FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







男に飢えた人妻は激しく乱れるセックスマシーン

2017.11.28.Tue.15:18
俺は今35歳の人妻とつきあっている。
パートに来ている女だ。
決して美人ではない。
セックスアピールなどない、地味な女だ。
化粧もほとんどしておらず、着ている服も普段着同様だ。
けれども、セックスだけは、格別にいいのだ。

彼女とそんな関係になったのは、単なる偶然だ。
彼女はバスで通勤しており、その日は突然大雨が降って来たのだ。
バス待ちをしている彼女を、俺の車で送って行ってあげることにした。
お礼にコーヒーでも御馳走しますというので、甘えることにした。
これがきっかけだ。

以前からその女は夫婦仲が悪く、
夫とは別居状態らしい。
実家から通っているという話は職場の人から聞いていた。

コーヒーを飲んでいる時、その話に触れた。
それがよかったのか・・・わるかったのか・・・。

彼女は涙を流し始めた。
お店の中で泣かれると、俺も困ってしまう。
まるで、俺が泣かせているみたいじゃないか。

とりあえず車に戻った。
外は益々雨脚が強くなって来た。
しばらく車の中で様子を見ることにした。

車の中で話をした。
ずいぶんと悩んでいるようだ。

まあ、誰にでも悩みはあるものさ。
俺だって、失恋など、いくらでもしている。
今だって、彼女はいない。
もう、欲求不満で、悶々としている。

そうだ・・・この女なら・・・いいんじゃないのか?

俺は彼女の座っている助手席を倒した。
そして覆いかぶさるようにしてキスをした。
一瞬抵抗したようだが、構わずキスを続けた。
彼女はもう抵抗などしなくなったんだ。

彼女は決して、俺の好みじゃない。
けれども、男ってやつは、誰でもいいから、抱きたくなるものだ。

舌を入れると入れ返して来た。
これは相当飢えているなと感じる。
服の上から胸を揉んだ。
目を閉じてじっとしている。

彼女にとって、俺は好みなのだろうか?
俺はどちらかというと、ブサイクな男だ。
女だって、誰でもいいから、抱かれたいと思うことがあるのかもしれない。

調子に乗った俺は、片手を彼女が穿いているスカートの上から、
秘部の辺りを撫ぜてはじめた。
すると、こらえていたものが一度に堰を切ったように、

「はぁ~ん・・・あぁ~ん・・・」

と喘ぎ声を出し始めたのだ。

もう落ちたと思った。
着ているセーターをたくし揚げ、ブラジャーだけにした。
ブラはなんの色気もない白の普通のものをしている。
しかし、胸はやたらとデカイ!
服を着ていると、まったく気付かなかった。
着やせするタイプの、隠れ巨乳というやつか。

スカートもホックを外し、足元に落とした。
これまた白の綿のパンティーだった。
パンティーの上から、陰毛の黒いのが透けて見えた。

好運なことに雨脚が強く外からは全く見えない。
それも彼女は少し助かっているんだと思った。
車内は、完全に密室と化したのだ。

俺は急いでズボンとシャツを脱いだ。
トランクス一枚だけになった。
彼女の片手を、俺の股間に導いた。

最初は手を引こうとしたが、それを停めると、
しばらく俺のチンコがあるところに置いたままだ。

もうはちきれんばかりに勃起している。
彼女がニギニギと握って来た。
彼女は起き上がると、俺を目であおむけになるように促した。

勃起したチンコを、パクリと咥えこんだのだ。
それからは見事なフェラをしてくれた。
地味なくせに、フェラチオ上手なのだ。
唾液をいっぱい絡ませて、ねちねちと舐めあげる。
本当に、見事なフェラチオ・・・
こいつ・・・風俗かなにか、してるんじゃないかと思った。
それとも、人妻がなせる技なのだろうか?

あまりの気持ちよさに、早くも絶頂を迎えようとしていた。
我慢出来ず、俺は射精する旨を伝えた。
彼女はよりバキュームのように、吸いつくように、
根元まで飲み込むかの様に吸った。

もう限界だった。
口の中で暴発。
飛び散る精液。

終わった俺は、彼女を全裸にした。
両脚を肩にかつぐと、彼女のおまんこもアナルも丸見えになった。
絶景かな、絶景かな。

しばらく俺はそれをじっと見つめた。
そして言った。

「どうしてほしいの? チンコを突っ込んでほしいのか? それとも舐めてほしいのか?」
「両方がいい、どっちもシテ・・・」
「この、欲張り屋め!」
「お願い。気持ちよくして欲しいの。もう随分とご無沙汰なんです」

後はもう、声を抑えることなく、
わめくかのように悶えっまくった彼女だった。

その興奮具合、乱れ具合は、怖くなるほどだった。
もっとも、これほど乱れる女は、俺も好きだ。
俺も狂ったように、犯すように、彼女を攻め続けた。
彼女が喘ぐほどに、自分のチンコに自信が出てくる。

彼女の声がかれるほど抱きまくった。
声はかれても、おまんこは濡れっぱなしだった。

翌日。
職場で彼女に会うと意味ありげな笑いをしてきた。
人目を避けるように、そっとズボンのうえから、
俺のチンコを握って来たのだ。

それからは、俺の好きなように彼女を抱く。
車の中でフェラをさせて、カーセックスをしている。
セックスに男に飢えた女は火がつくとなかなかのものだ。