FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







一回り以上も年下の彼に抱かれる淫らな人妻

2018.10.31.Wed.16:22
I.S(39歳)

一回り以上も年下の彼に誘われ、
最初のデートで抱かれてしまい、
毎日の生活が一変してしまいました。
気持ちに張りが出たと言うか何をしてても楽しいんです。
若い彼が出来たからなんです。

同僚に気ずかれないように、
仕事中の彼をチラ見する事が多くなりました。
引き締まった小さなお尻や、
長くて細い足を見るだけで濡れてしまいます。
だって、私、あの肉体に抱かれたんですからね。

その彼からまた誘いが来たんです。
内心、待ってたんです・・・誘いを。
今度は彼のマンションでした。

早く帰りシャワーを使い、
夫との夜用のエッチな下着を付け、
彼のマンションに向かいました。

部屋番号を押すとドアがスーッと開き、
エレベーターで5階のボタンを押しました。
胸がドキドキします。
まるで10代のころに戻った気持ちです。

部屋に着くと、ラフなジャージー姿の彼が迎えてくれました。
5階からの眺めが素晴らしく見入っていると、
彼が後ろから抱き締めるんです。
胸をまさぐり、腰をお尻に擦りつけながらグラインドさせるんです。
もう固く大きくさせてるんですよ、彼ったら若いんだから。

でも、私も感じてしまって愛液がドクッと湧き出ていました。

スカートを捲られ、大きなお尻を撫でまわされると、
気が遠くなりそうでした。
彼の手で下着を脱がされました。

「今夜もエッチなパンティなんですね」
「こんなおばさんじゃ似合わないかしら?」
「いいえ、色っぽいですよ。すごく興奮します」

お世辞でもうれしくなってしまいます。

唇を合わせました。
舌をからめながら彼の長い指が、
アソコの入り口をこねくり回します。
お豆に触れられただけで、電流が走った感じなんです。

もう、私、我慢出来なくなりました。
はしたない女になってるみたい・・・。

「お願い、入れて・・・」

彼は私を後ろ向きにすると、
ジャージーの下を引き下ろしました。
またあの見事な反り返りのチンポが目の前に、
それを見ただけで軽くイキそうでクラクラしちゃいました。

バックからゆっくりと挿入です。
奥まで入るとゆっくりと抜き差しです。
引き抜く時のカリの引っ掛かりが最高なんです。
夫はおろか、今まで経験した中でもこんなに感じた事は有りませんでした。
最高のチンポなんです。

段々と彼の腰使いが速くなって来ました。

「イキそうです。中に出していいですか?」
「いいわよ。いっぱい出してちょうだい」

もう妊娠はないだろうと思ったのです。
彼はさらに動きを速めると ウウッと言って根本まで差し込み、
そして発射してしまいました。
私も気が遠くなり少し失神気味になっていました。

その後、二人でシャワーを浴び、軽く飲んで、
二回目をしてしまいました。
若い彼は、二度目でも、激しく突いてくれました。
アソコが擦り切れそうなくらいに激しかったけれど、
すごく気持ちがよかったのです。

そろそろ帰らなきゃと思ったときでした。
彼の携帯電話が鳴ったのです。
彼は電話に出ませんでした。

「出なくていいの?」
「うん・・・いいよ、別に・・・」

きっと、別の女なのでしょうね。
だって、私みたいなおばさんが、彼の恋人になれるわけもない。
私だって、既婚者だから、文句を言う筋合いではないですから。

でも・・・別れたくない・・・
彼にぎゅっと抱きついてしまいました。
彼は優しく髪を撫でてくれます。
いつまでも、こんな時間が続けばいいと思いました。