FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







不倫相手の黒いおちんちんにメロメロの淫らな人妻

2019.04.18.Thu.15:37
M.I(35歳)

私には秘密があります。
それは不倫をしていることです。
お相手は、パート先の同じ職場の男性です。
夫とは、まったく違ったタイプの人でした。

そもそも夫は仕事熱心な人です。
そして、出張も多かったのですが、
とうとう単身赴任してしまったのです。

なんのための結婚だったのかしら?

そう思うこともしばしばです。
赴任先は遠方ですので、
帰ってくることも少なかったのです。

生活費などの金銭面は恵まれた生活でした。
けれども、暇を持て余す私は、
パートとして働き始めたのです。

仕事は結婚以来でしたので、
新鮮で楽しくできました。
職場にも恵まれていたのだと思います。

そこで・・・彼に出会ってしまったのです。

夫にはない優しさと包容力を持つ、
同じ職場の彼を好きになってしまったのです。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、
彼は私を食事に誘ってくれました。
そしていろんな話をしているうちに、
家族の事、
夫のことなども話しました。

実は彼も単身赴任で来ていたんです。

ある日子供が学校に行っている日の平日。
パートの休みの日、彼も有給をとり、
二人でドライブに行きました。

昼食が終わり、湾岸をドライブしていると、
突然、彼が道路を外れて、
洋館建ての、見るからにラブホテルだと判る建物の中に車を入れました。

私は取り乱したりはしませんでした。
そうなる予感はしていたのです。
というよりも、そうなってほしいという願望があったというべきでしょうか?

私は彼とすでにセックスしていました。
妄想の中でです。
妄想の中で、彼は私を何度も抱いていました。
ときには優しく、
ときには荒々しく・・・。

その妄想は、私を興奮させるのに、十分でした。
その妄想は、オナニーのネタとして、素晴らしいものだったのです。

しかし、しょせんは妄想です。
いつか、本当に抱かれたい・・・
本気でそう思っていたところだったのです。

部屋に入るなり、彼が抱きついて来ました。
荒々しく抱きついてきます。
彼も、ずっと我慢してたんじゃないかしら?
職場で、私を見つめながら、股間をもっこりさせていたりして・・・。

猛烈なキスをして来ました。
私の唇を犯すかのようなキスです。
舌先が、口に中に侵入してきます。
私は、その舌を迎え入れました。
お互いに舌を絡めあうのです。

ピチャピチャと、音が鳴るほど激しいキスでした。

その後、私は全裸にされました。
衣類はすべて、彼の手によって、脱がされたのです。
恥ずかしいやら・・・うれしいやら・・・

それから、いっしょに、シャワーを浴びました。
お互い裸で、シャワーを浴びるんです。
その時、初めて彼の裸を見たのでした。

恥ずかしかったけど・・・
どんなおちんちんしているのかしら?
興味深々でした。
妄想より貧弱だったら、許さないから!

彼のおちんちんは黒くたくましく動いていました。
妄想より、立派でした。
すごくうれしくなっちゃった。

この黒さ・・・
ああぁぁ・・・見ているだけで興奮しちゃうの・・・


仁王立ちになった彼。
私を前にしゃがませます。
腰を突き出して黒いおちんちんを私の口にあてがいました。

私・・・彼にご奉仕している・・・

ただ、それだけで、うれしくなりました。

私は目を閉じて、黒いおちんちんを、
口いっぱいに咥えこみました。

彼はゆっくりと腰を動かします。
私の口の中で、おちんちんが蠢くのです。
まるで、別の生き物が、
口の中で蠢く感じでした。

「はぁ~・・・」

ため息にも似た感嘆の声を彼はあげたのです。
そして私の口の中にいっぱい、精液を注ぎました。
口の中に粘液が充満したのです。

こんなにいっぱい・・・うれしい・・・

本当に新婚以来の行為でした。
その後ベットに連れて行かれました。

よつんばにされ、後ろから、
私の恥ずかしい部分を吸ったり舐めたりした後、
挿入されました。

2時間位の間に3度も中に射精されました。
私の体内は、精子まみれだったことでしょう。

それからというもの、時間を見つけてはホテルに行ったり、
車の中でセックスをしました。

夫が帰省した時は、夫は必ずセックスを求めて来ました。
断ることも出来ず、夫を受け入れていました。
時には夫とした翌日に、彼との行為に及んだこともありました。