FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







妻の友人、巨乳未亡人を抱く

2019.03.23.Sat.15:58
結婚式で妻の同級生が大勢出席していて、
その時に眼に入ったのが、妻の親友でした。
レストランを何店舗も経営する金持ちの娘でした。
その子は物凄い巨乳で、
真っ白い胸がドレスから零れ落ちるほどでした。

その時に最初に気に入りました。
ハワイに新婚旅行に行ったのですが、
飛行機の中でその子のことを聞きました。

妻は多分変な夫だと思ったでしょう。
その後彼女も結婚したのですが、そこが近所なのです。
妻と僕は子供をつれて、新居を訪ねました。

僕ら借家住まいでしたが、彼女は大きな家に住んでいました。
そのときは夏の前でしたが、
タンクトップで大きなオッパイが眩しいぐらいに突き出ていました。

それからたった一年後。
彼女の夫が突然、肝臓癌で亡くなりました。
お通夜にも葬式にも行きました。

彼女の喪服姿は物凄く奇麗で、
この時に抱きたいと思いました。

ときどき、彼女は我が家に遊びに来るようになりました。
その日・・・日曜日で妻はダンスに凝っていて、
朝の10時頃からダンスのレッスンに出かけていました。

「彼女が来たらお昼にお寿司でも取ってあげてね、1時半には帰るから」

と言って妻は出かけました。
彼女は11時半ごろに来ました。
お昼にお寿司を取って二人で頂きました。
ビールを飲んで少し酔いました。
そして、ちょっと調子に乗ってしまいました。

「ねえ、少しだけ、その胸を触らしてくれないかな?」
「え? 何を言うんですか?」
「僕の母親は巨乳だったのだけれど、妻は貧乳でしょ」
「そうですね・・・」
「あなたのおっぱいを見ていたら、死んだ母を思い出したんだ」
「・・・奥さんには内緒ですよ」

本当に飛びつくようにオッパイに触り、思わず口を吸いキスをしました。
シャツを捲り上げ、ブラジャーをはずして乳房を吸いまくりました。
短パンも下げてパンティーをずらして、陰部に触りました。
僕も短パンを脱ぎ捨てて、太い陰茎を勃起させ、彼女の手に握らせました。

「主人が無くなってから、初めてよ。こんなことするのは」

座布団を尻に敷いて太ももを大きく広げてオマンコを全開で見せてくれました。
陰毛は妻より少なめで、膣のワレメが外からくっきりと見えました。
少し黒ずんでいましたが、大陰唇はふくよかで、
大きくなったクリトリスを舐めてやるとピクピク痙攣して、
最初のアクメを迎えていました。

確かに旦那さんを亡くして2年ぶりの性交ですから、
イクのが早いのは当たり前です。
濡れてドロドロになったオマンコをタオルで拭いてやりました。

「まだイっていないのでしょう?」

と言われました。
お昼をかなり回っているので妻が帰宅するのではと心配でした。
でも思い切って亀頭を彼女の膣に捩じ込みました。
本当に妻のオマンコより締りが良く今にもイキソウでした。

「ああぁぁ~、もうダメぇ~、もうイク~ッ、一緒にキテ~ッ」

僕も我慢が出来ずに射精をしようとした時に電話が鳴りました。
取らないと妻に疑われると、チンコを膣から抜いて携帯電話をとりました。

チンコは濡れて大きく勃起したままでした。
電話中も彼女は口に含んでくれました。

「今何しているの?」 と妻の声でした。

僕のチンコを舐めているよと言いたい所でした。
彼女は妻の会話と知りながら、チンコをごしごし扱きながら吸い付きます。
バキュームフェラです。こんな時のオンナは恐いですね。
本当に妻と話をしている僕に、射精をさせようと物凄く扱きます。

「今お寿司を食べて、彼女はテレビを見ているよ、いつ帰るの?」

30分以内に帰宅するということでした。
電話を終えるのと、僕が大量に精液を射精するのと同じでした。

「意地悪だな。妻に聞こえたらどうするんだよ」
「別れて私と一緒になればいいじゃない」

少し恐くなりました。それから20分後に妻は帰宅しました。
お互いに陰部を奇麗に拭いて知らぬ顔をしていました。
彼女の携帯の番号とメルアドを交換しました。

おそらく、これからも、不倫は続くのでしょう。