FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







人妻OLの秘密の情事

2019.03.24.Sun.16:35
N.M(24歳)

結婚したばかりの新婚、新妻です。
けれども、まだOLをやっています。
夫の収入だけでは不安ですし、
何よりも、この職場にいると、気持ちイイセックスができるからです。
私、上司と不倫しちゃってるんです。

ある日のこと。
どうしてもと頼まれ、その日はノーパン出勤しました。
一応、パンストだけは履かせてもらいましたけど。

昼休みに、いつもの部屋に呼びだされました。
今はどこの部署も使わない、資料置場です。

「どう? ノーパン初体験は」

スカートを捲り上げながら聞いてくるのです。
カーテンの間から差す日の光が、私の胸元を照らしていました。
答える間もなくキス・・・
甘くゆったりしたこの時間が大好き。

「もう濡れちゃったぁ」
「大変だ。きれいにしなくちゃ」

そう言って足を開かせるの。
そして彼お得意のクンニが始まるんです。

「あぁぁん・・・っぁん・・・」

部屋に私の声と、ピチャピチャといやらしい音が響いていた。
すごく気持ちイイんです。
そんなときに、タイミング悪く、突然、彼の携帯が鳴りました。

「声は出しちゃだめだからね」

私にそう言ってから、電話に出ました。
一気に仕事の顔になる男の顔です。
しかし、携帯片手に中指を入れてくるんです。
クチュクチュと音を立てるようにかき回すんです。

これで声を出すななんて・・・あぁ~ん・・・
彼の表情が、深刻そうになってきました。
いやな予感がします。

「わかりました。すぐ行きます」

悪い予感は当たりました。

「ごめんね。またあとで続きしよう」
「いや! 行かないで!」

無駄なことだとわかっていても口をついて出るセリフ。
彼は優しくキスをして、パンストを足首まで履かせてくれました。
そしてもう一度謝ってから、足早に部屋を出て行ってしまったのです。

部屋に1人残された自分が哀れになります。
火照った身体はどうなるの?
パンストを履き直して、立ち上がりました。

「途中で残念でしたね」

聞き覚えのある男の声。
私は驚きのあまり、硬直しました。
棚の影に男が立っていたのです。
同じ部署の同期の男性です。
一部始終を見られていたのです。

「昼休みにいつもここで部長と、あんなことしてるんですか?」
「見てたの?」
「見てましたよ、全部。僕がいるの気付かなかったんですか?」

全く気付きませんでした。

「驚きだなー。人妻になると、そんなに大胆になるんだ?」
「ひどい・・・こっそり見てただなんて」
「こっそり見るかしないじゃないですか? プレゼンの資料探してたらコレだもんな」
「・・・」
「どうでした? 部長ってうまいんですか?」
「やめて! 今のことは、忘れて。絶対に人に言わないで!」

精一杯の言葉でした。
そして、部屋を出ようと彼に背をむけ歩きだそうとしたのですが・・・。

「待ってくださいよ」

すごい力で右腕をつかまれました。
彼の息遣いが荒くなっていました。

「本当にそんな口約束で僕が黙っているとでも?」

彼は私をひっぱり抱きよせました。

「やめて!」

弱々しい声だなと自分でも思いました。

「僕が部長の続きしてあげますよ。本当はしたいんでしょ?」
「やめてぇ!」

そんな言葉はすでに通用しないことはわかっていました。
彼は隣にあった廃棄されるはずのデスクに私を押し倒したのです。
そして、上に覆いかぶさってきました。

「いやぁ…やめて…」

ますます弱々しい声に、彼は笑みを浮かべていました。
私はこの状況が信じられなくて、頭が真っ白になりかけていました。

彼は私の太股の間に、右足を挟みました。
そして、抵抗する私の両腕の手首を、軽々と左手にまとめて持ち、
私の頭上で固定したのです。

「案外、力ないんですね。本当はイヤじゃないんでしょう?」

そう言いながら、右手でブラウスのボタンを開けていくのです。
露になったブラをいきなり上にずりあげ、乳首を舐め回してきました。
チュパ・・・チュパ・・・

「はぁ、っん、あんっ」

乳首は私の性感ポイントのひとつ。
しかも火照っていたから、余計に感じちゃうのです。

「感じちゃってぇ。 イヤじゃないなら抵抗しなくていいんですよ」

正直なところ、イヤじゃないんです。
火照った身体をなんとかしたかったから・・・。
でも、犯されるみたいに、ヤラれるのは嫌なのです。

右手がスカートを捲り上げ、陰部を下からなぞってきました。

「すげー濡れてますよ。興奮してきちゃった」

濡れているのは自分でもわかっています。
次の瞬間、彼の指がパンストを貫いて入ってきたのでした。

「だめっ!」

思わず口から出た言葉でした。
しかし、彼は続けるのです。
クチュクチュ・・・。

完全に抵抗をやめたことを確信した彼は、ベルトをはずしにかかりました。
チャックを下ろすと、勃起しているのがわかりました。
若いだけあって、部長よりすごいんです。

ボクサーパンツを脱ぐと、素早く私の足の間に入ってきました。
そして一気に奥まで突いてきたのです。

「あぁん!」

思わず大きな声が部屋に響きました。
かなり濡れていたに違いないでしょう。
いきなりの挿入でも、それほど痛みはありませんでした。

彼は快感に少し顔を歪めていました。
次第にスピードを上げて突き上げてきました。


部長よりおちんちんが長いので、子宮口に当たるんです。
また違った快感が得られるのです。

グリグリと腰を押しつけられ、私は絶頂を迎えそうになっていました。
彼も必死に腰を振り、かなり息が上がっていました。
私は思わず、彼の腕にしがみついてしまいました。

「あぁん。ハァハァ。だめぇ!」

ますます奥まで突き上げてきます。
もうだめ・・・
そう思った瞬間、膣内が痙攣し、イってしまったのでした。

するとその刺激で彼もイったのです。
体を離したかと思うと、顔に精液をかけられました。
ドピュッ! ドピュ!!

勢いよく多量のザーメンが口元、胸元あたりに飛ぶのがわかりました。
2人の荒い息遣いが、部屋に響いていました。

「すごくよかったですよ。またお願いしますね」

そう言い、彼は身仕度をしていました。
私は脱力し、何も話せませんでした。

その夜、夫とはセックスしていません。
だって、いつも残業で遅いから、負担をかけたくないのです。
ですから、私は、OLのまま、火照った身体を慰めてもらっているのです。