FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







お爺さんとのセックスに燃える淫らな人妻

2019.04.19.Fri.15:41
M.O(29歳)

このまえ、とんでもない経験をしてしまいました。
経験というより、過ちと言ったほうがいいのでしょうか?
実は、親戚のお爺さんとセックスしてしまったのです。

先週のことでした。
親戚の法事の時に出かけたのです。
時間よりも早く付いてしまい、手持無沙汰でした。
それで離れの部屋で休んでいたのです。

そこにあらわれたのが、その親戚のお爺さんなのです。
いきなり入ってくると、そのまま私を押し倒したのです。
もう、レイプといっていいでしょう。
あまりの衝撃に驚き、体が硬くなって動けなかったのです。

お爺さんの年齢はよく知らないけれど、70歳は越えているはずです。
それでも力強いのは、毎日農作業をしおているからでしょう。
私も女性としては、けっこう大柄ですけれど、
あっという間に押し倒されたのです。

いきなりスカートの下に手が入ってきました。
そして、あっというまにパンティを脱がされてしまったのです。
ぐいっと引っ張られた時、私は抵抗もできずに、足をあげて脱ぐことに協力を
しちゃったみたいになってました。

スカートを履いたままの状態で、お爺さんが顔を股に突っ込んできました。
そして、私のアソコをべろべろと、すごい勢いで舐めるのです。

実は私、あまりクンニングスをしてもらった経験がないんです。
夫も、昔の恋人も、そういうことをやってくれる人ではありませんでした。
だから、アソコを舐められた時、電気ショックを浴びたような衝撃を受けました。

私のアソコはあっというまにびしょ濡れになってしまいました。
お爺さんの唾液なのか、私のおまんこから流れ出たお汁なのか、
どっちなのかわからなかったです。
たぶん、両方の液体がまじりあっていたことでしょう。

舐められていると、力が抜けてしまいます。
抵抗しようにも、力が入らないのです。

「大丈夫だよ。、まだ、当分、誰も来ないからね」

お爺さんはそう言いました。
なぜだか、私はほっとしてしまったのです。
誰かが来てくれたら助かるという考えより、
こんな姿を誰にも見られたくないという思いのほうが強かったのかもしれません。

お爺さんがズボンを脱ぎはじめました。
足の筋肉はやはり老人のもので、筋肉が痩せたような太ももでした。
ところがです。
おちんちんは違っていました。
黒くて固くて大きいのです。
それは、夫のおちんちんよりも、立派なイチモツだったのです。

お爺さんは私の両足を掴みあげると、
ぐいっと力をこめて広げたのです。
私のおまんこが、自分でもぱっくり開いていくのがわかりました。
立派なおちんちんを迎え入れる準備ができてしまているのです。

お爺さんのおちんちんが入ってきました。

「おっきいぃ!」

思わず、そう、叫んでしまったのです。
だって、本当に大きいんですもの。
見たより、ハメたときのほうが、実感できるものですね。

一気に奥まで突っ込んできました。
ヌルヌルに濡れて、パックリ開いたおまんこは、
吸い込むようにおちんちんを飲み込んだのです。

「あああぁぁ!! すごい! すごぉ~い!!」

思わずお爺さんに抱きついてしまいました。
お爺さんは、若々しく、腰を振るのです。
その度に、巨根が膣の壁を擦りあげます。
すごく気持ちよくて、頭の中が真っ白でした。

「ああぁ~ん、ダメ、ダメ、ダメ~」
「ダメって・・・気持ちいんでしょう?」
「気持ち良すぎるから、ダメなのぉ~!!」

お爺さんは70歳すぎとは思えないほど、精力的でパワフルでした。
私をさんざん突きあげた後、今度はバックでハメるのです。
私の身体を軽々と扱うのです。
もう、私は、少女のようにお爺さんに従うしかありませんでした。
そして、何度もアクメを迎えちゃったのです。

その後、礼服に着替えると、何事もなかったように振舞いました。
けれども、そのとき、私のおまんこの中は、お爺さんのエキスで満たされていたのです。