FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







ソープ嬢になった哀れな人妻

2018.02.09.Fri.15:21
U.Y(27歳)

夫の経営する会社がつぶれました。
借金も残ってしまって・・・。
ですから私、金融関係の紹介でソープで働くようになったのです。

店は高給店です。
即尺、生出しです。
私は、ピルを飲んでいます。
けっこう辛い仕事です。
他人の臭いおちんちんを前に笑顔を作るのは、
かなり精神的にきついです。

でも、借金をなんとかしないと、
この先、生きていけないですものね。
笑顔で服を脱ぎながら、
お客さんの前に跪いて接客しています。

引っ越しもしました。
もといたところには住めません。
ソープに勤めていることなど、知られたくないですし・・・。

でも、どこかで噂聞く人いるんですね。
夫の会社の従業員が訪れたのです。

「あなたがソープで働いていると噂で聞いてね。探したよ」

この人・・・わざわざ、探してまで、訪れたようなのです。
40歳の、見るからにいやらしそうな人でした。
奥さんも、ずいぶんと泣かせているようでした。
こんな人にも私は・・・ちゃんと接客するわけです。

「ま、挨拶はこのぐらいにして、はじめてちょうだいよ」

私は彼の服を脱がせました。
醜く太った体でした。
そのくせ、おちんちんだけは、ずいぶんと立派なんです。
Aクラスの大きさでした。

彼のおちんちんを握りしめます。
躍動感があって、手のひらに、脈打つものを感じました。
そして、そのおちんちんを咥えこみました。
臭い匂いが鼻につきます。
ぐっとこらえて、舌を這わせました。

「ああぁぁ・・・意外と上手だねぇ・・・」

彼は醜い顔を緩ませていました。

「社長夫人に、チンコを咥えてもらえるなんて・・・幸せだなぁ~」

私は無視しました。
ひたすらに舐めまくりです。

「社長が馬鹿だから、俺たちは失業者だよ」

胸がちくりと痛みました。
従業員が無能だから、潰れたのよ!
そう叫びたかったです。

キスが始まりました。
舌を絡ませ合う、ディープキスです。
口臭のきつい彼とでは、かなりの拷問です。
それでも、お仕事と思い、必死に続けました。

そのまま、ベッドに押し倒されました。
おっぱいを揉まれ、吸われ、舐められました。
お世辞にも上手とは言えないテクニックでした。
女性を感じさせようとは思っていないのでしょう。

股を開かせられました。
パンティーを脱がされました。
ぱっくりと開くおまんこを見せつけました。
彼はむしゃぶるように舐めたのです。
そして、指も入れてきました。

「あああぁぁ・・・・」

迂闊にも声をあげてしまいました。

「すごい濡れ方だねぇ。あんた、ソープ嬢に向いているよ!」

泣きたくなりました。
瞳から涙は出ませんけれど、おまんこからはお汁が、
泣いているように零れおちました。

そしておちんちんをハメられました。
すると、あっという間に、イったのでした。
この人・・・偉そうに言って・・・早漏なの??

そうとわかると、私にも余裕が生まれました。
そのあとの、マットサービスも淡々とこなせました。
この早漏野郎が! と胸に秘め、プレイを続行したのです。
その思いが彼に伝わったのか、彼は急に大人しくなったのです。

それ以来、彼が店に来ることはありませんでした。