FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







中学生童貞をいただく淫らな人妻

2019.04.20.Sat.15:59
S.A(38歳)

私には秘密があります。
実は息子の友達に体を許してしまったのです。
彼はまだ、中学三年生、童貞でした。

我が家にゲームをしに来る息子の友達がいます。
その中に一人が、ゲームに関心がないらしく、
ベランダに干してある洗濯物をじーっと見つめているのです。
きっと、私の下着を見ているのでしょう。

トイレの帰り、洗濯籠の中の私のパンティを取り出したのを見つけました。
汚れた股布部分を広げ見ていたんです。

「何をしているの?!」
「ご・・・ごめんなさい!」

彼は下を向いたまま私の顔を見れないでいました。
あまり責めるのも可哀想に思いました。

「どうして、おばさんのパンツを見たの?」
「ごめんなさい。綺麗なおばさんが好きなんです」

これって恋の告白でしょうか?
まだ中学生の彼が、私のようなおばさんを綺麗で好きだなんて……。
彼がいじらしくなってしまったんです。

「もうこんな事したらダメよ」

と言って胸で抱きしめてあげました。
彼は少し元気を取り戻し息子の部屋へと向かいました。

それから一週間後のことです。
息子が塾へ行ってる時間に彼が訪ねてきたんです。
息子が塾に行っていることは知っているはずなのに……。
とりあえず、家に入れたのです。

夫も出張で数日帰りません。
彼と二人だけになりました。
なぜか私は興奮していました。
私を好きだと言った事が本当か試してみたくなったんです。

彼が二階の息子の部屋でゲームをしてる間にシャワーを浴びました。
セクシーな夜用のTバック下着を着けました。
ノーブラで胸元の開いた薄いロングのホームドレスを着用しました。
パンティも薄っすらと透けて見えています。

しばらくして飲み物を持って行くとゲームに熱中なんです。
私には目もくれずに、やっぱり子供なんだと自分が興奮したのが馬鹿みたいでした。

あんまり夢中なんで少しイタズラしてみたくなったんです。
窓際に立ち透けたパンティラインを強調させてみたんです。

「おばさんの身体見たくない?」
「え?」

彼は手を止め、少し驚いた顔で、

「見たい! 見たいです!!」

と言ったのです。
真剣な眼差しでした。

「じゃあ 約束してくれる? 誰にも今日の事は言わないとね」
「はい、絶対に約束します」

私はパンティを脱ぎベッドに横になったんです。
彼は服を捲り、私のおまんこをまじまじと見ています。
私はよく見えるように、おもいっきり足を広げ、
自ら太もも抱え腰を浮かせ丸見えにしました。

「凄い……こんなになってるんだ」

私のおまんこは濡れていました。
愛液が流れ出ているのがわかるんです。

「入れたいなら、入れてもいいのよ」

彼は急いでズボンを脱ぎました。
まだ半包茎の白いチンコでした。
それを入れてくるのです。

挿入位置がわからないようで、手間取っていました。
私が手を添えて、ここよと言わんばかりに導くと、
一気に挿入してしまいました。

ずぶずぶずぶっと、侵入してきたのです。
まだまだ大人のサイズじゃありません。
私の大人のおまんこが満足できる代物ではありませんでした。

それでも彼は、一生懸命に腰を振っているのです。
そして、「ううぅ・・・」 とうめきました。
おまんこのなかに、熱い飛沫が飛び散るのを感じました。

彼はなぜか、涙目になっていました。

「また、ヤリたくなったら、いつでも言いなさい」

と言ってあげました。
できるのなら、私の満足できるおちんちんになるまで、
成長を見届けたいと思っています。