FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







不倫相手の男性のためなら何でもできる淫らな人妻

2019.02.20.Wed.17:12
S.Y(28歳)

私は28歳の主婦です。
夫が出張で海外に行ってしまいました。
治安の悪い国なので、私はいっしょに行けませんでした。
子供も居ないので一人の生活なのです。
それが1年過ぎました。
もう、毎日、悶々としていましたのですけれど・・・

この1年、夫は2度程帰って来ましたが、
滞在期間は短く、私との時間も殆ど無く、
またすぐに行ってしまうのです。

もちろん、私の性欲が満たされるわけはありません。

毎日、同じ日の繰り返し・・・。
ついに嫌気を感じ始めました。

そこで、出会い系に手を出してしまったのです。
そして一人の男性と会いました。

彼は、私より年下のイケメンです。
会社を経営している方で、車も外車に乗っています。
初めて会った時には、私で良いのか戸惑ったぐらいの方です。

私は、そんな彼に惹かれてしまいました。
3度目のデートの時に、ホテルへ行ってしまいました。

久しぶりの男性との触れ合いに、戸惑いと興奮に挟まれながらも、
女である事を思い出させてくれた彼に感謝してました。

けれども、感謝の気持ちは、すぐに消えて行きました。
次に会う約束をする時に、彼の性癖を知らされたのです。

彼は普通のエッチでは満足出来なかったようです。
自分が好きな人をボロボロにする事に、
喜びを感じると聞かされました。
真性のSタイプでしょうか。

確かにその時も勃起はしていましたが、
イク事は無く、私だけ何回もイカされてしまっただけで、
最後まで彼はイキませんでした。

彼にその事を聞かされた私は、その時は返事が出来ずに別れてしまいました。
どうしたらいいのか、わからないのです。

彼のことを好きになっている私・・・
でも、主婦である私が、彼のためにボロボロになるわけにはいかないのです。

三日が過ぎました。
彼に逢いたくて、答えの出ないまま、
彼に連絡を取ってしまいました。

けれども、彼からの返事は・・・

「一緒にいると壊したくなってしまうので、逢うのは止めよう」

と言われてしまったのです。

それでも、私はその日の夜に、
逢いたい気持ちが抑えられなくなりました。
そして彼に連絡をしてしまったのです。

彼はそんな私に気を使ってくれて、
食事だけと言う約束で逢いました。

一緒にいると離れたくなくなります。
結局、私からホテルへ誘ってしまいました。

その時の彼は、この間と同じく、
私に優しく普通に接してくれました。
けれども、彼はイクことがなかったのです。

私は切なくなりました。
ベットの上で、して貰いたい事を聞きました。
戸惑っていた彼の口から出た言葉に、私は驚きました。

それは、彼の前でオナニーをしてくれと言われてしまったのです。

私は恥ずかしかったけれども 、
それで彼が満足してくれればいいと思い、
ベットの上で始めました。

最初、彼は私の隣で見ていましたが、次第に下のほうへ移動するのです。
そして 、私に足を広げる様に言ってきてました。

私が素直に広げると、顔をアソコに近づけて真近で見始めました。
彼の要求はどんどんエスカレートしていきます。

私に感じている状態を言わせたり、体位を変えてさせたりと命令してきました。
その頃になると 、私も恥ずかしさよりも、
彼の興奮している声に感じてしまうのです。
彼の要求を聞く事に喜びを感じてました。

そして・・・・・
次に彼から命令された事が、窓辺に立ってシテくれでした。
そこはホテルの10階でした。
それ程隣のビルと離れてはいなく、
そこに人がいれば、見られてしまうのが分かりました。

私も彼の言葉に刺激されて、ついにカーテンを開けて、
窓辺でオナニーをシテしまいました。

彼の言うとおりに、窓に手を掛け、足を広げる様にして、
彼にアソコを見せ付けるようにしながら、
ガラスに胸を押し付けて、私がイクまでその格好でさせられました。

誰に見られているか分からない状態でしている事に、
刺激を受けてイッてしまいました。
普段シテいるオナニーよりもずっと深くイッてしまったのです。


私がその場に崩れ落ちると 、
彼は先程と同じ格好に窓辺に私を立たせると、
後ろから私の中に入れました。

その時の彼の動きは、
今迄とは違い、荒々しく激しい腰使いでした。
彼が興奮していることが、はっきりとわかるのです。
それが何よりもうれしかったのです。

でも・・・
あまりの激しさに、おまんこが壊れそうでした。
だって、彼のおちんちんは、すごく大きかったのです。

私が叫びながらお願いしても、止まる事なく動き続けてました。
そして、私の中へ熱いものが、飛び散るのを感じました。

それからというもの、私は、彼の望む要求に応え続けています。
ずっと彼の期待に応えていきたいと思っています。