FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







夜の路地裏で立ったまま不倫セックスする淫らな人妻

2018.04.17.Tue.16:02
Y.U(26歳)

三つ年下の男の子と不倫しています。
同じ職場の男の子です。
私が結婚しているのを知っていて、告白してくれたのです。
既婚者だけれど・・・夫がいるけれど・・・その想いに応えたかったのです。

彼は3歳年下だけど、しっかりしてるな、という印象を持っていました。
私は結婚しているから、彼の誘いがあっても冗談にしか思えませんでした。
「今度ね」などと適当にあしらっていました。

彼にそう言っても真剣に誘ってくるのです。
ですから・・・
1回だけの約束で、夕ごはんを食べにいくことにしました。

少しオシャレな居酒屋で二人でお酒を飲みました。
やがて終電が近づいてきました。

そろそろ帰ろうと切り出すと、彼は甘い目で見つめてきます。

「今日は帰さないつもりだったんです」

と切なそうに言うのです。
私は決心がつかず、結局ずるずる終電を逃してしまって・・・。

お店も閉店して、とりあえず真夜中のビル街に二人で取り残されました。
行き場を失った私たちは、ビルの入り口の内側でどうしよっか、と言いつつ、
期待と迷いでいっぱいでした。

そんな時、いつもおとなしい彼が私をビルの壁におしつけて強く抱いてきたのです。
そして、耳からほおを唇でやさしくなぞってきました。

私はぞくぞくしてしまいました。
こんな感覚、すごく久しぶりです。
もう、何も考えられず、唇を差し出してしまいました。
キスを求めてしまったのです。

彼もそんな私に触発されたように、むさぼるように唇と舌を吸ってきました。
そして、ついに彼の両手が、私の胸を服の上からなでてきました。
しだいに、服の下から彼の手が入ってきて、ブラのぎりぎりのところをなぞります。

「あぁん・・・」

とため息のような息をもらしてしまうと、
彼はさらにブラの上をちょっとだけめくって、乳首をつまみ始めました。
自分の下半身を私に強くおしつけてきたのです。

私は、我慢できず、左手で彼のTシャツの下から手をいれ体をまさぐりました。
右手でジーパンの上から彼のペニスを撫でました。
勃起した彼のおちんちんは大きくてとても硬かったです。
それに・・・先っぽが濡れてるじゃない・・・もう・・・。

彼も、左手でスカートをまくりあげて、パンツの上からアソコをなぞってきます。
そして耳元で・・・

「好きなんだ、1回だけ、してもい?抱かせて・・・」

私は、もう限界でした。何も考えられなくなっていました。

「うん。いいよ」

私の舌を彼の舌に絡めてしまってました。
すると彼は、私のブラウスの前ボタンをすべて開け、ブラのホックだけはずすんです。
おっぱいが見えちゃいました。

「おおきくて、かわいいね。それにきれいだ」

乳首をよだれまみれになるくらい舐め回すんです。
同時に、私のパンツを下におろしてクリトリスを直接なであげてきました。

「はぁ~ん・・・」

私も彼のジーパンのチャックをあけ、パンツをおろして、
おちんちんを握ってあげました。

再び舌を吸いあって長いキスをすると、
暗いビルの入り口にいやらしい音が響きました。
人の通りがない真夜中でこんなことをしていると、
世界は二人だけのものという感じがしてきます。

ついに彼は・・・

「いくよ、受け止めてくれる?」

と私を壁におさえつけたまま、固いおちんちんを私の中に入れてきました。

「あん! あぁ~ん!」

入ってきた瞬間、思わず大きな声をあげてしまいました。

固くて、それでいて温かくて柔らかな、なんとも言えない心地よさなんです。
胸をわしづかみにされたあげく、
立ったままなのでゆっくりゆっくりつきあげるような感じがたまりません。

「あっあぁ~ん!」
「気持ちいい?」
「うん」
「ずっと、こうしたかったんだ・・・」

子宮の奥をえぐられるような回転動作に、
私は心地良くて気が遠くなりそうでした。

「あーん、いきそうー」

その私の一言で、彼は私の手を壁につかせ、
胸を下からもみながらバックで入れてきました。
バックになったおかげで彼は猛スピードで突いてきます。

「あぁ~ん・・・いくぅ~」

と叫びながら私はにイってしまいました。

「僕もイクよ。奥に出しちゃうよ」

と言って私の胸を強くつかんだまま果ててしまいました。
私の中には彼の熱い精液が放たれたのです。
甘い液とともに足をつたっておりてくのがわかりました。

そのままタクシーを拾ってラブホテルに直行しました。
だって、まだ、お互いに満足できてないんですもの。

エラが大きく張った長いおちんちんの感触に、
私は何度気がイカされたのかわかりません。
今まで味わったことのない心地良さでした。