FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







深夜の倉庫で人妻にフェラチオされる

2019.01.26.Sat.16:51
大手の運送会社で、夜から仕分けのバイトをしています。
世の中不景気で、バイトを探すのも一苦労です。
そこに私より10歳も上の、三十代も後半の主婦が、
バイトで入ってきました。
深夜ですからね・・・ちょっとムラムラすることもあるわけで・・・。

彼女は、ご主人の会社が不況で給料がダウンしたようです。
家のローンや子供さんの塾やら、
教育費が大変らしくバイトに来たらしいのです。
やっぱり、世の中、不景気だ・・・。

彼女は品のある奥様と言う感じの人でした。
そして結構ナイスボディなんです。
深夜には目の毒・・・いえ、目の保養でしょうか?

忙しく動き回っていると、
オッパイがブルンと揺れるんです。
思わず目が釘つけです。
しかも、大きなお尻も魅力なんです。

品のある奥様でも、
深夜にそんな姿を見せられたら、
エロく見えて当たり前ですよね。

あまり話す機会もありませんでした。
遠くで眺める程度だったのです。

しかしある時、

「この品はどの住所にと?」

聞いてきたんです。

近くに来ると、いい香りがするんです。
その香りに、ムラっときます。

顔を寄せ、住所を見る時、
豊満な胸に肘がさわりそうでした。
私の股間は、ぴくぴくと蠢き始めていました。

「あ~これならA地区です」
「すみません、ありがとう」

そう言って、お尻を向け、持ち場に帰ります。
その時、ヒップに下着のラインが見え、
またまたムラッとしてしまいました。

それがきっかけで、休憩時間に話をするようになりました。
彼女の香水の、ほのかな香りが疲れを癒します。
癒し系美女?
でも、エロいしなぁ・・・
などと、馬鹿なことを考えたものです。

「慣れない仕事で疲れるでしょう?」
「一週間がきつかったですね。もう足がパンパンでした」
「そうですよねぇ」
「けどもう要領も分かったので大丈夫です」

意外とガンバリ屋さんのようでした。

仲良くなって数日後。
倉庫の奥で、互いに角から出て、ぶつかったんです。
思わず、オオッと、手でかばうと、
その手が彼女の豊満な胸にさわったんです。

ぷにゅ~。
やわらかぁ~い。

互いにビックリしてしまいました。

「すいません」
「いいえ、ごめんなさい」

と互いに謝りました。
彼女もニッコリしていました。

彼女はぶつかったことを謝っているようでしたが、
私は胸を触ってしまったことを謝ったのです。
でも、そうは思われなかったみたいですね。

ぷにゅ~っとした感触に、
チンコが勃起してしまいました。
ばれてはまずいと思い、隠すように、その場を離れました。

すると彼女が怪訝な表情を浮かべました。

「どうしたの?」
「いいえ、何でもないです」

はじめは僕が怪我をしたのか心配してくれたのかと思いました。
でも違うのです。
彼女はにっこり笑って言いました。

「ウフッ・・・見たわよ」

バレてました。
僕の股間が勃起して、もっこりしちゃっていることが。

「若いわね~、今いくつ?」
「24歳です」
「こっちへ来て」

倉庫の奥へ呼ぶんです。

行くと、いきなり首に手を回し、
抱き付いてキスをして来たんです。

もうビックリ仰天でした。

舌を絡め、豊満な胸が当たります。
もう完全勃起です。
ぐりぐりと彼女に押し付けました。
すごく興奮して、なにがなんだかわからないくらいです。

「待ってね」

と言いながら、私の作業ズボンを下ろすのです。
そして膝を附いてフェラってくれたんです。

「大きいわ~。すごく立派ね」

と言いながら、ぴちゃぴちゃととフェラります。
熟女のフェラテクは最高でした。
そのまま風俗で通用です。
いえ、ひょっとしたら、風俗経験者かもしれません。

正直、溜まっていました。
絶頂まで、あっという間でした。

「出そうです」

と言うと、口を離し、手コキで出してくれました。

「今日はここまでね」

と言って大きなお尻を振りながら行ってしまいました。
今日はここまでと言う事は、次もあると言う事かな?

そう思いながら一人ニヤけてしまいました。