FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







清純派美人妻にバックを仕込む

2019.04.21.Sun.16:00
僕のセックスフレンドは30歳の人妻です。
彼女はお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。
というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。
今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。

結婚前はかなりもてたようです。
写真を見ると、アイドルなみと言っても過言ではありません。
言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいと思い、
さっさと見合いで結婚したそうです。

そういう彼女も30歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると、
月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになったそうです。
どこにでも軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられ、
スリルを楽しむようになったそうです。

そこでおもしろそうな男、そうです僕にひっかかったのです。

メールのやり取りをしているうちに、どうやら勤めているところは、
近いことがわかってきました。
ある日、仕事と家庭の両方で落ち込むことがあり、
思いがけず飲みに誘うことができたのでした。

僕が彼女に会ったときの最初の印象は、
「ちょっと暗い女だな」ということでした。
そこを明るく楽しい話題で時間をつぶし、
そろそろ帰ろうかというところで道路を歩いていました。

なんとなく手をつなぎました。

「温かい手ですね」
「抱いたらもっと温かいよ」

すかさず僕は彼女を抱きしめました。
道路の真中でしたが、彼女は抵抗せずあっけにとられていたようです。
後になってしばしば聞かされるのですが、
僕ほど強引な男は今までいなかったといいます。

次の瞬間、僕は彼女の唇を奪いました。
彼女ははっと身を硬くしましたが、逃げなかったのです。
この瞬間、彼女は僕の肉奴隷となることが決まったのでした。

もう夜11時をまわっていることに気づくと、
彼女はハッとしてあわててタクシーで帰ったのでした。

次のケータイメールを僕は緊張して待っていました。
彼女が普通の生活に戻っていった時・・・
違っていた自分を認めるか認めないか・・・

「ごめんなさい」というメールがきてしまうか、
「楽しかった」というメールがくるのか、

僕はいつもドキドキして待っていました。
ついに来たメールは、

「楽しかった。今度、エッチなことも教えて」

というメールでした。
なんだかんだで次に会ったのは2週間くらいしてからでした。
ラブホテル街近くの紅茶専門店で待ち合わせ。
あらわれた彼女はノースリーブのワンピースで、
むきだしの肩と鎖骨を見た途端、
僕は頭の中では早くも彼女を押し倒していました。

しかし、現実は冷静にお茶を飲み、笑っています。

「じゃあ、エッチなことを教えてあげようか」

彼女を連れ出し、細い道からいきなりホテルへ。
ところが彼女は半分わかっていても、
ラブホテルというところは行ったことがなかったということで・・・

「え、ここホテルなの?」

とか言い出す始末です。警戒される前にさっさと部屋へつれていきます。
ちょっとがんばって、シティホテルよりきれいな広い部屋です。

「すごくきれいなのね」 とはしゃぐ彼女。
でも心の中は緊張しまくっているはずです。
「寒くない?」 とノースリーブの肩に手をあてました。
びくんとするところをそのまま抱き寄せると、そのまま抱かれにきます。
キスをして、尻を強く撫でました。

「ダメ・・・」 といいながら抱きしめる手に力がはいります。
旦那しか知らないとはいえ人妻だろうから大丈夫かなと思いましたが、
いきなり下を触ると逃げようとします。
そこをおさえつけて触るとすでにニュルニュルです。

「すごく濡れてるね」
「だって触るから」

ちょっとサディスティックな気分になりパンストをいきなり破り、
パンティをずらしていきなり挿入しました。

「ああぁぁ~ん・・・そんなぁ~」

大きい声と共に目をつぶっています。

「ホテルに入って10分もしないうちに、旦那以外の男のチンコをハメられて」
「え~・・・だって・・・」
「ほんとに君はいやらしい女だなぁ。」
「そんな女じゃないのに・・・」
「じゃぁ、こうしてあげる」
「アッ・・・アッ・・・」

ひと突きごとにイヤラシイ声をだします。
ころあいはいいだろうと一度、抜き、コンドームをつけ、
次はバックからしようとしました。
ところが、彼女はバックを知らなかったのです。

「え、そんな獣みたいな格好でするの?風俗みたいじゃない」
「普通、するでしょ? ほら、四つんばいになって尻をあげろ」

バックのポーズを教えます。
彼女は緊張のあまり忘れていますが、
電気のついた明るいところで、
卑猥な裸身をさらしたのは初めてだったようです。

僕好みの細い体と女らしいヒップが描きだす優しいカーブがそこにあります。
たまりません・・・すごく興奮しちゃいます。

そこにゆっくりとカチンカチンで熱いチンコをさしこんでやりました。
ずぶずぶとゆっくり飲み込んでいきます。
すごい締め付けです。
子持ちの人妻とは思えません。

ひと突きごとにすごい声なのです。
正常位に移るどころではありません。
バックのまま、セックスは続きました。

これ以来、彼女はバック好きでフィニッシュは、
かならずバックで迎えることになったそうです。

僕は割合と射精をコントロールできるので、
今日はたっぷりいじめてやろうと一時間以上、突きまくってあげました。

一回こっきりにするつもりは全然ありません。
この日はバックで、ずっと突きまくりです。
押し倒したり、立たせたり、腕を掴みあげたりはしましたがね。

また会うときは、騎乗位をたっぷり仕込むつもりです。
清純な美熟女は、美味しすぎる肉奴隷です。