FC2ブログ
アクセスランキング
北条麻妃 小早川怜子 鈴木さとみ 羽月希 波多野結衣 志村玲子 大塚咲 前田陽菜 美智子小夜曲 (内田美奈子) 柳田やよい RYU (江波りゅう) 愛咲れいら 小向まな美







むっちり完熟妻のブラチラ巨乳と豊満尻に大興奮!

2019.04.20.Sat.22:00


家事代行で来た人妻はドストライクの完熟女!
誘っているかのような油断して見せるブラチラやむっ尻が堪らない!
フルボッキしたチンコをナマ挿入すれば熟練された絶品腰振りで何度も中出しさせてくれる!
母性をくすぐり、欲望のまま、弱みにつけ込み、あらゆる手段で完熟人妻を籠絡。
献身美熟妻は心もマンコも包容力が違う!





中学生童貞をいただく淫らな人妻

2019.04.20.Sat.15:59
S.A(38歳)

私には秘密があります。
実は息子の友達に体を許してしまったのです。
彼はまだ、中学三年生、童貞でした。

我が家にゲームをしに来る息子の友達がいます。
その中に一人が、ゲームに関心がないらしく、
ベランダに干してある洗濯物をじーっと見つめているのです。
きっと、私の下着を見ているのでしょう。

トイレの帰り、洗濯籠の中の私のパンティを取り出したのを見つけました。
汚れた股布部分を広げ見ていたんです。

「何をしているの?!」
「ご・・・ごめんなさい!」

彼は下を向いたまま私の顔を見れないでいました。
あまり責めるのも可哀想に思いました。

「どうして、おばさんのパンツを見たの?」
「ごめんなさい。綺麗なおばさんが好きなんです」

これって恋の告白でしょうか?
まだ中学生の彼が、私のようなおばさんを綺麗で好きだなんて……。
彼がいじらしくなってしまったんです。

「もうこんな事したらダメよ」

と言って胸で抱きしめてあげました。
彼は少し元気を取り戻し息子の部屋へと向かいました。

それから一週間後のことです。
息子が塾へ行ってる時間に彼が訪ねてきたんです。
息子が塾に行っていることは知っているはずなのに……。
とりあえず、家に入れたのです。

夫も出張で数日帰りません。
彼と二人だけになりました。
なぜか私は興奮していました。
私を好きだと言った事が本当か試してみたくなったんです。

彼が二階の息子の部屋でゲームをしてる間にシャワーを浴びました。
セクシーな夜用のTバック下着を着けました。
ノーブラで胸元の開いた薄いロングのホームドレスを着用しました。
パンティも薄っすらと透けて見えています。

しばらくして飲み物を持って行くとゲームに熱中なんです。
私には目もくれずに、やっぱり子供なんだと自分が興奮したのが馬鹿みたいでした。

あんまり夢中なんで少しイタズラしてみたくなったんです。
窓際に立ち透けたパンティラインを強調させてみたんです。

「おばさんの身体見たくない?」
「え?」

彼は手を止め、少し驚いた顔で、

「見たい! 見たいです!!」

と言ったのです。
真剣な眼差しでした。

「じゃあ 約束してくれる? 誰にも今日の事は言わないとね」
「はい、絶対に約束します」

私はパンティを脱ぎベッドに横になったんです。
彼は服を捲り、私のおまんこをまじまじと見ています。
私はよく見えるように、おもいっきり足を広げ、
自ら太もも抱え腰を浮かせ丸見えにしました。

「凄い……こんなになってるんだ」

私のおまんこは濡れていました。
愛液が流れ出ているのがわかるんです。

「入れたいなら、入れてもいいのよ」

彼は急いでズボンを脱ぎました。
まだ半包茎の白いチンコでした。
それを入れてくるのです。

挿入位置がわからないようで、手間取っていました。
私が手を添えて、ここよと言わんばかりに導くと、
一気に挿入してしまいました。

ずぶずぶずぶっと、侵入してきたのです。
まだまだ大人のサイズじゃありません。
私の大人のおまんこが満足できる代物ではありませんでした。

それでも彼は、一生懸命に腰を振っているのです。
そして、「ううぅ・・・」 とうめきました。
おまんこのなかに、熱い飛沫が飛び散るのを感じました。

彼はなぜか、涙目になっていました。

「また、ヤリたくなったら、いつでも言いなさい」

と言ってあげました。
できるのなら、私の満足できるおちんちんになるまで、
成長を見届けたいと思っています。









年の差レズエステ 四十路人妻連続アクメ Vol.3

2019.04.19.Fri.22:00


親子ほど年の離れた施術師の手戯に悶える3人の芳醇四十路熟女たち。
イッてもイッてもまたイカされる!連続レズエクスタシー!
熟れきった敏感マンコから滴る熟潮。この歳になって初めて知る女同士の悦び。
こんなに乱れるなんて何十年ぶりかしら?
閉経間近の完熟人妻が失神寸前まで逝きまくり!シリーズ第3弾!





