FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







妻にディルドを使用してみた

2011.09.18.Sun.19:27
先日、妻とのエッチのなかで、
前々から購入していた、
ディルド(アラブのLサイズ)を初めて使用した。
妻は33歳、身長152㎝、子供は二人、どちらかと言うとやせ形である。

SEXについては、
初体験は高校時代。
経験人数は、自分含めて4人くらいらしい。

自分と結婚してから、
露天風呂でのエッチ、ローター使用、
プチ露出、ノーパンでの買い物を初体験した。

自分とのエッチは、月5回くらい。
妻が自分のチンポより大きいものが挿入された時に、
どういった表情、感じ方をするのか、見たくなり、ディルドの購入をした。

今回は、そういった狙いもあり、
いつも異常に丹念に妻の胸やオマンコに刺激を与えていた。

一度目の絶頂を妻が向かえたあと、
妻に新しいオモチャを使わして欲しいとお願いしたら、
使いたいなら、いいよとの事。

「自分よりも大きく太いチンポを入れるよ」
「あなたのチンポより気にいったらどうする?」

と逆に質問されるくらい、のってきた。

ローションをつけ、ゆっくりと妻のオマンコに挿入していくと、
半分くらいで少しきつくなり、
その場でゆっくりピストンしていたら、
気持ちいいから、もっと奥まで入れてといってきた。

奥まで入れると、あきらかにいつもの妻とは違う反応があり、
自分のチンポも爆発寸前状態だった。

初めてのディルドで少し大きいかなと思っていたが、
あっさりとオマンコに飲み込まれ時は、
このディルドは自分の知らない妻の部分まで、
知ってるんだと思いながら、興奮していた。

また、妻は誰に挿入されている事をを想像していたのか、
考えるだけでも、嫉妬と興奮がいりまじっていた。

奥まで入れてピストンながら、

「3P みたいだね」
「うん」


自分のチンポを妻にくわえてもらい、もう一度、

「ホントに3Pをやってるみたいだね」
「3P したいの?」
「・・・してみたい」
「別に・・・いいけど…私は・・・」

本音かどうかわからないが、自分は大興奮。
一段と激しく、ディルドをピストンし、口には自分のチンポを激しくバキュームする妻。
我慢できず、ディルドを抜き、自分のチンポを挿入した。

オマンコが緩くなっているかなと思いきや、
いつもと違い、締め付けてくるような感覚で、激しくピストンした。

妻も今まで聞いたことのないような大きい声で、

「いく、いく・・・」

と連呼していた。

窓も空いていたところもあり、
近所に聞こえそうな大きい声だったが、
それが一段と興奮していた中、
妻から中に出してといってきた。

自分もさらにピストンを激しくし、
妻の中に大量の精子をだした。

オマンコからチンポを抜き、
オマンコからは精子がたれてきているにもかかわらず、
口でくわえてきれいにしてくれた。

いままでそんなことは一度もやってくれた事はなかった。

妻はぐったりとしていたが、満足そうで、

「大きいチンポにはまってしまったら、どうする?」

と聞いてくる始末。
今回のエッチも満更嫌ではないようだった。
妻には寝とられ願望が自分にはあり、
誰かとエッチしている妻を見てみたいといったら
考えとくわとの事。
大興奮のエッチでした。



官能小説ネット




ひとみ(26)09191
ひとみ(26)09192



みさとのお部屋








妻を抱かせてあげます

2011.09.16.Fri.16:28
月に一回、仲間4人と釣りに行くんです。
帰りは決まって独身で一人住まいの矢野のマンションで打ち上げと称し
飲み会をやるんです。
一人住まいなので気兼ねする事なく飲めるんです。

