FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







友達の巨乳お母さんとエッチした僕

2018.04.21.Sat.16:00
友達のお母さんと変な関係になってしまいました。
いわゆる肉体関係です。
特に好きだったわけではないのですが・・・。
大学生の年齢だと、誰でもいいから、ヤリたい時期なんだと思います。
でも、めちゃくちゃ気持ちがイイんです。

大学に入り仲のよかった友人たちと別々の大学へ行ってしまい、
夏休みか正月くらいしか会えなくなってしまいました。
そんな友人を訪ねて行くと、お母さんが出て来ました。

「あら~お久し振り」

と言って応接間に通されたんです。
肝心の友人はクラブの合宿とかで帰れないそうなんです。

仕方ないのでお茶だけで失礼しますと言って帰ろうとすると、

「もう少し良いでしょう」

と言ってくれました。

「ちょっと待ってて」

と言うとビールを出すんです。

「少し飲みましょう」

と言って二人で乾杯になってしまいました。

お母さんはお酒が好きなようで、
途中から焼酎のロックを飲み始めました。
旦那さんは出張らしくて、
お母さん一人で退屈だったらしいんです。

酔うにつれ僕にいろいろ聞いてきました。

「彼女出来た?」 とか 「どんな娘がタイプ} とか聞いてくるんです。
適当にオッパイの大きな娘と言うと、

「嫌だ~エッチねぇ。おばさんの胸見て言ったな~」

と笑い転げるんです。

さっきから気になってたんですが、
お母さんのおっぱいは大きいのです。
僕も酔っっていたので、おかしかったのかな?
変なこと聞いちゃったのです。

「そのおっぱい、本物ですか?」
「確認してみる?」

僕の手を取り、胸に触らせるんです。

「すげ~本物だ~」
「でしょう、ねえ、じかに見たい? 本物のおっぱい?」

お母さんのは色っぽい目で言うんです。

「見てもいいんですか?」
「息子には内緒よ」

お母さんはブラウスを脱ぎ上半身はブラだけになりました。
お母さんの胸は白くて綺麗です。
僕は興奮してしまいました。

「触ってもいいですか?」
「いいよ、さわっても」

自らブラを外しました。
もうドキドキで大きなおっぱいが目の前なんです。

僕は夢中でお母さんのおっぱいを揉みまくりました。
お母さんンも感じているらしく小さな声を発していました。

僕はたまらずズボンとパンツを脱ぎ、
大きくなったチンコでお母さんを求めました。

「ダメよ、いけないわ」

ここまでにして、逃げようと後ろを向いたんです。
ずるいですよね?

僕は、お母さんの腰を捕まました。
スカートを捲ると紫色のエッチなパンティを穿いてるんです。
紫色の下着を着る女性は欲求不満である。
何かの雑誌で書いてあったような記憶がありました。

「ダメよ、お願い、ここまでよ」

と言ってる割にはそんなに抵抗がないんです。
やっぱり、お母さんも求めてるんだなって思いました。
欲求不満なんだ・・・と。

僕はそのエッチなパンティを一気に引き下ろしました。
お母さんのおまんこが目の前です。
ビラが飛び出し濡れて光っていました。

「見ないで、お願い、やめて・・・」

と言いながらも僕を待ってるようでした。

少し脚を開かせ、狙いを定め、チンコを入れようとすると、
お母さんは腰を突き出し、入れやすいように協力するんです。
根元まで一気に、ずぶずぶと入りました。

「あ~ダメよ、こんな事、早くおちんちん抜きなさい」

と言うんです。
ダメよダメと言ってる割には、自ら腰を使ってるんです。
段々とダメよダメよの声が小さくなり、そして・・・

「あぁ~いぃ~そこよぉ~もっと突いて~」

に変わっていったんです。

「おばさん、出そうです」
「いいわよ、中に出しても」

僕はお母さんのおまんこの中に発射してやりました。
まさか友人のお母さんと、こんな事になるなんて・・・。
その日は夢を見てるようでした。