お爺さんとのセックスに燃える淫らな人妻

2019.04.19.Fri.15:41
M.O(29歳)

このまえ、とんでもない経験をしてしまいました。
経験というより、過ちと言ったほうがいいのでしょうか?
実は、親戚のお爺さんとセックスしてしまったのです。

先週のことでした。
親戚の法事の時に出かけたのです。
時間よりも早く付いてしまい、手持無沙汰でした。
それで離れの部屋で休んでいたのです。

そこにあらわれたのが、その親戚のお爺さんなのです。
いきなり入ってくると、そのまま私を押し倒したのです。
もう、レイプといっていいでしょう。
あまりの衝撃に驚き、体が硬くなって動けなかったのです。

お爺さんの年齢はよく知らないけれど、70歳は越えているはずです。
それでも力強いのは、毎日農作業をしおているからでしょう。
私も女性としては、けっこう大柄ですけれど、
あっという間に押し倒されたのです。

いきなりスカートの下に手が入ってきました。
そして、あっというまにパンティを脱がされてしまったのです。
ぐいっと引っ張られた時、私は抵抗もできずに、足をあげて脱ぐことに協力を
しちゃったみたいになってました。

スカートを履いたままの状態で、お爺さんが顔を股に突っ込んできました。
そして、私のアソコをべろべろと、すごい勢いで舐めるのです。

実は私、あまりクンニングスをしてもらった経験がないんです。
夫も、昔の恋人も、そういうことをやってくれる人ではありませんでした。
だから、アソコを舐められた時、電気ショックを浴びたような衝撃を受けました。

私のアソコはあっというまにびしょ濡れになってしまいました。
お爺さんの唾液なのか、私のおまんこから流れ出たお汁なのか、
どっちなのかわからなかったです。
たぶん、両方の液体がまじりあっていたことでしょう。

舐められていると、力が抜けてしまいます。
抵抗しようにも、力が入らないのです。

「大丈夫だよ。、まだ、当分、誰も来ないからね」

お爺さんはそう言いました。
なぜだか、私はほっとしてしまったのです。
誰かが来てくれたら助かるという考えより、
こんな姿を誰にも見られたくないという思いのほうが強かったのかもしれません。

お爺さんがズボンを脱ぎはじめました。
足の筋肉はやはり老人のもので、筋肉が痩せたような太ももでした。
ところがです。
おちんちんは違っていました。
黒くて固くて大きいのです。
それは、夫のおちんちんよりも、立派なイチモツだったのです。

お爺さんは私の両足を掴みあげると、
ぐいっと力をこめて広げたのです。
私のおまんこが、自分でもぱっくり開いていくのがわかりました。
立派なおちんちんを迎え入れる準備ができてしまているのです。

お爺さんのおちんちんが入ってきました。

「おっきいぃ!」

思わず、そう、叫んでしまったのです。
だって、本当に大きいんですもの。
見たより、ハメたときのほうが、実感できるものですね。

一気に奥まで突っ込んできました。
ヌルヌルに濡れて、パックリ開いたおまんこは、
吸い込むようにおちんちんを飲み込んだのです。

「あああぁぁ!! すごい! すごぉ~い!!」

思わずお爺さんに抱きついてしまいました。
お爺さんは、若々しく、腰を振るのです。
その度に、巨根が膣の壁を擦りあげます。
すごく気持ちよくて、頭の中が真っ白でした。

「ああぁ~ん、ダメ、ダメ、ダメ~」
「ダメって・・・気持ちいんでしょう?」
「気持ち良すぎるから、ダメなのぉ~!!」

お爺さんは70歳すぎとは思えないほど、精力的でパワフルでした。
私をさんざん突きあげた後、今度はバックでハメるのです。
私の身体を軽々と扱うのです。
もう、私は、少女のようにお爺さんに従うしかありませんでした。
そして、何度もアクメを迎えちゃったのです。

その後、礼服に着替えると、何事もなかったように振舞いました。
けれども、そのとき、私のおまんこの中は、お爺さんのエキスで満たされていたのです。