釣果の自慢話しや、下ネタで盛り上がりました。

「ここに女でもいれば、また楽しさ倍増するんだが」
「今度は奥さん呼んで飲みましょうよ」
「いいな~それ」
「今から呼べよ」


そんなわけで、三人の既婚者がそれぞれ妻にメールしたんです。

すると内の家内からメールで、いいよ行くよの返信が来たんです。
石川の奥さんも、少しなら大丈夫の返事でした。
川口の奥さんはパートで無理でした。

しばらくすると石川の奥さん君枝さんがやって来ました。

「お待たせ~」

と軽い乗りでやって来ました。
汚い部屋がパーッと明るくなりました。
奥さんは皆にお酌をしながら、
少し年増のホステスですがと笑わせるんです。

またチャイムが鳴り、妻がやって来ました。
普段より濃いめの化粧でした。
それに少し短いんです・・・スカートが・・・
まあサービス精神でしょう。

奥さん達も皆に飲まされ、
酒に弱い妻は顔を赤くしていました。

一時間もすると君枝さんの携帯にメールが来ました。
娘さんが塾に行く時間だそうです。
奥さんは、名残惜しそうな顔で部屋を後にしました。

残った妻は皆に酒を勧められ完全にグロッキー状態です。
崩れた膝から奥が覗いていました。
パンストを穿いてない白い下着が見えていました。

独身の矢野は、私を気にすることなくパンチラを覗くのです。

「奥さん、寝てる?」

と妻に囁くんですが返事が無く、どうも寝てしまったようです。
私も面白くなりました。

「いいからもっと足を開いて見ろよ」

矢野はニッコリ頷くと、スカートを少し捲りながら足を開いたんです。

皆の前に妻の下着が丸出し状態です。
よく見ると中心部に染みが・・・。

「オ~これは濡れてるのか?」
「それなら脱がして見れば?」

四十前後のおっさん達は変態親父に変身していました。
妻は寝息を立て寝ています。
よっぽど酒が効いたみたいです。

「オイ良いだろ? 脱がしても?」

と許可を求めるんです。
目がギラついてるんです皆は。

「起きない程度ならといいぞ」

と言ってしまいました。
正直、私も見せたかったんです・・・妻の痴態を。

矢野はゆっくりとスカートを腰まで捲ると 白いパンティに手を掛けました。
私の心臓が飛び出しそうでした。

皆も息を殺して見詰めていました。
矢野は妻が起きないように、ゆっくりと引き下ろすんです。

黒い陰毛が現れると、オ―と声が皆から出ました。
お尻を脱がせると、後は一気に足元まで引き下ろしました。
その状態では、まだ足を閉じたままなので、マンコは見えません。

矢野がゆっくり妻の片足を持ち開き始めました。
ワレメが見えて来ました。
皆は目をそこに集中させていました。

次に矢野は、妻のマンコを指で開いたんです。
まさかそこまでとは思っていませんでしたが、もう手遅れでした。
妻のそこは濡れて光っていました。

皆は息の掛かるくらい近くでマンコを覗くんです。
矢野は妻のマンコをさわった指を鼻に持って行くんです。
それを見た皆が笑いを堪えてるんです。

「どうだ?」
「少し匂う」

それを聞いた皆は交互に妻のマンコに指を入れ、
やっぱり鼻に持って行くんです。

「う~ん、少しきつい匂いだな」

と皆が言うのです。

すると妻が、「ア~ン」 と言いながら 
足を全開したんです。
少し開いたマンコの中が見えてしまいました。

「頼む。舐めさせてくれ」
「ダメダメ、起きるよ」

と皆が言うのです。
もうこうなったら矢野の願いを叶えたくなりました。

「いいぞ、舐めろ!」

と言ってしまったんです。

矢野は妻の太ももを抱え、
大股開いた妻のマンコを、音を立てながら舐め回すんです。
流石に妻も起きてしまい、

「エッ・・・何?」

と状況が飲み込めずにいました。
矢野の頭が股間にあるのに気づくと、

「イヤッ・・・何してんの・・・ヤメテ」

と腰を引くんですが、
ガッチリと太ももの下から手を通されているので逃げれないんです。

そうこうしてると、妻の口から、

「アッアッ・・・」

と悶え声に変わったんです。
どうやら、おサネを探りあて、そこを責めてるようなんです。

「奥さん、やらせて下さい」

周りに4人も男の前で、矢野はヤルつもりなんです。

「ダメよ あなた助けて~」

と言うんですが どうも本気じゃないようなんです。

「矢野サックは?」
「無いです」
「外へ出せるか?」
「はい」
「じゃ、いいぞ」

そうして、矢野の願いを叶えてやりました。



Hな読み物の館



みか(27)09171
みか(27)09172



Hな体験談COM






夫婦の寝室

2011.09.14.Wed.09:50
汗ばむ肌を重ね合わせ、愛を交わす夫婦の寝室。
手足が絡み合うほど濃厚な抱擁。
本当に久しぶりだったので、その興奮は極度に昂ぶっていた。
妻の肉襞に埋もれたと思ったら我慢できず、呆気なく射精してしまった。

射精するとグッタリとなって、一気に気怠さの中に追い込まれていく。
正常位に覆い被さっからだを妻から外し、その横に大の字になった。
気怠さだけが残る。
硬く大きかったモノがみるみる萎んでいく。

あまりにも早かったので満たされずに終わった真理子。
満たされずに投げ出された真理子の肉体はなおも火照っている。
そっと起き上がった真理子は、萎んでいく僕のものを見つめている。
逞しかった僕のモノはグッタリと小さく萎え縮こまっていた。
それを見つめる真理子。

