FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







嫌いな上司の愛人になった淫らな人妻

2018.02.04.Sun.15:59
S.A(26歳)

26歳の人妻なのですが、会社の上司と不倫関係になってしまいました。
別に夫に不満があるわけでも、上司のことが好きだったわけでもありません。
できることなら、今すぐにでも別れたいと思っています。
相手の上司は私の勤める営業所の所長で、
今年の春に東京の本社から転任してきました。
はっきりいって左遷というやつです。

ですから所長といっても名前だけで、
営業所の誰もが心の中では馬鹿にしています。
仕事のことなどで所長の意見を聞くなんてことはありませんでした。

それでも、気の弱い所長はその状況を甘んじて受け入れていました。
その所長と2人でお得意様の接待に行った帰りのことでした。

予定より早く終わったので、
「少し飲んでいこう」と誘われ飲みに行きました。

普段は影が薄いぐらいに気弱で大人しい所長なのですが、
その時はひどく酔っ払っていたのです。

「みんなで俺を馬鹿にしやがって! 俺は所長だぞ!」

大声で騒ぎ始めて・・・。
仕方なしに所長を引っ張って外に出しました。
タクシーを捕まえて所長を送っていくことになりました。

よっぽどストレスが溜まっていたのでしょう。
タクシーの中でも所長は大きな声を張り上げて、
営業所の皆の悪口を言っていました。
特にすぐ横にいるということで私も口汚く罵られました。

それは所長の家に着くまで続いたのです。
ところが、ようやく家に連れて行って私が帰ろうとすると、
今度は急に泣き出したのです。

「俺を1人ぼっちにするんだろう。俺のことがそんなに邪魔なのか?」

と言って、40歳も半ばを過ぎた男がワンワンと泣くんです。
そして泣きながら私にすがり付いてきたんです。

相手が子供なら受け止められるんでしょうけれど、
成人した男性なのでそのまま後ろにひっくり返ってしまいました。

「ちょっと! 所長!」

と言ってどかせようと思ったのですが、
倒れこんだまま私の胸で泣いている姿があまりにも可哀相になってしまって、
そのまま泣かせてあげました。
母性愛とでもいうのでしょうか?

でも、それがいけなかったんです。

所長はひとしきり泣き終えると ・・・

「君だけは俺の味方になってくれるよな?」

そう言いながら私を求めてきたのです。

「や、やめてください!」

抵抗したものの、所長に対して同情的になっていたからか、
どうしても強く拒否することができなかったのです。
心の中で夫に謝りながらも所長を受け入れてしまいました。

酔いつぶれていても、40代の中年でも、
おちんちんはしっかりと勃起しているのです。
おまけに、しっかりと射精・・・大量のザーメン・・・。
こともあろうか、私の顔に降り注いできたのでした。

家に帰ってから死ぬほど後悔しました。

このまま会社を辞めてしまおうかとも考えました。
しかし、そうすることもできず、所長が酔っ払って覚えていないことを願いながら、
次の日、出社しました。

すると所長は何事もなかったように、いつもと同じ様子だったのです。

「所長は昨日のことは覚えていないんだ」

とほっとし、すっかり安心していました。
ところが、1週間ほどたった日のことです。
皆が外回りに出て、所内には私と所長の2人だけになると、
いきなり所長が後ろから抱きついてきたんです。

「何をするんですか?」

イスから立ち上がりながら大声を出しました。

「今さら何を言ってるんだ。僕と君の仲じゃないか」

ニヤニヤ笑いを浮かべながら迫ってきます。

「いやー、やめて!」

と逃げる私を捕まえて

「この間はあんなにも喜んでいたじゃないか?」

そう言われて私は全身が真っ青になりました。
この人、覚えているんだ・・・

すっかりあのときのことは記憶がないと思っていたのに・・・。
衝撃が走りました。

ど・・・どうしよう・・・

呆然としている間に、
所長の手が好き勝手に私の体を触っていました。
イヤらしい手つき・・・気味が悪いほど・・・

「旦那に知られたくないだろ?」

私の抵抗を奪うには十分すぎる言葉でした。
下着を剥ぎ取られ、
デスクに手をつかされ、
後ろから突かれました。

この日も、所長のおちんちんは、信じられないほど勃起していました。

私のおまんこの穴を、ぐいぐいと突き進んでくるのです。

けれども爪の先ほども感じることはありませんでした。
唇をかみしめました。
ただ耐えるのみです。

でも、膣内に射精までされてしまい・・・
すべてが終わった後は涙がこぼれて止まりませんでした。
それ以来、所長の愛人にされてしまい、屈辱の日々を送っています。