FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







車の中で何人もの男とカーセックスする淫らな人妻

2018.05.08.Tue.15:10
N.A(31歳)

私が夫以外の男性達に身体を許す様になったのは、
夫とのカーセックスが原因でした。

夫はカーセックスが好きで、外出した時は必ずと言っていいほど求めてきます。
初めの頃は私の胸を揉みながらフェラさせるだけで満足していたんですが、
そのうちフェラだけでは満足しなくなって、入れないと満足しなくなりました。

私は人の来ない場所でも嫌だったんですけど、
夫は我慢出来なくなると多少人のいる所でも構わずHしたがる様になりました。

そんな事をしていると当然の事ながら、
人に見られる事もある様になりました。
場所を選ばない夫は、家の近くや、私の職場の近くでもHをするので、
知り合いに見られるのに時間はかかりませんでした。

初めに私を脅迫して身体を求めて来たのは、
私の働く職場の二十代後半の男二人。
会社の飲み会の時に私の所に来て耳元で、

「この前見ましたよ・・・旦那さんとカーセックスしてるところをね」

と、ニヤニヤしながら言ってきたんです。
当然、私は驚いて言葉も出ず、一気に酔いも覚めました。
戸惑っている私に二人は、

「俺達もヤリたいなぁ~。ね、いいでしょ?」

と言いながら、他の人に見えない様に私のお尻と太腿を触ってきました。

「飲み会が終ったら駐車場で待ってるから来てよ。もし来なかったら社内に広めるから覚悟しといて」

と言って離れて行きました。
私は飲み会が終った後、同僚の女の子の誘いを断って彼等の所に行きました。
そして、私は彼等に交互に車の中で犯されました。

始めに相手をさせられたのは、筋肉質の身体のガッチリとした男性。
彼は車に乗るなりズボンを脱ぎ、私にフェラを強要してきました。

彼のおちんちんは夫のモノより太くて立派なモノでした。
本当の事を言うと、私は彼等に犯される事に興奮していました。
私は心の中で夫に、「ごめんなさい」 と思いながらも、
これからする事にドキドキしてアソコが濡れてきているのが分かりました。

私はすぐにでも彼の立派なモノを咥えたかったのですが、
すぐに咥えたらスケベな女だと思われてしまうので、少し抵抗したふりをしました。

彼は私の頭を押さえて、

「早く咥えろ!」

と言って、無理やり自分のモノを咥えさせました。
そして、私の服の中に手を入れて私の胸を揉んだり、乳首を弄ったりしました。

「柔らかくてデカイ、最高のオッパイだな!」

と言って、しばらくの間揉んでいました。
そのうち、胸を揉んでいた手がスカートの中に移り、
パンティーの脇から直に私のアソコを弄りだしました。
そして、私のビラビラとクリを弄りながら、

「おっ! ヌレヌレじゃん! ヤッパリ、スケベなんだな!」

と言いました。
私は恥かしさで頭が真っ白になり、身体が熱くなるのが分かりました。
その後、彼は私にフェラを止めさせて、
私の濡れているアソコに顔を突っ込んで凄い勢いで舐め出しました。
ジュルジュルと音をたてながら吸ったり、
ベロ~ンとお尻の穴からクリまで舐めたりするのです。

私はそれだけでイキそうになりましたが、
イク前に彼の太いモノが突然ゴムも着けずに入ってきました。

「お願い・・・ゴムを着けて」
「ゴムなんか着ける訳ないだろ! 中にタップリ出してやるからな」

私をシートに押し付けながら足を拡げ、私を犯す様に激しく腰を振りました。

「イヤ!!中には出さないで!!」
「アァ~出る!!中に出すぞ!!」

結局、私の中に精子をイッパイ出しました。
恥ずかしながら、私も中出しされたのと同時にイッてしまいました。

彼は中出しした後も、私の胸を揉みながら余韻に浸っていましたが、
外から車の窓ガラスを叩いて、もう一人の男が交代を催促していまいた。
彼は私からモノを抜いて、私のアソコから自分の精子が出てきたのを見た後、

「気持ち良かったぁ~・・・アイツが終ったら、もう一回ヤラせてもらうからな」

と言って、ズボンを上げながら車から出て行きました。
私は、また別の男と、車の中で交わったのです。

その日以来、彼らとの性交が癖になってしまい止められなくなってしまいました。
来る日も来る日も車の中で、男たちに犯される私・・・。
でも・・・すごく興奮しちゃって・・・。

今では何人の男性とカーセックスしたかわからないほどです。
でも、彼等に犯される様になってから女としての喜びを感じ、
生活が楽しくなりました。
これからも、夫にバレない様に彼等の相手をしたいと思います。