「まぁ、こんなに小さくなって…、わたしがもう一度大きくしてあげる…」

彼女はネズミの子のように縮こまったそれを摘んだ。

「大きくなぁれ…!」

と言って引っ張ったり、伸ばしたり、そして揉んでいる。
射精した後の気怠さに、そんなに揉まれるのはイヤだった。
もう一度…という気分も湧かなかった。

それにお構いもなく真理子は真剣に揉だりで、引っ張ったりしている。
その目つきが真剣そのものだ。
好色に萌えた眼差しだ。

すると男の本能が反応し始めた。
精魂尽き果てているのに次第に膨らんでくる。

その反応を見つめる真理子。
オチンチンを揉んで可愛がってくれる真理子の目つきが真剣そのもので愛おしい。
満たされなかった真理子を可哀想に思い、
自分でも、

「大きくなってくれ…!」

と心を励ます。

すると次第に硬さを増してきた。

「ねぇ、あなた…、大きくなったよ…」 
「とうとう大きくしたね…」    
「この坊や可愛い…、もっと固くなって…」

次第に固さを増してくる。

「ねえあなた、硬くなったね…」
「うん…、とうとう大きくしたね…、こんどは真理子が上に跨って…」

真理子が跨った。
オチンチンを摘んで自分の肉襞に誘い込む。
硬くなったオチンチンが襞割れの中に埋め込まれていく。

「ねえ、今度は真理子の思うようにやってみて…」

すると彼女のからだが、
上に下に…、右に左に…、
さらに「の」の字に回転している。

次第に彼女の顔が歪んくる…
髪が乱れる…
乱れた髪が、汗に滲んだ頬にまとわりつく…

日常生活でいつも見る普段の由記の顔と違ってきた。
その顔が次第に断末魔の形相をしてくる。
いつもの慎ましやかな顔はどこに行ったのだろう。

真理子が自らのからだを激しく揺する。
羞恥も何もあったものではない。
性欲に対しての女の貪欲な本心が出ていた。
汗にまみれ髪を乱した顔は断末魔の形相だ。
その激しい絞り込みに、
またも男の限界が近づくが、それをぐっと我慢する。

激しい真理子の動き…
ついに真理子が僕の胸に打つ伏せ倒れ込んだ…
真理子が達した…
まったく動かない…
愛おしく思い背中やお尻を撫でてやる…

もうフェニッシュを…と心に決めて
僕の胸に打つ伏せ倒れ込んでいる真理子に下から突き上げていくが、
それでも真理子のからだは動かない。

思い切って突く… 二度、三度…

ついに再び二度目の精子を由真理子に注ぎ込んで、
そして僕も果てた…



wombatの官能小説




MASAMI(21)09151
MASAMI(21)09152



性犯罪白書







社長の奥さんに海水浴で悪戯

2011.07.12.Tue.16:19
工場で板金加工をしてる28歳です。
従業員は僕と先輩、社長兼工場長、奥さんの四人だけです。
下請けの下請け、孫請けです。
油汚れで爪の中はいつも真っ黒です。

給料は安く、ボーナスは無しで先輩といつ辞めるか、
そんな話ばかりしていました。

明日が休みの前日、
社長が明日、海へ行くから朝9時集合と言うのです。

僕と先輩は仕方なく行く事にしました。
9時ごろ行くと、早く乗れよと先輩に急かされ乗ると、
社長、奥さんと中学生と小学生の兄弟、みんなで6人でした。

先輩が、

「どうせ、海に行っても奥さんは泳がないから水着にはならないよな」

と言っていました。

1時間くらいで海に着くと、
ガキ達は大はしゃぎで、さっそく浅瀬であそんでいました。

社長はシートの上でビールなんです。
僕達は久々の海水浴で、結構楽しんでいました。

すると、奥さんが青色の水着に着替えてるんです。
子供達と一緒に波打ち際で遊ぶんです。

少しサイズが大きいのか、
胸元が覗くと谷間が見え隠れするんです。

女ッ気無しの生活なので、
奥さん(40歳位)でも興奮してしまいました。

昼ごはんを食べ終えると、
子供達は疲れ、木陰で昼寝なんです。
社長も酔って寝てしまいました。

すると先輩が、

「奥さん、浮輪に乗って遊びましょう」

と言って奥さんをイルカ型の浮輪に跨らせたんです。

奥さんは大きなお尻を突き出しながら、
僕達に引かれながら喜んでいました。

先輩が僕に目配せするんで、
その方を見ると奥さんの股間から
毛が数本食み出していたんです。

すると先輩、そーっと手を伸ばし、
毛を一本引っ張ったんです。

これに驚いた奥さんは、
ビックリして海の中へ落ちたんです。

先輩は助けるフリをしながら、
奥さんの身体を触りまくりなんです。

太ももの付け根から指をマンコに入れると、
奥さんのビンタが飛んで来たんです。

「何すんのよ~この~変態」

と罵られてしまいました。

その言い方に怒った先輩は、
股布部分をTバック状態にし、
クリをイヤと言うほどツネったんです。

大変だ~と思ってると奥さん、甘い声で、

「もっとやさしくイジって・・・」

と女になってしまったんです。

社長が寝てる事をいい事に、
先輩は奥さんの腐れマンをイヤと言うほどもて遊んでいました。

後で奥さんのマンコをカメラに収め、
今もおかずに使わせてもらってます。



官能小説ネット




ひろ美07131
ひろ美07132



官能小説COM