FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







痴漢のせいで身体が火照る淫らな人妻

2017.11.10.Fri.15:48
K.M(27歳)

ある日の夜のことです。
高校の同窓会があり、終電近くの電車に乗ってました。
人妻となった私は、かなり若作りの服装でがんばっていました。
ヒラヒラのミニスカートにアウターの中は薄手のノースリーブ、
胸なんか谷間を見えるようにしたりして、何を期待してるんだろう?

27歳でもこのくらい大丈夫だよね、
と言い聞かせながらのぞんだ同窓会でした。

確かに男子達にいつも囲まれて、
「人妻だ人妻だ」とチヤホヤされてましたが、
気がつくとお誘いの言葉一つなく一人で帰ってました。
浮気したいとは思いませんが、誘いの言葉くらい聞きたかったものです。

帰りの電車・・・。
土曜のあんな時間なのに、車内はメチャ混みでした。
私より少し年上の感じで真面目そうな男性が、
ちょっと横にずれてる感じの前にいて密着してました。

酔っていた事もあり後ろからや横から押されるままに体をその人に密着していました。
少しして、私のお腹の少し下の横に硬い棒のようなものを感じました。
すぐに何かわかりました。
勃起したおちんちんです。

「えっ? なになに?」

と思って上目使いでその人を見ると、私の胸元を見てました。
ちょうど上から見下ろされる感じになってて、私の胸元が見えてたみたいです。
谷間からブラの黄色のレースのも見えてました。

「うぁぁ。やばいなぁ・・・」

と思ったけど、お腹に当たるものがすごく硬くなってるんです。
それもかなりの大きさだとわかり、ちょっと興奮しちゃいました。

「これって痴漢なの? でもこのくらい満員電車ではありがちかしら?」

迷いつつ、そのままの状態にしてました。
するとその人が私の後ろに手をまわしてきてお尻を触りはじめたのです。

「まずい! これって痴漢だわ」

と思っても抵抗しなかったのです。
期待はずれに終わった同窓会を引きずっていたみたいです。
要は、男に餓えてたってことでしょうか?
スカートの中に手が入ってきました。

前から触られてました。
レギンスを履いてるので直接ではないけど、
その人の指の力が強くて、的確に感じやすい所を触ってきてました。
そう、クリトリス狙いで触ってくるのです。
そしてもう片方の手がノースリーブの下から入ってきました。
入ってきたと言うよりめくられてました。

「ちょっと、こんなの・・・ダメ・・・でも・・・」

小さい声で言ったつもりでしたが、声になってなかったみたいです。
ブラの中に指が入ってきて、その時にはもう硬くなっていた乳首を指で触られました。
お腹の横に硬くなったおちんちんをグイグイするように押し当てられ、
薄いレギンスごしに指で強く擦るようにされて、乳首を踊らされるように触られて、
そして上から感じてる顔や胸元を見られてました。

「もう少し・・・もう少しでイっちゃうかも・・・」

そんなとき、電車が止まって駅に着きました。
その人と私は人の波に押し出されて別々になってしまいました。
急いで服装を直していたら、その人はどこかに行ってました。
中途半端に体が火照ってしまって、酔ってるせいもあってフラフラでした。

このままでは火照った体が収まりません。
痴漢した人をちょっとだけ探したけれど、見つかりませんでした。
今思うと、見つけたら、いったいどうしていたでしょうね?
ちょっと怖くなります。

仕方がないので、家で夫とエッチしようと思いました。
けれども夫も酔っていて、おちんちんが役立たずっぽいのです。
久しぶりにフェラチオしてあげました。
それなのに、ぜんぜん硬くならないんです。
もう・・・最悪・・・。
夫はそのまま寝てしまいました。

もうオナニーしかありませんね。
痴漢のあの大きなおちんちんを想像しながらオナニーにふけりました。
火照っているだけあって、指先でいじくるだけで、何度もイってしまいました。

けれども、所詮オナニーはオナニー。
セックスとは違うから、満足度が薄いんです。
その夜は眠れませんでした。
朝、夫が起きたら、すぐに挿入させました。
夫はすごく驚いていましたが、もう強制的にセックスさせたのです。
昼前にはようやく火照りもおさまり、夕方までぐっすり眠りました。