FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







上司との不倫セックスを再開させた淫らな人妻

2019.07.29.Mon.16:36
M.M(27歳)

私は職場恋愛の末に寿退社しました。
ただそのとき、直属の上司と不倫関係にありました。
このまま不倫をずるずる引きずるのも良くないと思っていたのです。
ですから、そのときの彼と成り行きで結婚をしていました。
そう、結婚は、上司との不倫を終わらせるためだったのです。

最初は愛してくれる夫に愛情を感じていました。
結婚と言う幸せに浸っていました。

しかし・・・。

しばらくは幸せに暮らしていましたが、
結婚して落ち着き始めた頃のことです。
職場の仲間がちょくちょく遊びに来るようになりました。

その際に上司も来るようになったのです。

神経を疑いました。
不倫関係にあったのに・・・。
終わらせるために結婚したのに・・・。
どうして、こんなふうに、私の前にあらわれることができるのでしょう?

初めはお互いしらんぷりをしてやりすごしていました。
でも、そんな演技は長くは続きません。
私たちの不倫関係は、まだ終わっていなかったのでしょう。

職場の仲間たちは飲み会の帰りでした。
お酒のせい?
再び、間違った関係に逆戻りするまでに、
時間はかかりませんでした。

特にそのときは、数人の仕事仲間も来ていたのですが、
酒酔いも強くて、客室で騒いだ後は、
そのまま全員が酔い潰れて眠ってしまいました。

夫もピクリとも動かないほど眠ってしまっています。
全員に枕と毛布を提供した後で、
私は上司と一緒に夫婦の寝室に行っていました。

お互いに暗黙の了解と言うか・・・。
どちらが誘ったというわけでもなく、
ごく自然の流れでそうなったのです。

私もそのときは一緒に少しばかり飲んでいました。
上司は元々お酒が強い人でしたから、
みんなと一緒に同じ量を飲んでいても、
潰れるということがありません。

飲んでる最中も、時々手を繋いだり、
お互いの身体をちょっと触る等のことがあったのです。

ほんの軽いタッチです。
しかし、私の身体は上司の体温を忘れていなかったのでしょう。
そのわずかな触れ合いは、愛撫に等しかったのです。
昔のことも思い出されて、もう我慢出来なくなっていました。
恥ずかしいけれど、そのとき、私のおまんこは、もうぐっしょりと濡れていました。

いつも夫と愛し合ってるベッドです。
そのベッドで、私は上司に抱かれるのです。

不倫だったとはいえ、昔の恋人には違いありません。
昔の恋人とセックスをするというのは、
異様な興奮を覚えるものです。
しかも、私は既婚者なのです。
それが、堂々と自宅で不倫セックスするなんて・・・。

そのイケない行為が、私を興奮させたのでしょう。

久しぶりの上司のおちんちん・・・。
上司のおちんちんは夫のものより大きいのです。
そのおちんちんが、私のおまんこに突き刺さります。

「ああぁぁ・・・」

大きくて凶器みたいなおちんちん・・・。
でも、挿入後の上司の攻めは、激しいものではありません。
入れたまま、動かずに抱き合うことから始めるのです。

おまんこにハマったおちんちんが心地よく感じられます。
自然に、おまんこが蠢いてしまうのが、
自分でもわかります。

膣の中で、おちんちんが、ピクリピクリと反応するのもわかるのです。
その間、私たちはキスをします。
お互いに舌を絡ませながら、
唾液と唾液を混ぜ合わせ、そして啜り合うようなキスです。

私の興奮がさらに高まるのに、
上司はちっとも動かずに、私を抱きしめてくれるのです。

焦らされてたまらなくなります。
いつもこうなのです。
私は自分から上司に跨って、無我夢中になってしまっていました。

上司とのセックスの時だけなんです・・・。
自分から跨ったり、腰を振ったりするのは・・・。
だって、いつも、すごく焦らすんです・・・。
上司の前だけ、私は淫乱な女になるのです。

私には夫がいます。
上司にだって奥さんも子供もいるのです。
それなのに、不倫セックスをする私たち。
背徳感が興奮を呼び起こすのです。

私たちは何度もイキました。
それでも満足出来なくて、何度も愛し合いました。

元々身体の相性は抜群でした。
性感帯の場所も知り尽くした中なのです。
ベッドが精液や愛液でどろどろになっても構わず、
一晩中貪り合いました。

朝になったら証拠は全て洗濯機の中へ。
夫はもちろん気付いていません。

今も関係は続いています。
夫が出張が多いので、泊まりがけとなる出張の際には、
必ずと言っていいほど上司が我が家にやってきてはセックスを楽しんでいます。
もしかしたらこうするために夫を出張に出しているのかもしれません。