FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







義父の肉体の虜になった淫らな人妻

2019.03.22.Fri.15:51
H.K(25歳)

義理の父とイケナイ関係です。
義父と肉体関係にあるのです。
後ろめたさはありません。
悪いのは、夫のほうだと思うからです。
これは、ごく自然な、成り行きだったのでしょう。

結婚6年目です。
夫には浮気癖がありました。
義父と色々話し合っていました。
相談に乗ってもらっているうちに、
関係を結んでしまいました。
ごく、普通の展開ですよね?

夫はもともと×1でした。
原因は私との不倫です。

夫の実家が工務店を経営しており、
夫が社長で義父が会長なのです。

当時の夫の奥様が専務で、
私は新入社員でした。

数ヵ月後に不倫関係になってしまいました。
暫くして、お互いに離れられなくなりました。
ごく普通お話ですよね?

色々、修羅場もありました。
世間が想像する通りの展開です。

決定的だったのは、私の妊娠でした。
結局、夫は離婚し、私と結婚することになったのです。

義母には反対されました。
それでも義父がなんとか形にしてくれました。
それから2~3年は、夫も大人しく会社を経営していたのです。

夜は、私と毎晩のように愛し合っていました。
今、思いだすだけでも、興奮してしまうセックスでした。
夫は遊び人でしたので、女の扱い方が上手だったのでしょう。
セックスするたびに、私は深くイカされるのです。

夫とのセックスでイクことを覚えたものです。

しかし、2人目、3人目の子供を生むに従い、
だんだんセックスをしなくなりました。

昨年長女が小学校に入ると、
月に1~2回となってしまいました。

夫は、「年だから・・・」 と言ってごまかしていました。
でも、どうも女がいるようなのです。
疑い出したらキリがありません。
私はチェックし始めたのです。

会社の経費でホテル代とか使っているようでした。
結局、相手はパートで支店の電話番をしてもらっている女性でした。
夫の同級生の奥さんで、ダブル不倫のようでした。

悔しいけれど夫を責めるのも負けたような気がしてしまいました。
我慢して黙っていたのです。
もともと、私も不倫から結婚したのだから、仕方がないと・・・。

でも、とうとう、義父に愚痴ってしまいました。
それから、義父に色々相談というか、
話を聞いてもらうことが多くなりました。

私は会長の秘書業務もしていましたので、
義父の仕事振りはよく知っていて、憧れでした。

昨年の秋ごろです。
会長が出席したパーティに運転手代わりについて行き、
酔った義父を実家に送りました。

義母は旅行中でした。
義父のお風呂の用意をし、ベットメイクをしていたときです。
風呂から出てきた、義父が後ろから抱き付いてきたのでした。

義父はまだまだ若く見える男性です。
ナイスミドルという言葉が似合います。
まだ若々しいといっても、数年前に還暦を祝ったので、びっくりしました。

「オレはあなたが好きだよ。愛しちゃった」

こんなこと言う人だとは思いませんでした。

「でも、不倫だし、イケナイことは分かってるんだけど・・・」

そう言いながら、抱きしめられました。

「だめ・・・いけません・・・こんなこと・・・」

そう言うのが精一杯でした。
義父というより、かっこいい大人の男の人、って言う感じでした。
そのとき私は、頭が真っ白になりました。

それからは義父にされるがままでした。
私の着ていたワンピースやブラウスが、
映画でも見ているように脱がされていきます。

義父と裸で抱き合いました。
義父は、今でもそうですが、優しく愛してくれました。

恥ずかしいからシャワーをお願いすると一緒に入ってくれました。
そのとき、初めて義父のおちんちんを見ました。
60を過ぎてもこんなに硬く大きくなるんだ。

驚きと、興奮と・・・うれしさでいっぱいでした。

私・・・義父を愛せると思う・・・

セックスは激しくはありません。
けれども、夫とのセックス以上に深いところまで引きづりこまれるような
快感でした。
はっきり言って、夫より、上手なんです。

カラダがバラバラに壊れるような、
それでいて、飛んでいくような感覚でした。

こんなの・・・初めて・・・

一回のセックスだけで、
私は義父の肉体の虜になりました。

それからは、秘書代わりに外出して時間があれば、
というより、そのために外出して、
歳の差と、不倫という壁を越えて、
週に1回は、義父と愛し合うようになりました。

夫も不倫しているから、後ろめたさはありませんでした。
ところが、夫の不倫は、あまり上手くいってない様子なのです。
でも、そんなことは、私には関係ありませんよね。