるんです。

「お兄ちゃん・・・気持ちいい?」
「やめろってば」
「私ね・・・お兄ちゃんが好きなの」
「・・・」
「ねえ、お兄ちゃんは?」
「好きだよ、俺も・・・」

こうして抱きしめあい、キスをしたんです。
兄の手が胸を揉んできます。
ようやく膨らんできたばかりの胸でした。
それでも、いっぱい揉まれました。

そして短いスカートから手を入れられて、
アソコをいじられました。
優しく触ってくれたから、すごく気持ちよかったです。

そして、ゆっくりと、服を脱がされていきました。
じっと動かないようにして、目を閉じていました。
兄にすべてを委ねたのです。

裸にされて、兄も裸になって、
二人で手をつないでベッドの上に行きました。
それからのことはよく覚えていないんです。
初体験で緊張してたからかな?
ちょっと痛かったような、でも気持ちよかったような・・・。
兄は初めてじゃなかったみたいです。

それからというもの、兄とは毎日のように、
親の目を盗んでは抱き合いました。
いけないことをしているという自覚が、余計に興奮をさそうのですね。
大人になって、兄以外の男性にも抱かれました。
けれども、兄に抱かれるような幸せ感は生まれないのです。
体が兄を欲しがっていました。

しかし、別れはやってきます。
兄が結婚したのです。
私を抱きながら、別の女性と恋をしていたのです。
くやしくて泣いちゃいました。
ですから、私もあとを追うように結婚しました。
しかし、私の身体が兄を欲していることは変わりません。
結婚して半年が限界でした。
兄と会った時、こういったのです。

「ねえ、抱いてよ。抱いてくれなきゃ、義姉さんに私たちの過去をばらすから」

はっきりいって、脅しですね。
そうして兄は再び私を抱いたのです。

それからは、私が誘うことなく、定期的に会う機会を作り、
いつも抱きあっています。
兄も私の体を欲しているに違いありません。
兄の事なら、義姉よりわかるんです。

年齢を重ねてきた二人のセックスは、
子供のころのような幼いセックスでは
なくなっていました。
お互いに汗だくになり、快感を共有すると同時に、
お互いを傷つけ合うほど激しく抱き合うのです。
どこか、遠くの世界に堕ちていくような、
そんなセックスを繰り返しています。